banner

パルミジャーニ・フルリエとブガッティが生み出す至高の時計コレクション

パルミジャーニ・フルリエとブガッティが出会い、強固な尊敬と信頼を元にしたパートナーシップを元にブガッティ コレクションは誕生。2014年にはその10周年を記念してブガッティ ミト、ブガッティ レヴェラシオン、ブガッティ ヴィクトワールの3つのモデルが発表された。

ブガッティ コレクションが誕生した背景

パルミジャーニ・フルリエとブガッティの出会いは 2001年。当時、アルザス地方モルサイム(フランス)にあった名高い自動車メーカーは、強いパートナーシップを結べる時計メーカーを探していた。それは、卓越した技術と芸術性に加え、鋭いデザインセンスも必要となるような特別な仕様に応える力量を備えたメーカーである必要があった。その中でもとりわけ、何にも妨げられない表現の可能性を担保するために独立系マニュファクチュールであることが重要だった。先に述べたような条件を鑑みるに、パルミジャーニ・フルリエがパートナーに選ばれたのは、当然の成り行きだったともいえる。このマニュファクチュールは、歴史的な傑作の修復や根本研究にいそしむことを通じて、豊富なインスピレーションの源を抱えており、創造の自由な上質の仕上がりを可能にする時計産業の垂直統合を実現していた。

コレクションのコンセプト

ブガッティ コレクションは、何よりもまずこのモルサイムの企業の精神からインスピレーションを得ている。最初のモデルとなったのは、世界初の階層状になったムーブメントで革命をもたらした、ブガッティ タイプ 370 であり、これが以後のモデルにとってスタンダードとなった。続いて、マニュファクチュール初のフライバック クロノグラフとなったブガッティ アタランテ、90° で時を表示するブガッティ スーパースポーツ、そして同名のクルマに着想を得たブガッティ エアロライトが誕生した。さらに、パートナーシップ 10 周年を記念し、壮麗な 3 つのモデルが発表された。ブガッティ ミト、ブガッティ レヴェラシオン、ブガッティ ヴィクトワールだ。そして、今日パルミジャーニ・フルリエはついに完全チタン製ケースを備えたブガッティ エアロライト パフォーマンスを完成させた。このハイテク作品を制作する上で頼ったのはレーザー加工だった。時計の中にブガッティのスピードの世界は贅沢なディテールによって表現されている。たとえば、レッドの km/h 表示とブルーのマイル/h 表示を備えたダブル タキメーターなどだ。ベゼルに刻印されたブガッティの最新の性能も、このクルマについて想像を膨らませる。

 

初めに「エンジン」であるムーブメントありき。マニュファクチュールの流儀

ブガッティのクルマ作りにおいても、パルミジャーニ・フルリエの時計作りおいても、最も注意を傾けられるのはエンジンでありムーブメントだ。ブガッティででも、 パルミジャーニでも、エンジンやムーブメントの根本的なコンセプトを支えるのは技師、技術者、専門家、職人の集まりからなるチームだ。長い間、ブガッティはレースで先頭を切り、多くの勝利を勝ち取ってきた。そのエンジン、シャーシ、ロード ホールディングのすばらしさは、多くの人々に認められている。これに対応する時計も、30 秒トゥールビヨンや超薄型トゥールビヨン、そして、無限に近いパワーリザーブを備える未来の時計など、それに劣らぬ性能を備えている。その革新的で卓越した性能のその上にデザインが来る。デザインは壮麗、しばしば圧倒的なもので、集団の想像力が透けて見える。どの作品にも、その元になったこのメゾンのアイデンティティ、表現力、美学コードが集約されており、それらは非常に際立つものとなっている。1 つの時計に 2 つの精神が宿るという力技こそ、ブガッティ コレクションの比類ない特徴だ。

 

 

この記事を気に入ったら
いいね!してね

今読んだ記事

パルミジャーニ・フルリエとブガッティが生み出す至高の時計コレクション

Share

Related post