ショパールが映画「007」のオフィシャルパートナーに。最新作でボンドガールにジュエリーを提供

Share

スイスのウォッチ・ジュエリーを展開する老舗メゾンのショパール(Chopard)は、2020年11月より公開予定の“007”シリーズ最新作「ノー・タイム・トゥ・ダイ」のオフィシャルパートナーを務めることを発表。ボンドガールとしてパロマ役を演じるアナ・デ・アルマスは、劇中でショパールのアクセサリーを纏う。それにあわせてショパールより、“007”とのコラボジュエリーコレクション“ハッピーハート‐ゴールデンハート”が登場。全国のショパールブティックにて、2020年3月1日(日)に発売された。

スポンサーリンク

“007”シリーズ最新作のボンドガールが纏うのは、ゴージャスなショパールのハイジュエリー!

新型コロナ肺炎の影響により、公開が11月に延期となった、“007”シリーズ最新作「ノー・タイム・トゥ・ダイ」。本作で、ボンドガール “パロマ” を演じるアナ・デ・アルマスは、オフィシャルパートナーであるショパールのネックレス、カスケードブレスレット、イヤリングを纏い劇中に登場する。ボンドガールの美しさをより引き立てるこれらのジュエリーには、ペアシェイプ&ブリリアントカットのダイヤモンドが配置されており、極めてゴージャスな仕上がり。4月に予定されていた北京プレミアは残念ながら中止になってしまったが、今後各地でプレミアが開催される場合には、ボンドガール役を務めるアナ・デ・アルマスと、前作に続き出演するレア・セドゥが、ショパールのジュエリーを着用して登場する予定だ。

ボンドガールが纏うハイジュエリーは、ショパールのサステナブルへの取り組みにフォーカスした“グリーンカーペットコレクション”の作品

「007」最新作でボンドガールが纏うジュエリーはすべて、ショパールのハイジュエリーシリーズから生まれた“グリーンカーペットコレクション”の作品。本コレクションは、ショパールが、2013年より企業理念として掲げる「サステナブル・ラグジュアリーへの旅」に基づいて誕生した。フェアマインドの基準に適うエシカルゴールドと、“RJC”(責任あるジュエリー協議会)が認定したサプライヤーを通じて購入されたダイヤモンドのみ使用するといった取り組みがなされ、持続可能性を追求して作られている。共同社長兼アーティスティック・ディレクターのキャロライン・ショイフレは、こうしたクリエーションは美しいばかりではなく、倫理に適っているからこそ、尊いオーラを放つということを常に示してきたと語った。

そしてこの度、ショパールは、007とコラボした「ハッピーハート‐ゴールデンハート」コレクションを発表。ボンドガールのような気品溢れる美しい女性を引き立てるコレクションとなっているので是非チェックを。

2/2GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ