VANS(バンズ)の定番ハイカットスニーカー「SK8-HI(スケートハイ)」が人気を集める3つの理由とは?

Share

2 ページ以降を表示しています。

元のページを表示
VANS(バンズ)の定番ハイカットスニーカー「SK8-HI(スケートハイ)」が人気を集める3つの理由とは?

ファッションスニーカーとして知名度が広がったのは映画がきっかけ!

1970年代にはまだスケーターやサーファーの間での認知にとどまっていたバンズだが、1980年代には一躍世界的なスニーカーブランドに成長した。きっかけは、1982年公開の俳優ショーン・ペンが主演を務めた映画『初体験/リッジモント・ハイ』だ。主人公のジェフ・スピコーリがチェッカーボード柄のバンズのスリッポンを使用していたことで、知名度が急上昇。ひとつのカルチャーの枠を超え、グローバルに注目を浴びることとなった。その後、一度は経営破綻の危機を迎えたバンズであったが、創始者のポール・ヴァン・ドーレンの復帰やスティーブ・キャバレロの名を冠した初のシグネチャーモデルの誕生などもあり、世界的なスニーカーブランドとしてその地位を確立。いま最も人気のあるスニーカーブランドのうちの1つでもあるバンズは、名だたるブランドやアーティストとのコラボレーションモデルも度々発表している。

詳細・購入はこちら

3/7GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ