リーバイス随一のスキニーテーパードデニム「510」が誇る3つの魅力

Share

2ページ以降を表示しています。

元のページを表示
スポンサーリンク

リーバイス「510」の注目すべき3つの魅力

まずはロット番号「510」にフォーカスした3つの魅力を紹介!

リーバイス「510」の魅力①「リーバイスジーンズの中で最も細いスキニーテーパードシルエット」

510は、数あるリーバイスジーンズのなかでも特に細身のシルエットであることが特徴。501と比べるとウエストは変わらず、ヒップ周りや裾周りが10cmほど細く設計されている。リーバイスのジーンズの中で一番細く、スーパースキニータイプと呼ばれており、生地の厚さは12オンス。膝から裾にかけてより細身にしたテーパードシルエットになっている。股上を下げることで、履き心地はもちろん見た目にも窮屈な印象を与えない。

リーバイス「510」を探す

リーバイス「510」の魅力②「穿き心地を向上させるストレッチ素材」

ポリウレタンを配合したストレッチ生地を採用しているのも魅力のひとつ。これにより超細身でありながら、程良い伸縮性でストレスフリーな動きやすさを実現しているのだ。

リーバイス「510」を探す

リーバイス「510」の魅力③「機能性を追求したジッパーフライ」

クラシックなジーンズに採用されるボタンフライによるフロント開口部も、もともとはリーバイスが生み出したもの。それを象徴するかのように501では変わらずボタンフライが採用されているが、510では機能性重視のジッパーフライ仕様。実用面においてジッパーフライがボタンフライよりも優れていることは言うまでもないだろう。

リーバイス「510」を探す

3/3GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ