電気シェーバーのおすすめアイテムと正しい選び方を一挙紹介!

Share

シェービングは男の身だしなみに必要不可欠。毎日使うものだからこそ、使い心地や仕上がりの良いものを選びたい。また、肌へのダメージを考えるならT字カミソリよりも負担の少ない、なめらかな使い心地の電気シェーバーを選ぶのが得策だ。そこで今回は、電気シェーバーの選び方とおすすめのアイテム10選を紹介!

スポンサーリンク

電気シェーバーの選び方①「駆動方式の違いで自分のスタイルに合ったものをチョイスする」

電気シェーバーは大きく分類すると「往復式」「回転式」「ロータリー式」の3つに分類できる。それぞれ剃り方が異なるため、肌への負担やヒゲの剃り具合などが異なるのだ。自分のヒゲの毛質や肌に合ったものを選ぶのが、納得のいく電気シェーバーと出会える第一のポイントだろう。ここでは駆動方式のタイプ別に特徴を解説していく。

電気シェーバーの駆動方式①「深剃りできることを重視するなら“往復式”を選ぶのがベスト!」

往復式はヒゲの深剃りに向いているタイプで、特に濃いヒゲに悩んでいる男性におすすめしたい。網状の外刃でヒゲをキャッチし、内刃が往復して毛をカットする。濃い毛からうぶ毛などの細い毛までしっかり捉えるので、剃り残しが生じにくいようしっかり剃りたいという方に最適だろう。しかしそのパワフルな性質から、やや肌に負担を与えやすいというデメリットも。敏感肌の男性は注意してほしいが、それでもヒゲの剃り残しなどが起きにくく根強い人気があるタイプだ。

往復式電気シェーバーを探す

電気シェーバーの駆動方式②「敏感肌の男性におすすめ!肌への負担が軽減される“回転式”」

円形の外刃がくるくると回転しながらヒゲをカットするのが回転式の電気シェーバー。前述の往復式と比較すると肌への負担が少なく、敏感肌でも使いやすいのが最大のメリットだ。外刃の面積が大きいため摩擦が少なく、ヒゲ剃りによる肌荒れも起こりにくい。しかし、その駆動方式の特徴から円を描くように押し当てなければヒゲが剃りにくく、慣れるまでやや剃りにくいというのがデメリットだろうか。それでも肌質に関係なく使いやすいタイプではあるため、肌への負担を気にするのであれば回転式を選ぶのがおすすめだ。

回転式電気シェーバーを探す

電気シェーバーの駆動方式③「バランスを重視するなら“ロータリー式”を」

①で紹介した往復式と見た目が似ているが、こちらは外刃でキャッチしたヒゲを一定方向に回転する内刃が剃るという方式だ。内刃の回転が一方向のみなので、持ち方や剃る向きを変えながら剃る必要がある。持ち手の動きとしてはT字カミソリをイメージすると分かりやすいかもしれない。こちらも回転式同様、慣れるまで時間がかかってしまうが動作音が静かで使いやすい。往復式よりも肌を傷つけにくく、回転式よりもヒゲが剃りやすいという2つのメリット・デメリットを兼ね備えたタイプだ。

ロータリー式電気シェーバーを探す

2/7GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する