アウターオンアウターは冬コーデのマンネリ打破にうってつけ!こなれ感ある注目のスナップをチェック

Share

いつもの冬コーデの印象をガラリと変えるなら”アウターオンアウター”はおすすめのテクニック。この時期アウターとして使う2枚を巧みに組み合わせた着こなしは、こなれた雰囲気を増幅してコーデを洒脱に見せられる。今回はそんな「アウターオンアウター」にフォーカスして注目のスナップを紹介!

スポンサーリンク

アウターオンアウター着こなし事例①「デニムジャケットのインナー使いで一気に垢抜けた雰囲気へ!」

多彩な着こなし方が愉しめるアウターオンアウターのなかでも、とりわけハードルが低く実践しやすいのが”デニムジャケットのインナー使い”。襟の出し方やボタンの留め方などでコーデの表情を変えられる点にも注目だ!

デニムジャケットを差し込んでマンネリしがちなコーデを洒脱に!

コートとシャツ、スラックスの組み合わせというと、普遍的なコーディネートになってしまいがちだが、こちらの御仁はデニムジャケットを差し込むことで周りとはひと味違った雰囲気に。真ん中のボタンを2つ留めて、ほどよくきちんと感を演出することで、キレイめな雰囲気を損なわずにまとまっている。

ピンクのデニムジャケットの差し込みで垢抜けた雰囲気に仕上げた冬コーデ

何かとダークトーンになってしまいがちな冬の着こなしをフレッシュに見せるなら色アイテムの投入は必須。スニーカーや小物での取り入れもいいが、印象をガラリと大きく変えるなら、ピックアップした御仁のようにデニムジャケットを忍ばせて遊ばせるのも妙手だ。アウターとしては派手すぎて敬遠してた色も、インナー使いとしてなら主張が控えめになるから取り入れやすい。この機会にインナー使い用のデニムジャケットを探してみるのもアリだろう。

デニムジャケットの差し込みで表情豊かなコーディネートにまとめ

コーデュロイ生地のワークジャケットにデニムジャケットを組み合わせた表情豊かなカジュアルコーデ。アウターの丈感に収まるぐらい着丈の短いデニムジャケットを選ぶことでバランス良く仕上げている。ストライプ柄のマフラーもさることながら、襟を立てた着こなしでこなれた雰囲気もひとしおなスタイリングに。

【関連記事】デニムジャケットでメンズ冬コーデを格上げする22の着こなし事例集!

"デニムジャケットのインナー使い"といえば、単調になりがちな冬コーデに遊びをきか...

アウターオンアウター着こなし事例②「ライダースジャケットのタフな表情を控えめに取り入れ!」

ライダースジャケットの魅力はワイルドな雰囲気とタフな佇まい。合わせるアイテムによってはToo Muchになってしまいがちだが、それを全面に出さずエッセンス的に取り入れられるのがアウターオンアウターの良い所。意外性バツグンなコーディネートも、テイストをミックスさせたスタイリングも思いのまま構築できることうけあいだ。

ライダース×ナイロンコートで武骨スポーティーに仕上げたオールブラックコーデ

全身オールブラックでまとめ、インナーにライダースジャケットを忍ばせることでストイックさに磨きをかけたコーデ。ライダースの上に羽織ったフーディー付きのナイロンコートでスポーティーな印象をプラスし、重見えしすぎない按配に仕上げ。オールブラックながら生地感にメリハリをつけることでリズム感を演出しているのも見事だ。

ウール製ダブルライダースを差し込んで都会的に見せた武骨なカジュアルコーデ

ランチコート×ジーンズというだけでもラギッドな印象たっぷりだが、さらにライダースジャケットを合わせることで男っぷりを高めた仕上がりに。ともすれば男クサさが出過ぎてしまうところを、ウール製のライダースを選ぶことで都会的に見せ、ほどよいバランスに抑えている。足元にはスニーカーを合わせてカジュアルに見せつつ、抜け感を演出しているのも◎

ライダース×コートのコーディネートを都会的に見せるコツはボトムスにあり!

ライダース×ウールコートの組み合わせはトップスにボリュームが出るため、ボトムスはすっきりとしたシルエットでまとめると都会的に仕上がる。こちらの御仁はタイトフィットなカットオフジーンズにブーツを合わせて端正なラインを描くことでYラインを構築。黒をベースにしているのも相まって、ボリュームがありながらも引き締まった表情のコーデが完成している。

【関連記事】ライダースジャケット メンズ コーデ 特集!武骨な着こなしからモードなこなしまでを紹介

重厚感があり、良い意味での男臭さを醸し出すアウターといえばライダースジャケット。...

アウターオンアウター着こなし事例③「ロングコートをあえてインナーに合わせればこなれ感バツグンのコーデに」

アウターオンアウターをキレイに見せる法則として挙げられるのがショート丈×ロング丈の組み合わせ。通常はロング丈のアウターを外側に配置するが、あえて逆にすれば頭一つ抜きん出たコーディネートが完成する。周りと差を付けたい方はこんなスタイリングを真似てはいかがだろうか。

同系色で揃えることでまとまり良くしたロングコート×パーカーのコーデ

インナーにロングコートを据えたコーディネートをまとまり良く見せるなら、同系色で揃えるのが◎ ピックアップした御仁は、コートの色味にマッチしたベージュのパーカーやワイドパンツ、ブラウンのシューズで統一感のある仕上がりに。メリハリをきかせた鮮やかなブルーのシャツも引き締め役として功を奏している。

チェックコートの上からライダースを羽織って前衛的に仕上げたコーデ

アメリカ版WWDのスタイルディレクターを務めるアレックス・バディア氏は、チェック柄コートの上からライダースを羽織って前衛的なコーディネートに仕上げ。チェック柄×チェック柄の組み合わせや、Tシャツからタートルネックを覗かせるなど、巧みなレイヤードセンスですこぶる洒脱に。トップスに派手さを出した分、ボトムスをシンプルにまとめているのが好印象だ。

アウターオンアウター着こなし事例④「その他にも多彩な組み合わせが存在!独創的なコーデで差別化を図る」

アウターオンアウターの着こなしは防寒性の高さもメリットのひとつだが、自由で多彩な組み合わせを楽しめるのも魅力。ワークジャケット×ロングコートのようなモダンなスタイリングから、アノラック×ナイロンコートのような存在感の強いコーディネートまで、百人百様の着こなし方が存在する。どれも色味を統一させたり、シルエットに気を配ったりなど上級的なテクニックが要求されるが、組み合わせがバシッとキマれば独創的で卓越したコーディネートが完成することうけあい。冬コーデのマンネリを打破したい方は、ぜひ試してみてはいかがだろうか。

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ