【急募】編集サポートスタッフ募集中!

赤パンツで叶える華やかな夏コーデ!メンズ着こなし事例&おすすめアイテムを紹介

Share

ブラックやグレー、ネイビーなど定番色のボトムスでは得難い“華やぎ”や“艶やかさ”を演出し、他との差別化や脱量産型コーデを表現するにも重宝する赤パンツ。芳醇なワインのようなボルドーはしっとりとした大人のムードを醸し出し、バラのような鮮やかなレッドは他のどの色よりも刺激的で主張が強く主役級の存在感を発揮する。今回はそんな「赤パンツ」にフォーカスし、そのポテンシャルと注目の着こなし、おすすめアイテムを紹介!

赤パンツをコーデに取り入れた際のメリットは?

他のどの色よりも主張が強い進出色かつ膨張色であり、他との差別化や定番アイテムを主力としたマンネリコーデのリフレッシュにポテンシャルを発揮する赤パンツ。発色の良いビビッドな色味であればエネルギッシュで華やかなイメージをもたらし、明度や彩度を抑制したボルドー系やバーガンディー系はしっとりとした艶やかさと大人の色気を醸し出す。

赤パンツを着こなすコツとは?

ブラックやグレー、ネイビーなど定番色のボトムスでは得難い“華やぎ”や“艶やかさ”を演出し、主張が強く派手な印象の赤パンツを着こなすコツは、相性の良い色味のアイテムをペアリングして悪目立ちを回避しながらコーディネートに馴染ませること。しかし進出色で膨張色の赤パンツだけにそれなりに目立つのは当然で、赤パンツの主張の強さや派手さを嫌うのであれば、そもそもボトムスの選択肢からは除外するのが賢明だ。まずは赤パンツのメリットとデメリットをしっかり把握したうえで、いかなるスタイルを表現するか、どんなアイテムと組み合わせコーデを構築するか整理することが必要と言えるだろう。さらに休日のゴルファーみたいに見えないよう、ポロシャツとのペアリングは避け、すっきりとお洒落見えするくるぶし丈でスリムテーパードの赤パンツを選ぶこともお忘れなく。

赤と相性の良い色は?

赤と相性が良いのは、ニュートラルカラーを中心とした白、黄褐色、ベージュ、茶色のアイテム。とくにバーガンディを筆頭とする、濃い赤のパンツとのペアリングに絶好だ。いずれも肌馴染みの良い色であり、赤パンツの派手さを抑制するのにうってつけ。

赤と合わせると悪目立ちする色は?

赤と合わせることで悪目立ちしてしまうのは、色相環図で向かい合っている補色のグリーン。補色はお互いの色を引き立てあう効果があるとされており、コントラストが強くなるためともすると悪目立ちしてしまう可能性大。赤パンツをコーデに取り入れるのであれば、あらかじめグリーンのアイテムを選択肢から排除した方が賢明だ。

2/2GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する