【急募】アルバイトスタッフ募集中!

クールビズの着こなしを涼し気に仕上げるメッシュベルト5選!

Share

ノータイ・ノージャケットが許されるクールビズではトップスやボトムスばかりに目が行ってしまうが、ベルトも着こなしの印象を左右する重要なアイテム。ビジネススタイルにおいて重宝されるプレーンベルトもアリだが、見た目から涼し気に仕上げるのであればメッシュベルトは外せない選択肢だ。編み込んだデザインが涼感をプラスしながら、クールビズスタイルの雰囲気を損なうことなく存在感を放つ。今回はそんな大人のクールビズに相応しい「メッシュベルト」にフォーカスし、アイテムを厳選紹介!

メッシュベルトの素材はレザー?それともファブリック?

自由自在にウエストを調整できるコンフォートなベルトとして人気を集めているメッシュベルトだが、クールビズスタイルに合わせるなら素材に注目して選びたい。基本的にはレザー製か、コットンやゴムを用いたファブリック製の二択であり、一口にメッシュベルトといってもその素材感で雰囲気がガラッと変わるため、シーンやコーデに応じて使い分けるのがベターだ。

レザー製のメッシュベルトは通年使える上、マチュアな薫り漂うコーデに仕上がることうけあい

クールビズスタイルに合わせるものとして最初に買うメッシュベルトに相応しいのは間違いなくレザー製だろう。メッシュベルトが本来持つカジュアル感も品のあるレザーによって抑えられ、それでいてキメすぎた雰囲気に仕上がらないのがクールビズスタイルにまさしくピッタリといえる。さらに、ビジカジ・スマートカジュアルからカジュアルコーデまで幅広くマッチし、なおかつファブリック製に比べて季節感もほどほどなため、意外と汎用性が高く一年を通して使えるのも魅力。見た目も涼しく上品さも兼ね備えているため、1本持っていても損はないはずだ。

ファブリック製のメッシュベルトは季節感を打ち出すのにうってつけ!遊び心あるデザインでコーデを華やかに

レザー製に比べ、涼し気な印象が強いファブリック製のメッシュベルトは夏らしさを前面に押し出すのにうってつけのアイテム。編み込みで柄を表現したものやカラフルな色合わせの物など、遊び心あるデザインの物が多いため容易に差別化を図れるのも魅力のひとつだ。とはいえ、レザー製よりもカジュアル感が強くなってしまうのは否めない。そのため緻密に編み込まれたものや、部分的にレザーを採用した品のあるモデルをチョイスするのがベターだ。下の御仁が着用しているような、金バックルでリュクスな雰囲気を漂わせたメッシュベルトも◎

【関連記事】スーツスタイルに相応しいベルトはメンズの必需品!ビジネスシーンから普段使いまでかなうアイテムを一挙紹介

ビジネスシーンにおいて第一印象を決めると言われるシューズはもちろん、ベルトも印象...

【関連記事】メッシュベルト メンズ コーデ特集!こなれた腰元を演出したシャレ者達の着こなし&アイテムを紹介

その編み込まれたデザインによってデコラティブな腰元を作り、こなれ感と存在感を一気...

続いては、クールビズの着こなしに最適な大人に相応しいメッシュベルトを厳選紹介!

2/2GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

FASHION

旬なニットベストをコーディネートする時の参考に。アイテムの選び方とメンズの着こなし事例を紹介!

FASHION

夏にキレイめカジュアルコーデを作るならこんな感じで!メンズストリートスナップで見る着こなし事例集

GOODS

イマ注目のニットベストは夏も積極採用すべき?サラッと着られる素材感のアイテムを厳選紹介!

FASHION

ワイドシルエットのチノパンに着目してメンズコーデをピックアップ!その魅力と着こなしのコツとは

FASHION

ショートパンツで夏らしさ全開のメンズコーデを作る!大人が実践する際のコツとは?

FASHION

武骨ムード全開のカラーコンビ!リアルなメンズコーデ事例で見る「カーキ&ベージュ」の色合わせの魅力

FASHION

好感度バツグンな青ジャケットコーデの事例集

FASHION

BBQに最適なファッションは?あると便利なメンズアイテムを5つの視点から紹介!

FASHION

ギンガムチェックのシャツで爽やかな春夏コーデを叶える!メンズの着こなし事例とおすすめアイテムを紹介

FASHION

夏の3大カジュアル系メンズコーデに変化をつけるなら?トップスのタイプ別で見る着こなし事例

FASHION

白シャツと好相性なジャケットは?夏にアウター使いするならどんなアイテムがおすすめ?実際のメンズコーデ事例で紹介!

FASHION

デニムジャケットコーデを夏に実践する上で押さえておきたい5のコツとは?