40代メンズに向けたスウェットパンツコーデ術。だらしなく見えない着こなしのコツとは?

Share

エフォートレスな着こなしはもちろん、ハズしアイテムとしても有効なリラックス感たっぷりのスウェットパンツ。安易に街着として他所行きコーデに組み込むと、部屋着やコンビニまでの行き帰りスタイルに見えかねないため、30代〜50代ぐらいの大人が取り入れる際は、だらしなさを感じさせないキレイめな着こなしにまとめることが重要となる。今回は、40代前後の男性に勧めるスウェットパンツコーデのサンプルとおすすめアイテムを紹介!

スポンサーリンク

40代の男性がスウェットパンツを街着として活用するためのコツとは?

スウェットパンツコーデに限らず40代男性のスタイリングで気をつけなければいけないのは、しっかり清潔感が保たれていてだらしなく見えないこと。大人の男ならルーズだったりラフに見えてもきちんと品があり、落ち着いたムードとキレイめな印象がキープされた着こなしを心がけたい。だからこそ40代の男性がスウェットパンツを街着として活用するには、脚のラインを拾いすぎないレギュラーフィット〜スリムフィットで、すっきりとしたもたつきのないアイテムをチョイスすることが重要だ。もちろんルーズフィットやリラックスフィットなど、シルエットがゆったりしているスウェットパンツもアリだが、その際は裾がリブやゴムで絞られているスタンダードなタイプではなく、アスレチック要素を抑えた裾が絞られていないオープンヘム(タタキ仕上げ)のタイプを選ぶのがおすすめ。

リブ裾やゴム裾のスウェットパンツは足首部分に溜まりが出やすく、ダボっとしたシルエットであればなおのことルーズなイメージが強調され、いかにも部屋着っぽくコンビニまでの行き帰りスタイルのように見えてしまうことも。30代後半から40、50代の男性が数あるボトムスの中からあえてスウェットパンツを街着として活用するのなら、部屋着との差別化を図れるキレイめな着こなし向きのスリムフィットか、野暮ったく見えないゆったりシルエットのオープンヘムタイプをチョイスしたいところだ。

2/3GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する