カーディガン メンズ特集!インナー派とアウター派に分けてオススメのアイテムを紹介

3ページ以降を表示しています。

元のページを表示

柔らかなタッチと高級感が魅力のカシミヤをエコに取り入れ「DANIELE FIESOLI(ダニエレフィエゾーリ) メンズ エコカシミヤ ハイゲージニット カーディガン」

カシミヤの再生糸「エコカシミヤ」を使用したサステナブルなカーディガンは、通常のカシミヤと遜色のない質感と保温力を誇る。身幅にほどよくゆとりを持たせたボディの設計と相まって、大人の余裕が漂う着こなしを表現できることうけあいだ。フィレンツェでニットを中心に展開しているブランド「DANIELE FIESOLI(ダニエルフィエゾーリ)」が提案しているというブランドの安心感も◎

カシミヤのタッチを味わえる「DANIELE FIESOLI(ダニエレフィエゾーリ) メンズ エコカシミヤ ハイゲージニット カーディガン」

詳細・購入はこちら

上品に伸びるニットとチルデンのアクセントが◎「Letroyes(ルトロワ) HENRI」

フランスを拠点に活動するニットブランド「ルトロワ」から、アイコンモデルのひとつであるVネックカーディガン「HENRI(アンリ)」を紹介。シンプルなデザインを引き立てる上品なシェルボタンと太めに設計された前立てがデザインのポイントだ。チルデンバージョンなら、無地のカーディガンとは一味違う洒脱なメンズコーデを表現できることうけあい。

上品に伸びるニットとチルデンのアクセントが◎「Letroyes(ルトロワ) HENRI」

詳細・購入はこちら

【関連記事】フランス仕込みのモテニットといえば「ルトロワ」でキマり!4つの魅力と旬なコーデを紹介

袖を通したら誰もが“やみつき”になるといわれる極上の着心地でリピーター続出のフラ...

3ページ以降を表示しています。

目次を表示
スポンサーリンク

アウタータイプのカーディガンなら洒脱なメンズコーデを表現できる!

アウター使いできるカーディガンは編み目に表情があったり、特徴的な柄が施されているモデルが多い。旬なアメカジ、カントリーテイストを打ち出すのにもピッタリだ。布帛のコートが多い秋冬なら差別化も簡単。ジャケパンのうえにコート感覚で羽織ってハズすのもイイ感じだ。

無地のメガネ、ネイビートップス/インナーのカーディガン、ブルー無地のデニム/ジーンズ、ブラウンのブーツを合わせたメンズコーデ・着こなし。

4/5GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ