秀逸シャツが超リーズナブルに手に入る!新たな白シャツ専門ブランドARCODIOが始動

「イタリア高級シャツと同じ仕様の白シャツを日常使いできる価格で提供したい」そんな思いをコンセプトに掲げスタートした、イタリア人ディレクターによるシャツブランド ARCODIO(アルコディオ)。袖の後付けやハンドステッチ仕様などのイタリア超高級シャツに見られる伝統の技法を継承しふんだんに取り入れながらも、削れるコストはとことん削ることでハイクオリティなシャツを最高のコストパフォーマンスで提供している。

とことんまでコスパを突き詰めた新進気鋭のシャツブランド 「ARCODIO(アルコディオ)」

世界中の表舞台で活躍するプロフェッショナルや、ウェルドレッサーと称される洒落者たちは必ずと言ってもいいほど、自分の体に沿うような胸ポケットのない上質な白シャツを選んでいるのがその実。ただ、上質なシャツを購入しようと思うとそれなりに値が張り、なかなか手を出しにくいのも本音だ。ARCODIOはそんな悩みを解決するかのごとく、どこに出しても恥ずかしくないクオリティで5,500円という破格のコストパフォーマンスを実現した、世界標準の白シャツを提供しているブランドだ。

0217_arcodio_103

ARCODIO公式ECサイトはこちら

ARCODIOの白シャツはイタリア高級シャツにも採用される伝統の縫製技法を用いて製造。2つの高度なテクニックを駆使することで着る人の動きをサポートする着心地を実現している。

ARCODIOが採用するイタリア高級シャツの縫製技法①「腕の動きを妨げない立体感を生み出す“袖の後付け仕様”」

袖の後付けとは、身頃を先に組み立てた後に袖パーツを取り付け、人間の身体の動きに合うようにシャツを組み立てるイタリア伝統の縫製技法。人間の腕は自然に前へと振れているため、この後付けを用いて袖パーツを少し開き気味に取り付けることで、腕を前に動かした際に生地がねじれることなく人間の身体に沿ったシャツに仕上がる。ARCODIOはそんなイタリア伝統の縫製技法を採用。平面ではなく立体的なつくりになるため、非常に高度な技術と経験を必要とする技法だが、とことんまでクオリティにこだわるARCODIOはこの後付け仕様を採用している。

袖付け_1

ARCODIO公式ECサイトはこちら

ARCODIOが採用するイタリア高級シャツの縫製技法② 「身体へのフィット感を格段に高めるアームホールのハンドステッチ仕様」

動きが大きい腕周りをミシンでがっちり縫い合わせてしまうと生地が固定され身体になじみにくい。そんな理由から、イタリアの老舗シャツブランドの多くはアームホールをハンドステッチで仕上げている。アームホールをハンドステッチで優しく・緩く縫い合わせることで生地に遊びがうまれ、腕を動かしてもつっぱることなく身体になじみやすくなるのだ。ARCODIOは、袖の後付けだけでなくこのハンドステッチ仕上げも同時に採用している。

0217_arcodio_342

ARCODIO公式ECサイトはこちら

一針一針、手作業で丁寧に縫い合わせるこの縫製は時間と技術が要求されるため、高級シャツでないと実現しない仕様。しかし、イタリアの縫製技法を継承しシャツを製作するには、このハンドステッチは必要不可欠だ。さらに袖山から脇にかけて縫い幅を徐々に狭めているのも特徴。これは脇の下に生地が当たってストレスにならないよう考慮した意匠となっている。※ステッチが分かりやすいよう画像に加工を施してあります。

ハンドステッチ&ヘム_1

ARCODIO公式ECサイトはこちら

ココが秀逸①「本物志向が一目で伝わる!ARCODIOのシャツは上質な白シャツの証である本白蝶貝3mm厚ボタンを贅沢に使用」

ボタンはシャツを着用する男性にとっては宝飾品と言っても過言ではないだろう。ARCODIOのシャツボタンはすべてパール真珠の母貝である白蝶貝から採取。さらにその貝の一部からしか採れない厚み3mmの至極貴重な部位をボタンに使用している。非常に高価なボタンではあるものの、独特な7色の輝きは本白蝶貝のみが放つ美しさであり、この本白蝶貝ボタンを使用しているからこそ、高級なシャツの証とも言えるのだ。

IMG_0197_1

ARCODIO公式ECサイトはこちら

一般的に使用されている白蝶貝ボタンの厚み(高さ)は2mmだが、前述のとおりARCODIOのボタンは厚み3mmを採用している(白蝶貝に関わらず、シャツに使用される貝ボタンは2mmが一般的)。貝は自然のモノであるため3mmの厚さでくりぬける貝自体が少ない、もしくは3mmの厚さを持つ貝でもその厚さでくりぬける面積が少ないため、白蝶貝の2mm厚ボタンと3mm厚ボタンとでは価格の開きに約2倍の差がある。削れる部分は削っても譲れないこだわりはしっかりと反映するという本物志向は、まさにARCODIOならではだ。

ボタン_1

ARCODIO公式ECサイトはこちら

ココが秀逸②「生地はしなやかでサラッとした肌触りの140番手双糸ブロードを使用」

定番ブロード生地は世界三大綿のひとつである新疆綿を使用。さらにその中でも特に希少な繊維長の長い良質な綿花からなる140番手双糸を採用している。生地の密度が高く、肌触りの良いサラっとしたキメ細やかな高級素材で、そのしなやかな質感や着こなしをドレッシーに演出する上品なツヤ、滑らかな風合いが魅力だ。

IMG_0342_1

ARCODIO公式ECサイトはこちら

ココが秀逸③「5,500円という驚きの価格へのこだわり」

「3万円以上出せば優れたシャツが手に入るのは言うまでもないが、毎日着るシャツすべてにそれだけの大枚をはたくのは現実的ではない」と感じる方も少なからずいらっしゃるのでは?そんな感覚に寄り添うように、5,500円(税抜)という価格設定にこだわったのがARCODIOだ。品質を落とすのではなく「生地の色・柄などのバリエーションを追わずに絞り込むこと」「実店舗を持たずオンラインでの販売に限定していること」などの工夫でコストダウンを実現した。さらに「高い品質をキープしながら海外の日系工場で生産すること」「物流倉庫を使わず、工場から直接商品を届けること」などなど、良いモノを可能な限り安く提供したいという思いの背景には、こんな様々な工夫が凝らされている。

0217_arcodio_006

ARCODIO公式ECサイトはこちら

ココが秀逸④「トラディショナルでありながらも、随所にトレンドを取り入れた襟型を展開」

ARCODIOは伝統を守りつつも、時代の流れに合わせた襟型を独自開発している。トレンド・時代の変化に合わせて今後もバリエーションが増えていく予定だ。ここからは現状で展開されている襟型と2019年4月上旬にリリースされる予定の襟型を紹介!

IMG_0154

ARCODIO公式ECサイトはこちら

売れ筋ナンバーワンはコレ!TPOを問わずに着れる「FIDELIO(フィデリオ)」

イタリア語で「誠・誠実」を意味するFIDELIO。その名の通り、クセがなくどのようなビジネスシーンでも活躍が見込める鉄板の襟型だ。一般的にはセミワイドカラーに近い形。

FIDELIO(フィデリオ)_1

詳細・購入はこちら

イタリア人による日本人のための襟型「LANZA(ランツァ)」

イタリア語で「高貴」を意味するLANZA。日本人に適した形を模索して作られた、小ぶりでスッキリとした襟型だ。一般的にはホリゾンタルカラーに近い形。

LANZA(ランツァ)_1

詳細・購入はこちら

カジュアルな装いにもフィットするモードな襟型「ELMO(エルモ)」

イタリア語で「愛すべき」を意味するELMO。小ぶりな襟デザインで肩肘張らない表情がイマの気分に合った、モダンでオールマイティな襟型だ。一般的にはショートポイントに近い形。(※2019年4月上旬入荷予定の新襟)

ELMO(エルモ)_1

ARCODIO公式ECサイトはこちら

ココが秀逸⑤「届いたその日から着れるのが嬉しい!手頃な価格を実現した袖丈(裄丈)修理オプションも」

代金を払ってお直しに出すのも手間がかかるのも億劫で、なんだかんだ袖のサイズが合わないまま着てしまっている…という方も少なくないはず。ARCODIOでは、シャツの袖丈(裄丈)のお直しも1,500円という手頃な価格で提供しており、商品の発注時点でお直しの依頼も同時に出すことが可能。左右それぞれのカット寸法を指定すれば、自分の腕の長さに合った完成品の状態で手元に届くため、ストレスを感じることなく届いたその日からシャツを着用できる。これもシャツの製造から発送までを一貫して工場で行っているからこそできるサービスだ。
※修理期間は10日前後。
※修理を承った商品の返品は不可。ただし、不良品・不手際があった場合は除く。

IMG_0324

ARCODIO公式ECサイトはこちら

このシャツが買えるのは公式ECサイトのみ!

実店舗での販売を行っていないARCODIOの白シャツが購入できるのは、公式ECサイトのみ。超リーズナブルに秀逸な白シャツを手に入れたい方は要チェックだ。

特徴_1

ARCODIO公式ECサイトはこちら

ARCODIOのディレクターを務めるDaniele Zanardi(ダニエレ ザナルディ)

イタリアのミラノに生まれファッションブランドの広告・宣伝・PR業界で活躍した後、ファッションを愛する人々とのコラボレーションにより、1997年にミラノの400平方メートルの工場跡地を改修してHEDA SHOWROOMを立ち上げ。ファッションにおけるイタリアの文化・技術の継承を目的に、ARCODIO(アルコディオ)の商品開発ディレクションを手掛けている。
ダニエレ氏コメント「今までの常識をすべて覆した5,500円(税抜)の価格に、誰もが驚くと思いますが、それが私のファッションに対する想いのすべてです。ハンドステッチを見せたくて、ついジャケットを脱いでアピールしてしまいたくなる…そんな遊び心のある、ファッションを楽しむ大人の男性達に愛されるブランドになれたら、それ以上の幸せはありません。」

Daniele Zanardi_1

ARCODIO公式サイトはこちら

FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ