ポロシャツ×ジャケットを垢抜けて見せるには?洒脱な8つのコーデ事例をチェック!

Share

大人らしさとキッチリ感を担保しながら堅苦しさを抑制し、ビジネスカジュアルやクールビズの一つのオプションとしても注目されているポロシャツとテーラードジャケットの組み合わせ。オフスタイルの見栄えをよくする手立てとしても重宝するが、一歩間違えると野暮ったいコーディネートにも見えかねず、アカ抜けたルックスをモノにするにはそれなりのテクニックが必要となる。今回はそんな「ポロシャツ×ジャケット」の着こなしにフォーカスし、アイテム選びのポイントと参考となるメンズコーデ、おすすめアイテムをピックアップ!

ポロシャツ×ジャケットの着こなしを成功させるためのアイテム選びのポイントとは?

ジャケットとポロシャツを上手にコーディネートするなら、そもそものアイテム選びから考えるのが吉。そこでここからは、着こなしを成功させるためのアイテム選びのポイントを紹介。

①「無地でベーシックカラーのポロシャツをチョイスし、同系色やトーンの近いジャケットを組み合わせる」

ジャケット×ポロシャツの着こなしを成功させる最も有効な手立てとなるのが、ジャケットを羽織ってサマになるポロシャツと、カジュアルテイストなテーラードジャケットのチョイスだ。そして、その際重要となるのが無地の黒や白などベーシックカラーのポロシャツと、その同系色や無彩色、トーンの近いジャケットをペアリングすること。この色合わせにぎこちなさや違和感を感じなければ、ポロシャツとジャケットの印象がしっかり馴染み、スマートかつ洗練されたルックスをモノにできるという寸法だ。もちろん全く異なる色を合わせてコントラストをきかせるという手もあるが、その際もモノトーンでまとめた方が安定感もあり失敗なくスタイリングを仕上げることが出来るだろう。

②「台襟付きで襟のしっかりとしたポロシャツを選ぶ」

カジュアルでリラックスした印象をもたらすポロシャツの襟のほとんどは柔らかな仕上がりで、しっかり糊付けされたドレスシャツやYシャツのカラーとは全く異なる。だからこそ、ジャケットの下にポロシャツをインナー使いする際は、仕立てのしっかりとしたジャケットに見劣りしないよう、台襟付きできちんと感のあるポロシャツを選ぶことが肝心。台襟が付いていればVゾーンに立体感が生まれ、バランスの良いジャケポロコーデが完成するはずだ。

台襟付きのポロシャツを探す

③「もたつきのないジャストフィットやスリムフィットのポロシャツでキチンと感と清潔感を担保する」

ジャケット内でかさばることなく、シルエットを崩さないポロシャツを選ぶこともキメるためのポイント。すっきりとしたシルエットともたつきのないサイズ感こそ、ジャケット×ポロシャツの着こなしにおけるキチンと感や清潔感の要であり、洗練さやシャレ見えの決め手になると言っても過言ではない。もちろんポロシャツを主役トップスとして一枚で着こなすのであれば、イマドキのオーバーサイズやドロップショルダーも有力な選択肢となり得るが、ジャケットの下にインナー使いする際は自分に合ったサイズ感のアイテムをチョイスし、ウエスト周りをすっきり見せるタックインでこなしたい。

ポロシャツを探す

2/3GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する