ピッティの空気を直で感じられる!銀座で発見した本物のイタリアのスーツを仕立てられるサルトリアの魅力とは?

Share

急激な世相の変化で、毎日着ていたスーツをぱったりと着なくなったという方も少なくないはず。まさに未曾有の大変化が起こる中、スーツに対する需要も大きく変わり、今求められているのはここ一番で着たい虎の子のような一張羅。「一度はピッティ参戦者のような華やかなスーツを仕立ててみたいけど、どこを頼れば良いのか分からない…」と悩む方もいらっしゃるのでは?そこで編集部が見つけたのが東京・銀座に店舗を構える、一張羅として申し分のない本物のイタリアのスーツを仕立てるサルトリアだ。

世相の移り変わりに合わせてスーツの需要も変化!今求められているのは従来のビジネスウェアではなく、ここぞという時の一張羅

男の一張羅と聞かれて思い浮かべる服はどういったものだろうか?多くの男性はスーツを思い浮かべるはずだ。それもビジネスウェアとしてのスーツではなく、ここ一番でめかしこむようなドレスウェア。そんなドレススーツの需要が今増えてきているのだとか。従来の消耗品として着ていたスーツを買わなくなったぶん一着に投資し、ピッティ参戦者が身にまとっているようなハイクオリティなものを仕立てる。一球入魂ならぬ、“一着入魂”のムードが広がってきているという。

ピッティ参戦者のようなスーツが手に入る仕立て屋が日本にもあった!

多くの読者はピッティスナップを見たことがあるだろう。その被写体の多くであるイタリア人たちが着ている華やかなスーツは現地で仕立てたもので、日本で作るのは難しい。かといってイタリアまでスーツをオーダーしにいくのは非現実的…。そんなジレンマを抱えるあなたに朗報、仕立てをイタリア現地で行う本物のサルトリアが日本にもあった。

餅は餅屋に。本物のイタリアスーツを作るなら仕立てを現地で行うサルトリアを頼るのが最短ルート!

「餅は餅屋に」ということわざがあるように、欲しいものを手に入れるならその道のプロに求めるのが近道だ。今回見つけたのは、東京・銀座に店舗を構えるサルトリア「ミケーレ&シン(MICHELE&shin)」。イタリア現地に自社工房を持っているため、日本にいながら本物のイタリア製スーツをフルオーダーできるという。そんなミケーレ&シンが誇る、他とは違う3つの魅力を紹介!

ミケーレ&シンの詳細はこちら

ミケーレ&シンのここが違う!①「裁断・縫製はすべてイタリア・ナポリの自社工房でハンドメイド!本物の情緒あるオーダースーツが日本で叶う」

ミケーレ&シン最大の強みはイタリア・ナポリに自社工房を持っているという点にある。日本の店舗でオーダーの要望を細部まで徹底的にヒアリングしディテールを決め、採寸した後にデザイン画を作成。それをもとにイタリアの工房でオーダースーツを仕立てるというわけだ。しかも裁断・縫製はすべてハンドメイドだから、熟練の職人が一針一針縫って美しく仕立てあげるスーツは男の所有欲を満たすのに充分で、まさに贅沢そのもの。ハンドメイドのため出来上がりまでに約3ヶ月〜4ヶ月の時間を要するが、そのぶん手元に届いたときの喜びは何ものにも代え難いだろう。ちなみに日本の店舗での接客は完全予約制で一度に一組しか行わないため、“3密”の心配も必要なしだ。

ミケーレ&シンの詳細はこちら

ミケーレ&シンのここが違う!②「イタリアのフルオーダースーツならではのディテールもお手のもの。思わず自慢したくなるデザインを実現可能」

「スーツは着ていて美しくないといけない。着ていて楽しくないといけない。そして味がないといけない。」そんなイタリアスーツの基本の教えを守るミケーレ&シンは、スーツのデザインに並々ならぬこだわりを持つ。シルエットはもちろんのこと特にディテールへのこだわりは別格で、ひとりひとりの要望を最大限まで引き出し、どんなデザインでもフレキシブルに叶えてくれる。

例えばオーダースーツによく見られるマニカカミーチャや、日本のテーラーでは難しいとされるミラネーゼスタイルの手縫いボタンホールもお手のもの。他にも内側へ切れ込むようなラインのラペルや、マシンメイドや既製品にはないカッティングの腰ポケットなども得意とし、イタリアに自社工房を持っている強みをフルに活用して、オーダーする者のわがままを形にしてくれる。

ミケーレ&シンの詳細はこちら

ミケーレ&シンのここが違う!③「価格は3パターンの定額制!生地を決めたらあとは気が済むまでディテールを注文し放題」

「要望はすべて叶えたいけど、色々と詰め込んだオーダースーツはどうしても高くついてしまうからなかなか手を出せない…」という方でもチャレンジしやすいのがミケーレ&シンの懐の深いとこ。価格設定は18万円、21万円、23万円の3プライスのみで、その内容の違いは生地の差だけ。プランを決めてしまえば、あとはどんなディテールを取り入れてもアップチャージはなく、定額で好きなデザインをオーダーできてしまうコストパフォーマンスの良さを誇る。しかもミニマムの価格だからといって手を抜いたものはなく、取り扱っている生地は目利きのバイヤーが世界中から集めた上等なもの。ゼニアやロロ・ピアーナなどの有名メーカーのものから、一点物のレアなヴィンテージ生地までが並んでいるため、他では2倍以上するようなスーツでも手を出しやすい価格でオーダーすることが可能となっている。

ミケーレ&シンの詳細はこちら

ミケーレ&シンのオーダースーツは一ヶ月に30着限定!

オーダーする人ひとりひとりの要望を細かくヒアリングし、ハンドメイドで丁寧に仕上げるため、ミケーレ&シンでオーダーできるスーツは一ヶ月にわずか30着のみ。この希少性も男の所有欲を満たす要因の一つだろう。スーツの他にもジャケットやパンツ単体、ベストやコートもオーダーできるので、自分だけのアイテムが欲しいという方はぜひ一度ミケーレ&シンに足を運んでみてはいかがだろうか?

ミケーレ&シンの詳細はこちら

初回のヒアリングから納品までは約3〜4ヶ月!オーダーの流れはこちら

ミケーレ&シンのオーダースーツはハンドメイドで一針一針縫って仕立てあげるため、初回のヒアリングから納品までの期間は約3〜4ヶ月ほど。細かいオーダーの流れは下記の通りだ。

①初回:ヒアリングをもとに、フルオーダーならではのデザイン画を描きながら細部のデザインディテールを決定し採寸。
②仮縫い:オーダーから1.5ヶ月〜2ヶ月後、イタリアの工房から届いた仮縫い状態のスーツを試着し、最終のサイズ・ディテールを決定。
③最終確認:仮縫いから1.5〜2ヶ月後に仕上がったスーツが届き、最終フィッティングした後に納品。

オンライン予約はこちらから

ミケーレ&シン 店舗情報

住所:東京都中央区銀座2-11-10 第3銀座ヤマトビル2F
営業時間:13:00〜20:00(予約制)
定休日:火曜日
TEL:03-6875-3633
公式HPはこちら

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する