アンクルパンツ【メンズ着こなし特集】

いわゆるクロップドパンツ(半端丈パンツ)の中でも、丈がくるぶし位置にくる”アンクルパンツ“、”9分丈パンツ“が男女問わず世界的なトレンドになっている。人気の秘密は、大人っぽさを保ちつつ、抜け感や清涼感が演出できること。スニーカーやサンダル、ローファーとの相性も良く、ジャケットスタイルからスポーツミックスカジュアルまで、ファッションジャンルやスタイルを問わず取り入れできるディテールだ。今回は、アンクルパンツにフォーカスして、注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

アンクルパンツ×テーラードジャケットスタイル

グレーのダブル仕立てアンクルパンツにネイビーのテーラードジャケットを合わせた鉄板カラーコンビのジャケパンスタイル。グレーパンツに合わせるように足元には内羽根式のブラックレザーシューズをチョイス。ネイビージャケットと同系色のネクタイを合わせることでシャープで知的そして誠実な印象を与えている。

G・T・A(ジー・ティー・アー) ワンプリーツパンツ

1955年、イタリアにて創業されたパンツ専門ファクトリーから始まったGTA(ジーティーアー)。ワンプリーツの入ったグレークロップドパンツ。

詳細・購入はこちら

アンクルパンツ×スーツスタイル

昨今、スーツスタイルにもノークッションでシワの出ないアンクル丈パンツが定番化している。最上級のフォーマルカラーであるブラックのスーツをまとったコーディネート。インナーにグレーのセーターを合わせてソフトな印象をプラス。

CERRUTI 1881 formal suit

1881年に設立されたイタリアブランド「CERRUTI(セルッティ)」。ウールのスーツが世界中から高い人気を集めている。ラムウール100%で仕立てられたブラックスーツ。

詳細・購入はこちら

アンクルパンツ×ライダースジャケットスタイル

ネイビーのアンクルパンツにノーソックスの組み合わせが抜け感を演出したコーディネート。ステッチデザインの効いたダブルライダースジャケットを羽織って武骨な雰囲気をプラス。

Entre Amis(アントレ・アミ) テーパードデニム Gaga

イタリア、ナポリ発のパンツ専業ブランド「entre amis(アントレアミ)」。Gagaはテーパードデニムモデル。アンクル丈に設定されたスリムシルエット。

詳細・購入はこちら

アンクルパンツ×チェスターコートスタイル

アンクルパンツにVゾーンが浅めに設計されたチェスターコートを合わせたコーディネート。マフラーもネイビーカラーをチョイスして統一感のある印象に。

SOLIDO(ソリード) CALCEDONIO

2010年春夏スタートのパンツ専業ブランド「SOLIDO(ソリード)」。定番アイテムのドヅメ天竺パンツは、綿100%のコンパクト糸を使用し、通常の天竺よりも毛羽立ちが無く、天竺素材とは思えない高級な光沢感のある生地感が特徴。実用性の高いDカンディテールも魅力的だ。

詳細・購入はこちら

アンクルパンツ×チェスターコート×ネイビースーツコーデ

Vゾーンが深いテーラードジャケットと合わせるように、チェスターコートの第3ボタンのみをあえて留めてレイヤードを表現したコーディネート。ボトムにノークッションのアンクル丈パンツを履くことによって野暮ったい印象を回避している。

Z ZEGNA フォーマルスーツ

世界最高峰の生地を作るイタリアメーカーZEGNAのモダンなライフスタイルライン「Z ZEGNA(ジーゼニア)」。光沢のあるウール生地で仕立てられた2Bスーツ。

詳細・購入はこちら

アンクルパンツ×ポロコート×タートルネックセーター×ホワイトシャツコーデ

ネイビーのポロコートに、ネイビージャケット、ネイビータートルネックを着込んで統一感を演出したコーディネート。タートルネックからホワイトシャツの衿をレイヤードして洒脱な雰囲気を漂わせている。ボトムはネイビーと相性の良いダークブラウンのアンクルパンツをチョイスして軽快な印象に。

VIGANO(ヴィガーノ) スーパースリムイージースラックス

1900年代初頭にテイラーメイドのSartoria Viganoとして誕生し、のちにイタリアを代表するトラウザーズ専門店として人気を集めているブランド「VIGANO(ヴィガーノ)」。ベルトレスでもはけるイージースラックス。ベルトループとドローコードがウエスト周りに施されているため、ベルトを締めればオンスタイルにも活用可能だ。

詳細・購入はこちら

アンクルパンツ×オイルジャケット×デニムオンデニムスタイル

オイルドコットンジャケットにデニムジャケットを合わせた武骨な雰囲気漂う着こなし。ボトムにもジーンズを合わせてデニムオンデニムに。裾はアンクル丈にカットオフして抜け感を演出。腰から垂らしたバンダナやスニーカーにはレッドをチョイスしてアクセントをプラス。

G-Star Raw(ジースター ロゥ) HEDROVE テーパードジーンズ

ヨーロッパを代表するデニムブランド「G-Star Raw(ジースター ロゥ)」。絶妙なポケット配置と無駄のないデザインが特徴のHedroveジーンズ。フロントの個性的なコインポケットデザインも◎。

詳細・購入はこちら

アンクルブラックジーンズ×キルティングジャケット×サイドゴアブーツ

ミドル丈のキルティングジャケットに、起毛感のあるベスト、テーラードジャケットを着込んだザンバルド氏の着こなし。ブラックスキニージーンズはアンクル丈にカットオフしてこなれ感をプラス。足元にはチェルシーブーツを合わせてスマートな印象に。

CITIZENS of HUMANITY BOWERY in BLACK ROCK

プレミアムデニムの立役者、ジェロームダーハン氏によって2003年よりスタートしたブランド「CITIZENS of HUMANITY(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ)」。生デニムの状態から穿いてアタリが出てきた頃の自然な雰囲気を再現し、加工感はあえてあっさり仕上げた大人のブラックデニム。

CITIZENS of HUMANITY BOWERY in BLACK ROCK

詳細・購入はこちら

アンクルパンツ×スリップオンスニーカーコーデ

シューレースが取り除かれたリラックス感のあるブラックスリップオンスニーカーに、アンクル丈のグレースラックスを合わせて抜け感を演出したコーディネート。チェスターコート、ストール、ニットキャップはブラックアイテムでまとめて都会的な印象に。

SAND(サンド) パンツ

SAND(サンド)からメイド・イン・イタリーのツイードパンツをピックアップ。スリムなテーパードシルエット。

詳細・購入はこちら

アンクルパンツ×タートルネックコーデ

グレーショールカラーのコートにタートルネックニットを着込んでソフトな印象を演出したコーディネート。ボトムはネイビーのアンクルパンツとスニーカーを履いてスポーツテイストをプラス。

BERWICH(ベルウィッチ) ワンプリーツ コットンパンツ PIERO

1975年にイタリアはプーリア州のマルティナフランカにパンツ専業会社としてICOMAN 2000 s.r.l.が創業した「BERWICH(ベルウィッチ)」。アウトプリーツの入ったネイビーコットンパンツ。美しいテーパードシルエットとストレッチの効いたストレスフリーな履き心地が魅力的。

詳細・購入はこちら

アンクルパンツ×アースカラースーツスタイル

フィレンツェにて行われる世界規模のメンズファッション展示会ピッティウオモでも注目を集めているアースカラーのコットンスーツ。これからの季節に重宝すること間違いなしだ。足元は、アンクル丈にモンクストラップシューズを合わせて。

DSQUARED2 Capri ツーピーススーツ

1994年、カナダ出身のディーン氏とダン・ケイティン氏による双子兄弟が設立したファッションブランド「DSQUARED2(ディースクエアード)」。コットンにて仕立てられたオリーブグリーンスーツ。

詳細・購入はこちら

アンクル丈のプリーツパンツを使用したコーディネート

今期のトレンドアイテムでもあるプリーツパンツをアンクル丈で履いた着こなし。サックスブルーシャツはタックインして、プリーツのディテールを見せるのが気分。ベルトの余りはサイドインしてこなれ感を演出。

THE GIGI Craig クロップドパンツ

アンコンジャケットの先駆者ボリオリの元経営者が新たに仕掛けるブランド「THE GIGI(ザ ジジ)」。イタリアナポリの仕立てをベースに、より独特なマテリアルを使用したプリーツクロップドパンツ。

詳細・購入はこちら

アンクルパンツ×ベスト×ボタンダウンシャツスタイル

サックスブルーのボタンダウンシャツに、ネイビーのベストを重ね着してグラデーションを表現したコーディネート。ボトムにはさりげなくストライプ柄の入ったアンクルパンツをチョイスしてスマートな雰囲気を表現。

Johnbull(ジョンブル) クラシックトラウザー

1952年に創業した岡山県倉敷市を拠点とする日本ブランド「Johnbull(ジョンブル)」。スーツ地のような生地感をイメージしたドライタッチな生地感のトラウザー。

詳細・購入はこちら

アンクルパンツ×グラデーションスタイル

ネイビーのアンクルパンツとTシャツにブルーのテーラードジャケットを羽織ってグラデーションを表現したコーディネート。サングラスのレンズカラーやダブルモンクストラップシューズもネイビーカラーをチョイスしたワントーンコーディネート。

Incotex(インコテックス) 1プリーツパンツ ウールスラックス

イタリアのパンツブランドとして世界から人気を集める「INCOTEX(インコテックス)」。N24はベストセラー定番モデル“N35”にワンプリーツを入れたモデルだ。

詳細・購入はこちら

アンクルホワイトパンツ×タッセルローファーコーデ

ダブルコートにセカンドタイプのデニムジャケットを着込んだ重厚感あふれる組み合わせに、アンクル丈のホワイトパンツとタッセルローファーをチョイスして抜け感を演出したコーディネート。ローファーには裾にたるみの出ないアンクル丈やノークッションのパンツを合わせたい。

RED CARD(レッドカード) Ranker

単なるワークウェアとしてのデニムとは真逆の発想をもつRED CARD。機能面ばかりを追求するのではなく、きめ細やかな日本の感性が生み出した発想“進化版REAL DENIM”を提案している。軽量だがしっかりとした印象の生地を使用したホワイトパンツ。

詳細・購入はこちら

アンクルパンツ×デニムシャツスタイル

テーパードシルエットのブラックアンクルパンツに、オーバーサイズのデニムシャツを合わせたコーディネート。全体に入ったシワ感や履き込んだ風合いのキャンバススニーカーがこなれた雰囲気を漂わせる。

VIGANO(ヴィガーノ) ジップフライパンツ

1900年代初頭にテイラーメイドのSartoria Viganoとして誕生し、のちにイタリアを代表するトラウザーズ専門店として人気を集めているブランド「VIGANO(ヴィガーノ)」。王道のスラックススタイルを踏襲したジップフライパンツ。自宅で洗濯可能な機能素材を使用しているため、ローテーションで重宝すること間違いなし。

詳細・購入はこちら

アンクルパンツ×シャツ×スニーカーコーデ

ホワイトシャツ、アンクルパンツ、スニーカーのみで構成された抜け感溢れるミニマルな着こなし。ノーベルトやホワイトスニーカーのチョイスがこなれた雰囲気を漂わせる。

C+PLUS(シープラス) ストレッチチノスラックス RIDMARK

一流ブランドのスラックスをOEM生産してきた実力派パンツブランド「C+PLUS(シープラス)」。使いやすいスラントポケットが特徴の「RIDMARK」モデルは、カジュアルな雰囲気に、ドレススラックスのディテールとシルエットを採り入れた定番モデルだ。

詳細・購入はこちら

アンクルパンツ×ジャケパンスタイル

チェック柄の入ったアンクルパンツを合わせたジャケパンスタイル。あえてナローラペルのダブルブレステッドテーラードジャケットやノープリーツパンツを組み合わせて、トレンドに逆らった着こなしを楽しむのも有効な選択肢だ。足元にチャッカブーツを合わせた遊び心にも注目したい。

ORIAN(オリアン) ギンガムチェックパンツ

ギローバーでキャリアを積んだジャン・ガエターノ・オリアン氏が1990年に北イタリア・ヴェネストシュウ・カステルフランコ・ヴェストにあったシャツ工場を買収してスタートしたブランド「ORIAN(オリアン) 」。シャツでのノウハウを活かして上品に仕立てられたギンガムチェックパンツ。

詳細・購入はこちら

アンクルパンツ×ニットベスト

ニットベスト、シャツ、パンツを全てベージュ系のアイテムで統一したワントーンコーディネート。パンツはアンクル丈のデザインをノーベルトで履くのが今の気分。ローファーの素足履きと組み合わせて抜け感溢れる印象に。

ENTRE AMIS(アントレアミ) コットンパンツ

イタリア、ナポリ発のパンツ専業ブランド「entre amis(アントレアミ)」。センタークリースの入ったデザインが品のある印象を与える。

詳細・購入はこちら

アンクルパンツ×スニーカー×テーラードジャケットスタイル

ジャケパンスタイルにTシャツやスニーカーを合わせてカジュアルダウンしたスタイリング。Tシャツはアンクルパンツにタックインして品のある雰囲気に。

SIVIGLIA (シビリア) コットンパンツ ストレッチ ツイル

2005年にイタリアのアンコーナで始動した新鋭ブランド「SIVIGLIA(シビリア)」。全体に洗い加工を施すことで、こなれ感のある雰囲気を演出したコットンパンツ。

詳細・購入はこちら

 

アンクルパンツ×カラーパンツスタイル

ワントーンコーデが全盛の中、補色関係にあるネイビーとイエローを組み合わせた目の覚めるようなコンビが新鮮なコーディネート。通常のボトムでは全体が見えることのない、ミッドカットやハイカットスニーカーと合わせるのも粋だ。

GERMANO(ジェルマーノ)  ジップフライパンツ

1952年にイタリアはナポリ近郊サレルノで始動したパンツ専業ブランド「GERMANO(ジェルマーノ)」。伝統的なサルトリア技法を用いながら、頑なにメイド・イン・イタリーにこだわる。発色の良い生地を使用したテーパードパンツ。

詳細・購入はこちら

アンクルパンツ×デニムシャツコーデ

デニムシャツをリネンスラックスにあわせたキレイめカジュアル。足元は硬派にモンクストラップで引き締め!

lideal(リディアル) チノパンツ

エレガントなカジュアルウェアをコンセプトに、着る人のライフスタイルに溶け込み、高感度だが主張しすぎないファッションを提案するブランド「lideal(リディアル)」。ドレスパンツをカジュアルに落とし込み、オンでもオフでも活用できるチノパンツを提案。

詳細・購入はこちら

アンクルパンツ×カジュアルジャケパンスタイル

洗練されたカジュアルなジャケパンスタイルにもアンクルパンツは有効だ。テーラードジャケットは、ビジネスにも活用できそうな極めてベーシックなモデルだが、絶妙なボトムの丈感でこなれ感溢れる装いに。

Hiltl(ヒルティル) ベルベットチノスラックス

1955年の創業以来、一貫してパンツづくりにこだわり続けてきたドイツのパンツ専業ブランド「Hiltl(ヒルティル)」。カジュアルなチノパンをベースに、ドレッシーなディテールを施したスラックス。生地をいちど染めてからブラッシング加工することで、ベルヴェットのような風合いを表現している。

詳細・購入はこちら

アンクルパンツ×オフホワイトスーツスタイル

オフホワイトカラーで仕上げた華やかなスーツスタイル。ダブル仕上げのアンクル丈も見事な調和につながっている。

アンクルパンツのトレンドにフォーカス

基本的に昨今のトレンド主流は、テーパードボトムやリブパンツ、ジョガーパンツといったすそに向かって細くなる形状のボトムだ。徐々にストレートやワイドなシルエットのトレンド回帰の兆しはあるものの、今のところレディースや一部のメンズファッショニスタの間のみにとどまっている。太めかつ丈の短めのボトムはスタイルを良くみせる効果の逆をいくため、選ぶ際には注意が必要だ。

アンクルパンツメンズトレンド

アンクルパンツと相性の良いメンズファッションアイテム【3選】

アンクルパンツを履くならぜひ、コーディネートに取り入れたい必須と言っても過言ではないアイテムを紹介!

アンクルパンツと相性の良いアイテム①「足首にアンクレットをチョイスしてアクセントをプラス」

足首が露出するため、アンクレットの取り入れは有力な選択肢になるだろう。細め貴金属チェーンのアンクレットは未だに女性向けのイメージが強いが、今季はエシカル系ブランド、カジュアル系ブランドをはじめ気負わずに身につけられるユニセックスアイテムが多くリリースされている。関連記事▶︎アンクレット メンズ 【ブランド5選】

SCOSHA(スコーシャ) アンクレット

女性デザイナーであるScosha Woolridge(スコーシャ・ウールリッジ)氏がニューヨークにて立ち上げたブランド。アメリカのロンハーマン店舗にラインナップしたことをきっかけに人気に火がつき、Ralph Laurenや世界各国のショップで並べるとすぐに完売してしまうほどの人気に。世界中を旅する中で得たインスピレーションをもとに独特のデザインを行っている。また、全工程をニューヨークのアトリエにて手作業で制作する品質へのこだわりも◎。

SCOSHAアンクレットスコーシャ

詳細・購入はこちら

アンクルパンツと相性の良いアイテム②「ローファーなどのカジュアル寄りなシューズ」

アンクルパンツ自体が伝統的なオーセンティックアイテムではないため、トラディッショナルなレースアップシューズなどとはあまり相性が良いイメージが少ない。レザーシューズであれば、タッセルローファーやドライビングシューズなど、ややカジュアル寄りのアイテムとの相性が◎。全体の着こなしをさらにカジュアルやノームコア、スポーツミックスに寄せるのであれば、スニーカーやスポーツサンダル、シャワーサンダルなどの取り入れも有力な選択肢だ。関連記事▶︎ローファー メンズ コーデ 特集

CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ) タッセルローファー

1879年に誕生した英国を代表するハンドクラフトシューズブランドとして名を馳せる「CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)」。カヴェンディッシュはクラシックなタッセルローファーをベースに、ラウンドトゥのラスト325を採用した洒脱な雰囲気あふれる一足。

詳細・購入はこちら

アンクルパンツと相性の良いアイテム③「ベリーショートソックス」

ローファーやスニーカーと合わせる際に、通常のソックスをあわせるという選択肢もあるがアンクルパンツと合わせるとせっかくの抜け感が損なわれ、野暮ったい印象、短足な印象になる危険性が高い。素足に合わせると蒸れで足にも靴にも良くないので、ベリーショートソックス(インビジブルソックス)をあわせたい。

BEAMS(ビームス) FALKE インビジブルソックス

1895年、ドイツで設立されたアパレルブランド「FALKE(ファルケ)」のインビジブルソックス。デイリーユースで活用できるコットン素材を使用し、かかとには滑り止めのシリコンが付くことで脱げにくい仕上がりに。

詳細・購入はこちら

FOLLOW US