ポロシャツ おすすめ19選!王道から個性派まで5つのジャンルに分けて紹介

Share

5ページ以降を表示しています。

元のページを表示
スポンサーリンク

スキッパーポロおすすめ「Lardini(ラルディーニ) パイル地 スキッパーポロシャツ」

質の高い仕立てと縫製に定評のある“ラルディーニ”もスキッパーポロを展開。汗ばむ夏場に最適なコットンパイル地を使用した一着で、ポロシャツが元来もつスポーティーな魅力が後押しされている印象。左裾にはお馴染みの花型ブートニエール柄のネームが付いていて、さりげなくアイコニックな見た目に。台襟がついているため、ジャケットのインナーとしても◎

 

詳細・購入はこちら

スキッパーポロおすすめ「TIMONE(ティモーネ) パイルスキッパー」

“ティモーネ”は、石川県に拠点を置くテキスタイルメーカー“カジナイロン”が手掛けるファクトリーブランド。そんなティモーネが作ったのは、着心地の良い360°ストレッチパイル生地を採用したスキッパーポロだ。着丈がやや長めに取られているため、どんなボトムスとも合わせやすく、タックアウトでサマになるのはもちろん、タックインもバッチリ決まる。

詳細・購入はこちら

5ページ以降を表示しています。

目次を表示

④個性派ポロシャツで夏コーデのマンネリ化を回避するのも◎

個性派ポロシャツおすすめ「KENZO(ケンゾー) SEA LILY ポロシャツ」

海岸地方で暮らす人々と、その文化・伝統への賛辞をテーマにした“ケンゾー”のポロシャツ。華やかな柄を全体に配した存在感あるデザインで、周りと差別化を図るのにベストな1着だ。ポロシャツというとコットンを用いた天竺や鹿の子編みが多いが、こちらはポリエステル生地でツルッとしているのが特徴的。

詳細・購入はこちら

個性派ポロシャツおすすめ「White Mountaineering(ホワイト マウンテニアリング) パネルプリント ポロシャツ」

リーフ柄プリントの切り替えを配すことで独創的な見た目に仕上げた“ホワイト マウンテニアリング”のポロシャツ。背中部分は、ほぼリーフ柄で切り替えられており、バックスタイルでも強い存在感を放つ。襟に配したグリーンラインや、緑のボタンなど、リーフのイメージとマッチした配色センスも◎

詳細・購入はこちら

個性派ポロシャツおすすめ「Lacoste L!ve(ラコステ ライブ) ロゴ ポロシャツ」

“ラコステ”のポロシャツというとオーソドックスなデザインを思い浮かべるが、ストリートテイストをミックスした“ラコステ ライブ”にはこんなにも個性的なポロシャツが揃っている。全面にロゴを配した旬っぽさ満天のデザインで、手数が減るあまりシンプルになりがちな夏の着こなしのマンネリ化を防ぐのに好適な1着だ。法則的にロゴを並べているためゴチャっとした印象がなく、しかもオーセンティックな仕立てなのでToo Muchに感じさせないのもポイント。今季はこんなポロシャツで周囲と差をつけてみてはいかがだろうか。

詳細・購入はこちら

6/6GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ