デニム ブランド特集!【ツウな男が選ぶ日本ブランドのジーンズを厳選】

Share

2ページ以降を表示しています。

元のページを表示
スポンサーリンク

こだわりの日本デニムブランド4「VISVIM(ヴィズヴィム)」

「デザイナーの思想が詰め込まれた糸から作るこだわりの一本」

糸の開発からスタートすることで、普遍的ながら他にはない独特の世界観が漂うデニムを展開する「visvim(ビズビム)」。織り機の指定はもちろん、セルビッチ(耳)のデザインまで指示して作られているというから驚きだ。縫製のクオリティも高く、色落ちによって生まれる風合いは、なんとも言えない奥行きのあるムードを漂わせる。大人の男が穿くデニムは、こんな付加価値の高い一本が相応しい。

詳細はこちら

こだわりの日本デニムブランド5「MINEDENIM(マインデニム)」

「無駄を削ぎ落とすことで生まれる究極の美シルエット」

人気スタイリスト野口強氏がディレクションを務める「MINEDENIM(マインデニム)」のジーンズといえば、無駄を削ぎ落とした美しいシルエットと研究を重ねたパターンワークによる快適な穿き心地が特徴だ。日本人の体型へのフィットを何よりも最優先した設計を意識することによって、無駄を削ぎ落とした洗練シルエットを実現。加工はオールハンドによる唯一無二の仕上がり。ラグジュアリーな雰囲気が漂うのは、レザーパッチまでものディテールを省いたシンプルな仕様によって際立った、ハイクオリティな縫製技術とシルエットによるものに違いない。

詳細はこちら

こだわりの日本デニムブランド6「KURO(クロ)」

「スタイリッシュなメイド イン ジャパンのデニムを打ち出す!」

2010年に設立された日本のデニムブランド「KURO(クロ)」。ブランドネームである「KURO」は日本語の「黒」を意味し、縫製や染色、加工などデニム作りにおいて最高峰と謳われる日本のクラフトマンシップにおいて、スタイリッシュかつ徹底的にこだわり抜かれた「メイド・イン・ジャパン」デニムを展開。バックポケットのミミ使いや、あえて乱雑に施したステッチなどの独創的なデザインと圧倒的なコストパフォーマンスが世界中のバイヤーから高い評価を受ける。

詳細はこちら

3/6GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ