オニツカタイガーのオリジナルモデル「セラーノ」の魅力とは?

Share

タウンユースに相応しく大人らしいスマートな印象を演出してくれる、海外でも人気のドメスティックブランド「オニツカタイガー」のスニーカー。なかでも競技用スパイクからインスピレーションを受けて誕生した「セラーノ」は、お洒落で快適、いくらでも街歩きをしたくなる軽快なモデル。今回は、昨年70周年を迎えた日本のスニーカーカルチャーの始祖と言うべきオニツカタイガーの歩みとともに、人気定番モデル「セラーノ」のおすすめモデルを紹介!

スポンサーリンク

オニツカタイガーとは?

「鬼と虎」。こんな恐いもの無しな名前のスニーカーブランドが生まれたのは、戦後間もないまだGHQ統治下の1949年。鬼塚喜八郎氏によって神戸で設立されたスポーツシューズメーカーがそのはじまり。創業以来、バスケットボールシューズを手掛けたことをきっかけに、ランニングシューズなど様々なスポーツシューズを拡販していくことに。この最初のバスケットボールシューズ製造の際に、請け負った工場の社長が洒落心でトラマークを靴裏へ入れたのがブランド名の由来だ。

オニツカタイガーのスニーカーを探す

創業者である鬼塚氏がこのアジア最強の動物である「トラ」と、自身の名前である「オニ」を掛け算すればとんでもない生物が連想されることを思いつき、「オニツカタイガー」というブランドが誕生した。その勢いは現実とリンクし、オリンピック日本代表のシューズを手がけるまでに成長したオニツカタイガーを履いた選手が、次々とオリンピックメダル獲得などの成果を表す。その影響もあって、世界に認められる“日本のブランド”として確固たる地位を築いていった。

2/8GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ