パーカーとTシャツの重ね着で知っておきたい5通りのテクニックとは?

Share

メンズカジュアルコーデの鉄板コンビ「パーカー」と「Tシャツ」。オーソドックスな2つのアイテムも、組み合わせ次第でさりげないセンスや個性を演出できる。今回はそんなパーカーとTシャツの重ね着テクを難易度レベル順に5つ紹介!

重ね着テクLv.1「鉄板はパーカーの裾からTシャツのチラみせ!」

重ね着テクニックで最もオーソドックスなのは、パーカーの裾からTシャツのチラ見せ。大体3~4cmほどインナーを覗かせることで、着こなしにリズムが生まれてこなれ感のある印象に仕上がる。セットアップスタイルのワントーンコーデにありがちなのっぺり感を払拭するのにも効果的だ。

重ね着テクLv.2「ジップアップパーカーでTシャツのプリントをアピール」

Tシャツのプリントデザインをアピールするなら、ジップアップパーカーがGOOD。Tシャツのプリントデザインによっては、TOO MUCHな着こなしになってしまうためご注意を。大人っぽさを残すなら、下のスナップのジャスティン・ビーバー氏のように、胸プリントTシャツなどの控えめなデザインを選ぶのが好ましい。

【関連記事】ワンポイントロゴ縛りで選んだ、春のライトアウターに最適なジップアップパーカー5選

パーカーといえば春に主力として活躍するメンズ鉄板のアイテム。大きくプルオーバータ...

重ね着テクLv.3「裾リブの締め付けが強めなフーディで大胆にTシャツをレイヤード!」

フーディの裾リブの締め付けが強めなタイプなら、裾位置をあえて上に持っていくことでより大胆なTシャツのレイヤードが可能。オーバーサイズの着こなしであえてルードな雰囲気を出したい場合などに使えるテクニックだ。パーカーの着丈を短くスッキリとみせるために、裾リブを内側に折り返して着こなす洒落者も多い。

2/2GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する