タンカースジャケットとは?特徴や冬に活躍するオススメアイテムを紹介!

Share

寒さ厳しい冬における服選びで、保温性を重視している御仁は多いだろう。ダウンやコートなど選択肢は多岐に渡るが、その候補にぜひ加えて欲しいのがミリタリーを出自とする“タンカースジャケット”だ。今回はそんな「タンカースジャケット」にフォーカスし、特徴からオススメ品まで紹介!

スポンサーリンク

タンカースジャケットとは?

“タンカースジャケット”は、戦車兵のための冬用ユニフォームとしてアメリカで開発されたミリタリージャケット。タンカースジャケットとは通り名であり、正式名称は「WINTER, COMBAT, JACKET」と呼ぶ。最大の特徴は襟や袖、裾がリブ仕様になっていて、縮絨したウールをライニングに使用している点だ。フィールドジャケットとしてはシンプルな見た目で、しかも保温性が高いため、第二次世界大戦中はレンジャー部隊などの歩兵に支給された他、航空隊のフライトジャケットとしても用いられていたという。ちなみに「タンカース(TANKERS)」の由来となっている「TANK」とは戦車を意味している。

タンカースジャケットを探す

優れた保温性を誇る“タンカースジャケット”の注目すべき3のディテール!

①「襟や袖、裾にニットリブをあしらって遮風性を向上!」

寒冷地向けのフィールドジャケットやフライトジャケットに良く見受けられるリブ仕様をタンカースジャケットにも採用。襟、袖、襟の3カ所にあしらうことで遮風性を高めているので、冷たい風で体温が奪われるのをしっかりと防げるというワケ。

ヒューストンのタンカースジャケットを探す

②「スタンドカラー仕様だから首元も暖か!」

タンカースジャケット特有のディテールであるスタンドカラーも高い保温力を叶えるディテールのひとつ。身体を冷やさないためには首元や手首、足首を守るのが得策と言われるが、タンカースジャケットはその内の2点をカバーできる。

ヒューストンのタンカースジャケットを探す

③「ブランケット調の起毛した裏地が暖かさをキープ!」

目が詰まったブランケット調の起毛した生地を裏地に採用しているのもタンカースジャケットの特徴。肉厚なコットン素材のヘビーウエポンの表地と相まって、着た瞬間から温かな着心地を味わえる。また、生地自体の防風性も高いので熱が逃げにくく、暖かさが持続する。

ヒューストンのタンカースジャケットを探す

実用性の高い“タンカースジャケット”のおすすめ5選!

タンカースジャケットおすすめ①「BUZZ RICKSON’S(バズリクソンズ) タンカース 1942 MODEL」

アウターシェルに耐水・耐風加工を施したコットンツイル地を採用した“バズリクソンズ”のタンカースジャケット。ヴィンテージを復刻したデザインに定評のある同ブランドらしい期待通りの完成度の高さで、コーディネートに武骨なムードを軽便に醸せるのが魅力。また、動きやすいよう肩周りにアクションプリーツが施されているのも本格派デザインならではだ。

詳細はこちら

タンカースジャケットおすすめ②「TOYS McCOY(トイズマッコイ) タクシードライバーモデル」

1976年に公開されたアメリカン・ニューシネマの傑作映画「タクシードライバー」のなかで、ロバート・デニーロ演じる主人公が着用したタンカースを再現した1着。肩のアクションプリーツを排除した分ゆとりをもたせたり、裏地に起毛素材ではなくキルティングを採用するなど、従来のデザインをモディファイしているのが特徴だ。

詳細はこちら

タンカースジャケットおすすめ③「HOUSTON(ヒューストン) ヘビーウェイト スウェットジャケット」

街着として使いやすい1着を選ぶならスウェット生地を採用したコチラもおすすめ。スウェット地を用いてオールブラックに仕上げることで都会的でカジュアルな雰囲気を演出した“ヒューストン”渾身の1着だ。一般的なタンカースジャケットと比べると一見寒そうに見えるが、裏起毛した肉厚なヘビースウェット地を採用しているので保温力もバツグン。どんなアイテムとも好相性なので、大いに活躍することうけあいだ。

詳細はこちら

タンカースジャケットおすすめ④「Pherrow’s(フェローズ) 裏ボア タンカース」

表面にコットン天竺、裏面にアクリルボアをボンディングした“フェローズ”のタンカースジャケット。両面に柔らかな素材を用いているため着心地や動きやすさはバツグン。素材使いもさることながら、ポップなデザインのワッペンによって武骨さが抑えられているので、カジュアルウェアとして使いやすい。

詳細はこちら

タンカースジャケットおすすめ⑤「68&BROTHERS(シックスティエイトアンドブラザーズ) ナイロン タンカース」

ひと味違ったタンカースジャケットをお探しなら、アメリカンヴィンテージとトレンドを掛け合わせたモダンウェアを数々展開している“68&ブラザーズ”のコチラがおすすめ。ナイロン素材をベースに作り上げており、ほどよい光沢とヴィンテージ品のようなアジのある色合いが着こなしにメリハリをもたらすことうけあい。裏地に起毛素材を使っていない分、中綿を詰めているので保温力も申し分なしだ。

詳細はこちら

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ