流行りのビッグシャツを使ったメンズコーデ事例7選!

Share

1枚着としてはもちろん、インナーやライトアウターとしても使えるビッグシャツ。その汎用性の高さもさることながら、リラックス感が求められる昨今の時流に合うということもあり、世界のファッショニスタも多く取り入れている様子。そこで今回は、ビッグシャツを使った海外の着こなし事例を紹介!

ビッグシャツを着こなすコツとは?

オーバーサイズやゆったりとしたシルエットがトレンドといえど、身幅が大き過ぎたり着丈や袖丈が長過ぎてはバランスが取りづらいばかりか、だらしなく見えて不恰好。流行りのビッグシャツを大人らしくスマートに着こなすには、何より自分に合ったサイズ感のアイテムを見極めることが重要だ。見るからに大きすぎるビッグシャツだと、いわゆる「服に着られてる感」が際立ってしまいかねない。アウター代りに羽織るにせよ主役トップスとしてこなすにせよ、自分に合ったビッグシャツをチョイスして、あくまでもさりげなくコーデに取り入れることがスタイリッシュなルックスの決め手となることをお忘れなく。

大人が着るなら、こんなちょいビッグシャツがおすすめ!「Gentleman Projects(ジェントルマンプロジェクト) SQUARZI」

詳細・購入はこちら

ビッグシャツを使った洒落者のコーデ見本!

ビッグシャツ コーデ①「白のビッグシャツをアウター代りに羽織りルックスの印象を微調整」

ビッグシャツやオーバーシャツは、季節の変わり目に活躍するライトアウター代りの羽織りとしてもすこぶる優秀。適度な温度調節が可能なだけでなく、ルックスの印象をコントロールするにも絶好だ。コチラにピックアップしたスナップのようにコーデの軸と白のビッグシャツの色味を対比させれば、コーデに軽やかさを付与することもお安い御用。

BURLAP OUTFITTER(バーラップアウトフィッター) ビッグシャツ

詳細・購入はこちら

ビッグシャツ コーデ②「ビッグシャツでキレイめな印象と清潔感を付与するなら白シャツが狙い目」

ビッグシャツと一口に言っても、通常のシャツ同様色柄は多種多様でバリエーション豊富。これからビッグシャツにトライしようという初心者は、どんな色柄のパンツにも馴染みやすくキレイめな印象と清潔感を付与できる白シャツタイプがおすすめだ。コチラのスナップのようにボタンダウンのタイプであればキレイめにもラフにもこなせ、チノパンやジーンズ、スラックスなど定番ボトムスとのペアリングもすこぶるスマート。あとはボトムスのシルエット、丈感とのバランスを考慮しながら裾をタックインするかアウトするかを見極めるだけ。

Polo Ralph Lauren(ポロ ラルフローレン) ビッグシャツ

詳細・購入はこちら

2/3GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する