アンクルパンツはメンズコーデにロングシーズン使える優れモノ!注目の着こなし&おすすめアイテムを紹介

クラシックなスラックスの丈感と比べて、足元に抜け感や軽さを演出できる「クロップドパンツ(半端丈パンツ)」。中でも、丈がくるぶし位置にくる”アンクルパンツ”は、大人っぽさを保ちつつ抜け感や清涼感が演出できるため、定番として幅広い層から人気を集めている。スニーカーやサンダル、ローファーとの相性も良く、ジャケットスタイルからスポーツミックスカジュアルまで、ファッションジャンルやスタイルを問わず取り入れできるのも魅力的だ。今回は、そんな「アンクルパンツ」にフォーカスして、注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

アンクル丈にパンツを設定することで、足元に上品な抜け感&清涼感を演出!

一部の間では、DIESEL BLACK GOLDが展開して話題になった股下132.5cmのロングデニムのように、あえてパンツの裾上げをせずクシュクシュっとシワを寄せて立体的に着こなすというテクニックも存在するが、大人の男の王道はやはりパンツそのもののラインを綺麗に演出したシワの少ないこなしだ。そんな大人の品あるムードをほどよくキープしながら、足元に抜け感を演出できるのが「アンクル丈」。足首が露出することによって、合わせるアイテムや着こなし方の振り幅も広がるのでオススメだ。

アンクルパンツの効能

アンクルパンツを新たにゲットするのはもちろん、手持ちのパンツをお直しするのもアリ!

アンクル丈のパンツを購入するのはもちろん、手持ちのパンツをお直ししてアンクル丈に仕上げてもらうのも有力な選択肢だ。裾がアンフィニッシュのスーツやスラックスを購入したときにも、アンクル丈を候補のひとつとして検討してみるのもアリだろう。裾上げの際に、シングルかダブルどちらで仕上げるか意外と悩んでしまう…という方はぜひ、下の記事も一緒にチェックしてみてはいかがだろうか。

【関連記事】スラックス 裾上げ”ダブル VS シングル”

スラックス ダブル シングル 仕上げ
スーツスタイルやジャケパンスタイルにおいて永遠の論争とも言える「シングル VS ...

続いては、アンクルパンツを履くのに必須と言っても過言ではないアイテムを3つ紹介!

アンクルパンツと相性の良いアイテム①「足首にアンクレットをチョイスしてアクセントをプラス」

足首が露出するため、アンクレットの取り入れは有力な選択肢になるだろう。細め貴金属チェーンのアンクレットは未だに女性向けのイメージが強いが、今季はエシカル系ブランド、カジュアル系ブランドをはじめ気負わずに身につけられるユニセックスアイテムが多くリリースされている。

SCOSHA(スコーシャ) アンクレット

女性デザイナーであるScosha Woolridge(スコーシャ・ウールリッジ)氏がニューヨークにて立ち上げたブランド。アメリカのロンハーマン店舗にラインナップしたことをきっかけに人気に火がつき、Ralph Laurenや世界各国のショップで並べるとすぐに完売してしまうほどの人気に。世界中を旅する中で得たインスピレーションをもとに独特のデザインを行っている。また、全工程をニューヨークのアトリエにて手作業で制作する品質へのこだわりも◎。

SCOSHAアンクレットスコーシャ

詳細・購入はこちら

アンクルパンツと相性の良いアイテム②「ローファーなどのカジュアル寄りなシューズ」

アンクルパンツ自体が伝統的なオーセンティックアイテムではないため、トラディッショナルなレースアップシューズなどとはあまり相性が良いイメージが少ない。レザーシューズであれば、タッセルローファーやドライビングシューズなど、ややカジュアル寄りのアイテムとの相性が◎。全体の着こなしをさらにカジュアルやノームコア、スポーツミックスに寄せるのであれば、スニーカーやスポーツサンダル、シャワーサンダルなどの取り入れも有力な選択肢だ。

CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ) タッセルローファー

1879年に誕生した英国を代表するハンドクラフトシューズブランドとして名を馳せる「CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)」。カヴェンディッシュはクラシックなタッセルローファーをベースに、ラウンドトゥのラスト325を採用した洒脱な雰囲気あふれる一足。

CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ) タッセルローファー

詳細・購入はこちら

【関連記事】足元に寛ぎを与えるローファーコーデ特集

ローファーヘッダー
古くはアメトラ、アイビースタイルから人気に火がつき、今やメンズファッションにおい...

アンクルパンツと相性の良いアイテム③「ベリーショートソックス(インビジブルソックス)」

ローファーやスニーカーと合わせる際に、通常のソックスをあわせるという選択肢もあるがアンクルパンツと合わせるとせっかくの抜け感が損なわれ、野暮ったい印象、短足な印象になる危険性が高い。素足に合わせると蒸れで足にも靴にも良くないので、ベリーショートソックス(インビジブルソックス)をあわせたい。

BEAMS(ビームス) FALKE インビジブルソックス

1895年、ドイツで設立されたアパレルブランド「FALKE(ファルケ)」のインビジブルソックス。デイリーユースで活用できるコットン素材を使用し、かかとには滑り止めのシリコンが付くことで脱げにくい仕上がりに。

BEAMS(ビームス) FALKE インビジブルソックス

詳細・購入はこちら

次のページでは、アンクルパンツを使用した注目の着こなしをピックアップ!

2/11GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ