Dr.Martens(ドクターマーチン)のおすすめローファーを紹介!象徴的なポリッシュドアッパーやラバーソールに注目

「Dr.Martens(ドクターマーチン)」といえばブーツで有名なブランドだが、実はローファーでも魅力的なモデルを数多く展開している。オリジナルのポリッシュドレザーやバウシングソールなど、ローファーモデルにおいてもドクターマーチンならではのディティールは健在。今回はドクターマーチンのローファーにフォーカスし、おすすめのモデルを紹介!

スポンサーリンク

バウシングソールや加圧圧着式グッドイヤーウェルト製法など革新的な製靴技術をローファーにも搭載「Dr.Martens(ドクターマーチン)」

ドクターマーチンは、ドイツ軍に属していた医師、クラウス・マーチン( Klaus Martin)氏によって1945年に誕生したブランド。休暇中にバイエンル地方のアルプス山脈にてスキーを楽しんでいる最中に足首に怪我を負ったクラウス・マーチン氏が、リハビリのために古いタイヤを加工して、クッション性のあるラバーソールを開発したことがはじまりだ。

このラバーソールは、ソール内に空気を閉じ込めることで歩行中の衝撃を吸収し、「バウンシング」と呼ばれる弾むような歩行性を実現した。「Air Wair」と命名されたこのソールの特性を最大限活かすためには高度な製靴技術を必要としたため、10年以上の歳月を経て製品化。1960年4月1日、イギリスの小さな工場で8ホールブーツのファーストモデルが生産ラインに乗った。現在でもブランドのアイコンである8ホールブーツは、その記念すべき日付から由来して「1460」と名づけられている。その後「ビートルズ」や「ローリング・ストーンズ」といったロックスターが着用し、ミュージシャンに愛されるブーツブランドとして定着。登場から半世紀以上を経た現在では、世代問わず世界中で支持されている。

24369001

詳細・購入はこちら

バウシングソール以外にも、ドクターマーチンにはさまざまな象徴的ディティールが存在。加圧圧着式グッドイヤーウェルト製法と呼ばれる底付けに使用されるイエローステッチやヒールに取り付けられたストラップ、独特の光沢を放つポリッシュドスムースレザーは全てドクターマーチンならではのもの。ローファーモデルでも、これらのディティールが随所に採用されている。モデルによってはイエローステッチではなくあえてブラックステッチを使用したものや、バウシングソールではなく新型のEVAソールで軽量化を図ったものも展開。ひと目でドクターマーチンとわかるローファーだけでなく、ドレス感高めのものや機能性に特化したモデルなどの選択肢もある。

ドクターマーチンのおすすめローファーを紹介!

存在感のあるデザインと堅牢性を兼ね備えたドクターマーチンを代表するローファー「Dr.Martens ADRIAN(エイドリアン)」

1980年代に英国コブスレーンの工場で最初に製造されたタッセルローファーのADRIAN。ドクターマーチンらしい重厚感のあるデザインに、ブーツ製造で培われた技術が惜しみなく注がれている。アッパーもソールも極めて堅牢で、多少の雨ならものともしない。

61xGACmAXjL._UL1500_

詳細・購入はこちら

最大の特徴とも言えるのが、甲部分のデザイン。ADRIANではキルトタンにダブルタッセルを備えたディティールとなっている。ボリューム感のあるアッパーとソールに迫力負けしない、存在感のあるデザインだ。

719zz5YkBHL._UL1280_

詳細・購入はこちら

モカシンのステッチも主張的。2枚の革を貼り合わせて縫製する「おがみモカ」を採用している。一般的なローファーと異なり、平行方向のステッチだけでなくグルグルと巻くような縫合を施しているあたりドクターマーチンらしい独創性を感じさせる。

61xGACmAXjL._UL1500_

詳細・購入はこちら

アッパーにはドクターマーチンのオリジナルレザー「ポリッシュドスムース」を採用。表面がなめらかな素材で、表面にポリッシュ加工を施しているため強い光沢感がある。耐久性が高く、水への耐性に優れているのも特徴だ。

61-laPx4UML._UL1500_

詳細・購入はこちら

シルエットは程よいバランスのラウンドトゥで、ヴァンプは深め。素足の見える面積が通常のローファーと比べると狭く、ドレスシューズのようなカッチリとして見た目になる。ドクターマーチンのブーツではおなじみのヒールループもないことも、ドレス感を高める一因となっている。

61dT0EucgiL._UL1500_

詳細・購入はこちら

ドクターマーチンはソールの接合にグッドイヤーウェルト製法を採用していることでも有名なブランド。ただし英国ブランドなどが扱うコルクやシャンクなどを用いたものとは異なり、「加圧圧着式グッドイヤーウェルト製法」と呼ばれるドクターマーチン独自のもの。中物はコルクではなくフェルトを使い、独特な「Zウェルト」という縫製によって優れた堅牢性を実現。さらに、立体的な外周部分が存在感を発揮する。ブーツモデルではこの外周部分に象徴的なイエローステッチが施されるが、あえて採用していない点が上品。アッパーに沿うかたちで配置されたストームウェルトがアクセントとなっている。

61xGACmAXjL._UL1500_

詳細・購入はこちら

ドクターマーチンの原点であり、象徴でもあるエアークッションの効いたバウンジングソールのAir Wair。ドクターマーチン・ソール(Dr.Martens sole)とも呼ばれるこのソールは、ローファーモデルでも採用されている。重厚感があり固そうな印象だが、実際には柔らかくてクッション性も優秀。やや重さはあるものの、重量があるぶん振り子のように足を前へと送り出すため長時間の歩行でも疲労を感じさせない。

716EihOdx3L._UL1500_

詳細・購入はこちら

超軽量ソールユニットで進化を遂げたドクターマーチンの新型ローファー「Dr.Martens EDISON(エディソン)」

EDISONは定番モデルであるADRIANを進化させ、超軽量化を実現したタッセルローファー。2016年に発表された「DM’sLite」コレクションにカテゴライズされている一足だ。イエローステッチのデザインや本質的なDNAを保持しながらも、ハイテクかつ軽量なミッドソールや快適さを追求したインソールなど、さまざまな最新テクノロジーを搭載している。

71zUhx2pcsL._UL1500_

詳細・購入はこちら

キルトタンやダブルタッセル、おがみモカのU字ステッチなどは王道モデルであるADRIANのデザインを踏襲。大きな違いとしては、アッパーの素材にポリッシュドスムースではなくテンパリー(Temperley)レザーを採用している点だ。テンパリーレザーはアニリン仕上げした柔らかなスムースレザーに、艶出し加工を施したもの。ポリッシュドスムースよりも光沢が抑えられており、しっとりとした艶を宿している。革の自然な風合いを味わえることに加え、経年変化を楽しめるのも魅力の一つだ。

71zUhx2pcsL._UL1500_のコピー

詳細・購入はこちら

軽量化に最も貢献している要因が、ハイテクなファイロン(Phylon)ミッドソール。これまでのドクターマーチンになかったEVA素材を採用したあたらしいソールで、靴全体の重量を従来の3分の1の削減を実現している。加圧圧着式グッドイヤーウェルト製法ではないものの、イエローステッチによってドクターマーチン”らしさ”は健在。重量感のある外観ながらも、実際に足を通すと驚きの軽さを体感できる。

714vAtk39kL._UL1500_

詳細・購入はこちら

インソールには、吸湿性のある低反発素材を使用した「SoftWair(ソフトウェア)」テクノロジーを導入。フィット感をもたらすつま先とかかと部分にクッションを備え、衝撃を吸収する。さらに湿気を取り除き、最大限の快適性を実現。

71DFV3Okp5L._UL1500

詳細・購入はこちら

アウトソールも従来のバウンジングソールではなく、新型の薄型ラバーソールを採用。軽量化が図られており、ファイロンミッドソールと組み合わされることで軽やかな歩行感を実現した。さらに、優れたグリップ力と柔軟性を兼ね備えている。

71kDG48M1eL._UL1500_

詳細・購入はこちら

革本来の風合いを堪能できるドクターマーチンのキルトタッセルローファー「Dr.Martens LEROY(レロイ)」

キルトタッセルローファーのLEROYは、代表モデルであるADRIANのデザインをベースにしつつ、若干の変更が加えられた一足。レザーの質感などが異なるため、定番からハズしたい人にとって狙い目のモデルだ。

51TRJE+atsL._UL1001_

詳細・購入はこちら

履き口の広さやシルエットなどADRIANとの違いはさまざまだが、大きく異なるのがキルトタンのディティールだ。ADRIANではフリンジ部分の長さがちょうどタッセルの先端と同じになるぐらいのサイズ感だったが、LEROYではタッセルよりも数ミリほど長めに設定。そのためトゥの見える範囲が狭くなり、広めの履き口と相まってショートノーズ気味の印象となっている。

51TRJE+atsL._UL1001_のコピー

詳細・購入はこちら

アッパーに使われている素材は「Vintage Smooth(ヴィンテージスムース)」と呼ばれるもの。定番素材のポリッシュドスムースのような表面に磨き上げ加工を施したいわゆるガラスレザーではなく、ナチュラルな風合いを味わえるレザーだ。

51VHkQ34ojL._UL1001_

詳細・購入はこちら

ビーフロールと重厚なラバーソールがラギッドな雰囲気!ドクターマーチンのコインローファー「Dr.Martens PENTON(ペントン)」

PENTONは、すっきりとした洗練されたシルエットが美しい一足。ペニーローファーやコインローファーとも呼ばれるクラシックなディティールで、幅広いコーディネートに合わせられる。履き口が広めで脱ぎ履きしやすい実用性も◎

611SzK5QEoL._UL1001_

詳細・購入はこちら

コインローファーやペニーローファーと呼称されることになった起源は、サドルにペニー硬化を挟むスタイルが流行したから。サドルの形状はブランドによってさまざまだが、PENTONでは広めの切れ込みが入ったハーフサドルを採用。サドルの両端を糸で巻いた「ビーフロール」がアクセントとなっている。

611SzK5QEoL._UL1001_のコピー

詳細・購入はこちら

U字のモカは縦横にステッチを施したドクターマーチンらしいディティール。正面から見るとビーフロールと相まって重厚な印象を演出する。

41mddokx+oL

詳細・購入はこちら

アッパーにはドクターマーチンを代表するオリジナルレザー「ポリッシュドスムース」を使用。美しい艶がシューズの存在感を際立たせる。

41XSU+NGa7L

詳細・購入はこちら

ソールの接合はオリジナルの加圧圧着式グッドイヤーウェルト製法。アッパーを守るストームウェルトや、ブラックステッチが堅牢で男らしい雰囲気を醸成する。

41XWlz6SLfL

詳細・購入はこちら

アウトソールも定番色ではなく、アッパーと同じブラックで統一。グリップ力に優れたトレッドパターンの、厚みのあるラバーソールがドクターマーチンらしい。

31+H7Ur7TgL

詳細・購入はこちら

独創的なディティールが光るドクターマーチンのストラップスリッポンシューズ「Dr.Martens Jorge C」

Jorge Cは甲とカカトに2本のストラップを配した珍しいタイプのスリッポン。広い履き口で足入れのしやすさはもちろんのこと、フィット感まで調整可能となっている。

71Tl5U14n5L._UL1500_

詳細・購入はこちら

最大の特徴であるストラップは、機能性とデザイン性を両立させる。ストラップの位置も計算されており、シュータン上に配置することでまるでシングルモンクストラップシューズのようなデザインに大ぶりなゴールドのバックルには「Dr.Martens」が刻印されている。甲だけでなくカカトのフィット感も調整できるため、素足はもちろん厚手のソックスを履いた場合も快適に着用できる。

71Tl5U14n5L._UL1500_ (1)

詳細・購入はこちら

ややぼってりとしたラウンドトゥも特徴的。装飾のないシンプルなプレーントゥが、レザーの美しい光沢を際立たせる。

71HP1EqTb1L._UL1500_

詳細・購入はこちら

洗練されたアッパーが個性を放つドクターマーチンのサイドゴアスリッポン「Dr.Martens LOUISE(ルイス)」

LOUISEは、ドクターマーチンの定番アイテムの一つであるチェルシーブーツ(サイドゴアブーツ)のアイデアをいかして作り出されたスリッポン。美しいツヤが特徴的なアッパーに、サイドゴアを取り付けて仕上げた一足で、スリッポンながら上品な印象を醸し出す。

31wAuoNNXvL

詳細・購入はこちら

両サイドに配置された伸縮性のラバー(ゴア)によって、快適なフィット感を実現する。サイドゴアブーツの場合、ゴアやレザーがある程度なじむまで脱ぎ履きに苦労することが多いが、履き口の広いスリッポンの場合は履きおろしからスムーズな着脱が可能。

31NW7WMe1wL

詳細・購入はこちら

ボリッシュドスムースレザーを使ったプレーントゥのアッパーは。まさにドクターマーチンのブーツさながら。個性的ながらも控えめなシルエットのアッパーと、重厚なソールによるコントラストが美しい。

41IUzyAfS6L

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ