バッグ戦線に変化の兆しあり!おすすめメンズショルダーバッグ特集

Share

2ページ以降を表示しています。

元のページを表示
スポンサーリンク

Zanellato(ザネラート) ショルダーバッグ「POSTINA」

1976年に創業したイタリアの名門レザーブランド、ザネラート。50年代のポストマンバッグをイメージした「ポスティーナ」はブランドを代表するモデルだ。使用されている素材”マルカプントレザー”は表情豊かなシボが特徴で、柔らかな印象を演出する。

詳細・購入はこちら

ANDREA ROSSI(アンドレア ロッシ) ショルダーバッグ「Tempo Libero」

100年以上の歴史を誇り、一貫してメイド・イン・イタリーにこだわり続けるアンドレア ロッシ。「Tempo Libero」は、高級素材メーカーとして有名なリモンタ社製のナイロンに、Saffianoレザーを組み合わせたショルダーバッグだ。フラットなフォルムは移動時に邪魔にならず、デイリーユースはもちろん旅行時のサブバッグとしても重宝する。

詳細・購入はこちら

Daniel&Bob(ダニエルアンドボブ) ショルダーバッグ「JASMINE RODI」

バッグを中心に製造するブランドとして1976年にイタリアで創立されたダニエル&ボブ。ヨーロッパ本物志向の人々から熱狂的な支持を集めている。ヴィンテージ感のあるレザーが特徴的なこのショルダーバッグは、ブランドの中でも定番モデルのひとつ。メインルームは雑誌やノート、ペットボトルや折り畳み傘などもしっかり入る大きさで、オンオフ問わず活躍する。

詳細・購入はこちら

DakotaBLACKLABEL(ダコタブラックレーベル) ショルダーバッグ「クラシ」

シボ感のある上質なレザーが魅力を放つダコタのショルダーバッグ。シンプルなデザインとすっきりとしたサイズ感でコーディネートにも合わせやすい。一枚革で仕上げられたフラップが上品な雰囲気を演出している。

詳細・購入はこちら

TUSTING(タスティング) ショルダーバッグ「Stour」

英国皮革産業の聖地ノーザンプトンにて、タンナーとして開業したタスティング。1875年の創業以来、チャーチやクロケット&ジョーンズといったトップクラスの革靴ブランドにレザーを供給してきた実績を持つ。このブランドのショルダーバッグの魅力は、当然ながら最上級のレザー。”ブリティッシュレザーマエストロ”とも称されるタスティングレザーは、他にはない美しい艶を宿す。

詳細・購入はこちら

BREE(ブリー) ショルダーバッグ「Lawrence 1」

1970年にドイツで創業したブリー。「Lawrence 1」は、ビジネススタイルにも休日のカジュアルスタイルにもサマになるショルダーバッグだ。メイン素材はリネンファブリックで、ワックスコーティングを施すことで耐久性を向上。重さがわずか800グラムという軽量さで、使い勝手抜群のバッグである。

詳細・購入はこちら

ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン) ショルダーバッグ「ZEST」

”世界中のどんな環境にも対応できる鞄を”という哲学のもと、1938年にアメリカで誕生したゼロハリバートン。アルミニウムケースなどで有名なこのブランドだが、ショルダーバッグのクオリティも見事なもの。丈夫なナイロンファブリックを用い、ゼロハリバートンらしい高耐久を実現。タブレットやラップトップPCを持ち運ぶのにもちょうどいいサイズ感に仕上げている。

詳細・購入はこちら

Hender Scheme(エンダースキーマ) ショルダーバッグ「waist belt bag wide」

2010年に柏崎亮氏が設立した日本ブランドのエンダースキーマ。上質なレザーを使用したシューズやバッグ、小物などを手がけている。ベルトと一体型のこのモデルは、ピッグスウェード地の柔らかい表情が特徴。ベルトはナイロン地を使用し、先端にはカウレザーを施すなど巧みな素材使いは流石の一言。

詳細・購入はこちら

3/4GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ