マンバンヘア特集!タイプ別に印象の違いやヘアスタイル事例を紹介

Share

男性のお団子スタイルを意味するマンバンヘア。顔型を選ばないため、誰にでも似合うヘアスタイルの一つと言われているが、日本人ではマンバンヘアにしている人が少ないこともあり、情報を得ようにも得られにくい側面を持っている。そこで今回は、マンバンヘアにフォーカスし、髪を伸ばす過程でおすすめのヘアスタイルからタイプ別のマンバンヘアまで一挙に紹介していく。

そもそもマンバンとは?

マンバンの“バン”は、英語でお団子ヘアのこと。つまりマンバン(Man Bun)とは、直訳すると男性のお団子ヘアを指す。サムライヘアとも呼ばれ、日本人からしてみると親近感があるが、このヘアスタイルを流行らせたのはジョージ・ハリスンやジャレッド・レトといった海外セレブと言われている。

マンバンヘアに必要な長さはどれくらい?

どこで髪を結ぶかによるが、後頭部付近で髪をくくることを想定した場合、前髪や頭頂部の毛がアゴに届くぐらいの長さが必要だ。引っ張ることなく余裕を持って結ぶのであれば、最低25cmは必要だろう。ちなみに髪の伸びるスピードは平均1ヶ月1cmほどと言われているため、ベリーショートから伸ばすのであれば、単純計算で2年弱ほど伸ばさなければならない。伸ばしている最中に切りたいと感じるかもしれないが、その過程でも楽しめるオシャレな髪型は多いので、ぜひ挑戦してみてはいかがだろうか。

髪を綺麗に伸ばすために意識したい3つのポイント

この項では髪を綺麗に伸ばす方法を紹介する。何も気にせずに伸ばしてしまうと余計なダメージが蓄積し、ハリ・コシが失われる恐れがあるので、マンバンヘアをカッコよくキメるためにも美髪になるポイントを押さえておこう。

髪を綺麗に伸ばすためのポイント①「睡眠時間はしっかり取る!」

心身の健康に深い関わりを持つ睡眠は、美しい髪を育てるためにも重要な要素。髪の80~90%はタンパク質で構成されており、そのタンパク質の合成を促すためには成長ホルモンが必要となる。成長ホルモンは夜の10時~深夜2時の間に活発に分泌されると言われているので、規則正しい睡眠リズムを保つことが大切と言えるだろう。また血流を良くして頭皮にしっかりと栄養素を運ぶために、十分に休養を取って疲労物質を溜めないことも意識したい。

“夜更かしすると髪が早く伸びる”は嘘!

昔から「夜更かしすると髪が早く伸びる」と言われているが、これには有力な研究結果やデータが存在せず信憑性がない。むしろ夜更かしによって成長ホルモンが出やすい時間帯を逃したり、睡眠時間が削られたりすると、かえって髪の成長を妨げてしまうので注意しよう。

髪を綺麗に伸ばすためのポイント②「髪に必要な栄養素をバランスよく摂ることはマスト!」

髪の主成分であるケラチンを作るのに必須のタンパク質を筆頭に、ビタミンやミネラルなども美しい髪を育てるために摂っておきたい成分だ。たとえば頭皮の環境を整えるビタミンAや、タンパク質の代謝を助けるビタミンB群など。そしてケラチンを作るうえで欠かせないミネラルと言われる亜鉛も欠かさず摂取しておきたい。これらの栄養素は食事から摂るのがベストだが、毎日バランスの良い食事を摂ることが難しい方もいるだろう。そういった場合にはサプリメントを活用するのがおすすめだ。

【関連記事】髪の毛に良いサプリメント10選&知っておきたい豆知識!

健やかな頭皮環境と髪を得るためには普段の栄養バランスが大切。食事でコントロールす...

髪を綺麗に伸ばすためのポイント③「美髪にはヘアケアが欠かせない!髪はドライヤーで乾かすことを徹底するのが吉」

体の内側のケアと併せて行ってほしいのがヘアケア。トリートメントや頭皮美容液を取り入れたり、あるいはシャンプーの方法を見直すことも美髪を作るうえで重要だ。とくに髪を伸ばす上で意識したいのが、髪の乾かし方。髪が濡れている状態はキューティクルが開いて成分が流れてしまいやすく、かつ摩擦などのダメージからも守られないため、自然乾燥ではなく必ずドライヤーを使い乾かすよう徹底したい。髪が長くなるにつれて毛先にダメージが蓄積していき、枝毛や切れ毛になってしまうので、入念なヘアケアを欠かさないようにしよう。

2/3GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する