【急募】アルバイトスタッフ募集中!

ローテクスニーカーは今だからこそ注目したいアイテム!メンズにおすすめのモデルと注目の着こなしを紹介

Share

2ページ以降を表示しています。

元のページを表示

誰もが知るローテクスニーカーの超王道ブランド「CONVERSE(コンバース)」

定番モデル「オールスター」の圧倒的な知名度から、知らない人はいないと言っても過言ではないコンバース。1917年にバスケットボールシューズとして「キャンバス オールスター」を開発し、2017年には生誕100周年を迎えた同モデルは世界で一番売れているスニーカーとも言われ、誰もが知るスニーカーの王道として現在も絶対的な人気を誇っている。昨今では他ブランドとのコラボレーションも精力的に行っており、今後も目が離せない存在だ。

コンバースのローテクスニーカーを紹介!

言わずと知れたローテクスニーカーの超定番モデル「CONVERSE(コンバース) ALL STAR HI/オールスター ハイ」

言わずと知れたスニーカーの超定番モデル「オールスター ハイ」。1917年にバスケットボールシューズとして発売され、2017年で生誕100周年を迎えたオールスターは世界で一番売れているスニーカーとも言われ、誰もが知るスニーカーの王道として現在も絶対的な人気を誇っている。

詳細・購入はこちら

超定番ローテクスニーカーのローカットモデル「CONVERSE(コンバース) ALL STAR OX/オールスター オックスフォード」

「オールスター」のローカットモデル。初代オールスター発売の40年後に販売開始されたこともあり、ローカットモデルは「OX(オックスフォード)」と呼ばれ区別されることも。その名前の由来は、オックスフォード大学に通う学生が履いていたとされる履き口の浅い紐靴なのだとか。

詳細・購入はこちら

超定番ローテクスニーカーの70年代verを復刻!こだわりの詰まった「Converse(コンバース) Chuck Taylor’ 70/チャックテイラー 70」

1960~70年代に販売されていたオールスター(チャックテイラー)のディテールを復刻した、言わばヴィンテージモデルである「チャックテイラー70」。略称として「CT70」とも呼ばれる。ヒールラベルやシルエットなど、現行のモデルとはひと味違ったデザインゆえ、さりげなく差別化を図りたい方に人気。また、日本では基本的に取り扱いがないのも人気に拍車をかける理由だ。

“スマイル”と”ヒゲ”がトレードマークのローテクスニーカー「CONVERSE(コンバース) JACK PURCELL/ジャックパーセル」

オールスターと並ぶコンバースの定番モデル「ジャックパーセル」。元々はバドミントンシューズであり、当時のバドミントン世界王者であったジョン・エドワード・ジャック・パーセル氏が開発に携わったことから、氏の名前をとってジャックパーセルと名付けられた。トゥ部分の「スマイル」や、ヒール部分の「ヒゲ」と呼ばれるデザインがトレードマーク。

詳細・購入はこちら

“幻のスニーカー”と呼ばれたローテクモデル「CONVERSE(コンバース) ONE STAR/ワンスター」

1968年に発売されたコンバースの代表的モデルの一つ「ワンスター」。高級なスムースレザーを使用し、当時の最高技術を集約して完成したワンスターは、素材の供給が困難になったことや他の低コストスニーカーに遅れをとったことからわずか2年で生産中止に。1980年代に復刻するまでは”幻のスニーカー”とも呼ばれていたという。

詳細・購入はこちら

3/13GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する