G-SHOCK(Gショック)の価値を決定づけた名機「DW-5900」とは?

Share

3ページ以降を表示しています。

元のページを表示
スポンサーリンク

特徴的な八角形ベゼルに3つのデジタルグラフィックスを搭載したG-SHOCK「5900」、通称“三つ目モデル”のオリジン

G-SHOCKで“三つ目”といえば、今日ではラウンドケースのロングセラーモデル「6900」シリーズが有名だろう。だが、この「5900」シリーズこそが実はオリジン。「DW-6900」が発売されるのは1995年になるのだが、サーファーやスケーターなどの横乗り系の人々の多くがこのモデルを支持し、一躍トップセラーモデルに。「5900」シリーズへの注目度はクロスするように減少し、「三つ目モデル」の愛称は移換されることとなったわけだ。

詳細・購入はこちら

いま見ても斬新なG-SHOCK「5900」の八角形ベゼルとデジタルグラフィックス

だが、その特徴的な姿はいま見ても斬新だ。八角形ともいうべき角をとったスクエアベゼルを採用し、ケースの左右をビス留めした独特のデザイン。さらに、3つのデジタルグラフィックスによってモード表示や時刻計測などを行うインジケータ―との組み合わせは、他にはない独特の存在感あるフェイスデザインといえるだろう。格子柄や文字盤下部の液晶形状の配置もバランスがよく、タフなデジタル時計の印象を巧みに作り上げた名機だ。

詳細・購入はこちら

【関連記事】G-SHOCK「6900系」の時代を超えて受け継がれる不動の魅力とは?

タフでお洒落な腕時計で知られるカシオの名機「G-SHOCK(Gショック)」。アク...
4/5GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ