洗顔フォームひとつで肌の調子が変わる?おすすめアイテムとメンズならではの選び方を詳しく紹介!

Share

皮脂が出やすい男性にとって、洗顔料は清潔感のある肌を保つために必須のスキンケアグッズだ。しかし、どんなアイテムが良いか分からず、価格やパッケージで適当に選んでいるという方も少なくないのでは?今回は洗顔料の中でも定番的かつ使いやすい「洗顔フォーム」に焦点を当て、選び方とおすすめアイテムを紹介!

スポンサーリンク

洗顔フォームとは?

洗顔フォームとは、チューブやボトルに半固形の洗顔料が入った化粧品のこと。メーカー・ブランドによってはクレンジングフォームとも呼ばれる。洗顔フォームは洗顔石けんのような洗浄効果がありながら、使用後はつっぱり感や肌のカサつきを感じにくいのが特徴。また、石けんよりも泡立ちや泡の質に特長をつけたものが多く、洗浄力や洗い上がりの質感なども製品によって異なる。脱脂力の強いさっぱり系から、保湿成分を配合したしっとり系までバリエーションが豊富なので、自身の肌質に合わせて選べるというのも利点だ。

洗顔フォームを探す

洗顔フォームは肌質に合わせて選ぶべし!

一口に洗顔フォームと言っても、さっぱりタイプから高保湿タイプ、そして肌悩み別など実に多くの種類が展開されている。自分の肌と相性の悪いものを選んでしまうと肌トラブルの悪化を招く可能性があるため、肌質や悩みに合わせて選ぶのが鉄則だ。そこで、ここからは洗顔フォームの選び方を4つ紹介していく。

洗顔フォームの選び方①「皮脂・ごわつきが気になるならクレイ配合の洗顔料がおすすめ!」

皮脂や肌のごわつき、皮膚の硬さが気になるのであれば、汚れの吸着に優れたクレイ配合の洗顔フォームを選ぶと良いだろう。通常の洗顔料よりも洗浄力が高く、多量の皮脂にも対応できる。不要な角質を除去する働きもあるので、ごわつき肌にもおすすめだ。

クレイ洗顔フォームを探す

洗顔フォームの選び方②「ニキビ肌は抗炎症成分配合の洗顔フォームが安心」

ニキビを改善するには、炎症を抑えることが第一だ。したがって、洗顔フォームも炎症を抑える「抗炎症成分」が配合されているものを選ぶと良い。グリチルリチン酸やカミツレ花エキス、ハトムギエキスなどが抗炎症成分として有名なので、洗顔フォーム購入の際にこれらの成分が入っているかどうかをチェックすると良いだろう。

ニキビ肌向けの洗顔フォームを探す

洗顔フォームの選び方③「乾燥肌対策なら保湿成分が高配合の洗顔フォームを選ぶのが◎」

エアコンなどの影響で今まで以上に空気が乾燥していることから、近年乾燥肌のメンズが増えている。洗顔に配合されている美容成分は肌内部へは浸透しないものの、肌の表面は保湿できるため、洗顔後の肌の水分蒸発を防いでくれる。ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどが配合された保湿重視の洗顔フォームを選ぶと良いだろう。

乾燥肌向けの洗顔フォームを探す

洗顔フォームの選び方④「敏感肌はアミノ酸系界面活性剤の洗顔フォームで優しくケアを」

洗顔フォームに配合されている洗浄剤は「合成界面活性剤」という成分である。洗浄力に優れているため、敏感肌に使用するとバリア機能を乱し、さらなる敏感肌を招く可能性が高い。そのため、敏感肌に悩んでいる男性は、肌に優しい洗浄成分として有名な「アミノ酸系界面活性剤」が配合された洗顔フォームを選ぶと良いだろう。アミノ酸は肌にも存在する成分で、アレルギー反応なども起こりにくく敏感肌でも安心して使用できる。

アミノ酸系の洗顔フォームを探す

洗顔は“洗う順番”が重要!まずTゾーンから泡を乗せていくのが◎

洗顔フォームに限った話ではないが、洗顔するときは洗う順番に気を配るのが美肌への近道。男性の肌は女性と比べて皮脂量が2~3倍で水分量が半分と言われているため、最初に泡を乗せる位置によっては洗いすぎてしまうためだ。まずは皮脂分泌量が多いと言われるTゾーン(額と鼻)に泡を乗せ、Uゾーン(フェイスライン)→頬→口元→目元の順番で洗顔をしていくのがおすすめ。しっかり泡で汚れを絡めとったら、洗顔フォームに含まれる界面活性剤が顔に残留しないよう、30回程度ぬるま湯ですすぐことも忘れずに。

美肌を目指すなら泡立てネットの濃密泡で、肌に優しい“摩擦レス”洗顔をするのがおすすめ

美容に詳しい男性ならご存知だと思うが、美肌を目指すうえで、肌に負担をかける摩擦行為はタブーとされている。しかし洗顔するとき、どうしても肌を擦ってしまう…という方も少なくないだろう。そこで活用したいのが“泡立てネット”だ。手で泡立てるよりも濃密な泡を作れるため、肌を擦る必要なく洗顔できるのが魅力。また、簡単かつスピーディに泡立てられるので洗顔タイムを時短できるというメリットもある。泡立てネットは安価で手に入るうえ、買い替え頻度も少なくランニングコストが低めなので、ぜひ取り入れてみてはいかがだろうか。

泡立てネットを探す

2/4GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する