スーツ 手入れ 【絶対おさえておきたい8ポイント】

スーツのお手入れ方法

スーツの手入れ」と聞いて何を思い浮かべますか?「クリーニング?」「ブラッシング?」「アイロン?」とイメージは様々だと思います。「スーツのお手入れなんてやってる時間がない!」というのが忙しいビジネスマンの本音だと思います。しかし、スーツの手入れに少し手間をかけるだけでスーツの寿命が延び、同じスーツもカッコよく着こなせる状態になるとしたらいかがでしょうか?今回はスーツスタイルにこだわるすべての男性が理解するべきスーツ手入れのポイントを紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

①「頻繁にクリーニングに出す習慣をやめる!」

スーツクリーニングで痛むpunjabilinks

どんなスーツもクリーニングに出せば出すほど生地が痛むことで風合いを損ない、寿命が縮む」という事実を理解しましょう。特にドライクリーニングには揮発性溶剤が使われるのでスーツへのダメージは小さくありません。スーツにシワがついたからすぐにクリーニングに出しているという方は多いと思いますが、今すぐやめた方がよい習慣のひとつ。スーツの手入れとはすなわち「クリーニングの頻度を減らしながら、いかにスーツを良い状態で長く着るか(寿命を延ばすか)」です。スーツの買い替え頻度が減り「節約につながる」というだけではなく、これから高価なスーツに挑戦していく男性にとっては「良いものを長く着る」ための基礎知識となるのでぜひポイントをおさえ、取り入れて頂けると幸いです。

②「スーツ手入れにおいてはブラッシングが最重要!」

スーツブラシ馬毛洋服ブラシ

テーラーやショップ店員さん、ビジネスエグゼクティブ複数にスーツのメンテナンスについてヒアリングをする中で共通していたのは「スーツの手入れはブラッシングに尽きる」ということ。スーツは目が細やかなので着用を繰り返すとによって、繊維の隙間に無数のゴミやホコリが詰まっていきます。できれば着用後に毎回、最低でも3回に1回はブラシを使用して、ゴミやほこりをしっかりと除去しましょう。放置することによって虫の栄養になり虫食いの原因になってしまうこともあります。最初にスーツ全体を軽くたたきながらゴミやほこりを浮かせます。ジャケット、スラックスともにつるした状態で順にブラッシングしていきましょう。ラペル裏側や、ポケットの内部、フラップ(ポケットのふた)なども忘れないようにブラシをかけるのがポイントです。ブラッシングによって繊維の流れ整うのでスーツのテカりや毛玉を防ぐという効果も望めます。ちなみにブラシの毛ですが、できれば上記のようなカシミア対応もできる馬毛タイプが、生地が繊細な高級スーツにも対応できるのでおすすめです。

③「スーツ用のハンガーを使う」

スーツハンガー

スーツをかけるハンガーの正しい選択と使い方が重要です。ジャケットを薄っぺらいハンガーにかけていませんか?ジャケットをかけるのは3cm〜6cm程度の厚みがあり、前に向かって湾曲したものを使うことでジャケットの形を美しく整えることが可能です。薄いハンガーではジャケットの肩部分がつぶれてしまうため形がくずれ、シワにつながってしまいます。また、スーツジャケットのポケットに名刺入れやライターを入れたままにしておくと型崩れの原因になるので、ポケットの中は必ず空にすることにも気をつけましょう。

ハンガー木製

木製ハンガー

つづいてはスラックスのハンガーについて。日常のスーツ使いの中で最も気になるのが「スラックスひざ裏のシワ」ではないでしょうか?このシワを伸ばすことができるのがクリップ式やサンド式のハンガーです。スラックスのすそをはさんで吊るしておくことでシワとりに大きな効果を発揮します。シワが伸びたあとは、通常のハンガーにかけ直しても問題ありません。※ちなみにビジネスホテルに必ず置いてあるスラックス専用プレスですが、折り目の位置がずれることが多いのであまりおすすめしません。

スラックスハンガー

スラックスハンガー 

④「スーツについた臭いとシワを蒸気や湯気、水で解消!」

スーツお手入れ方法簡単

スーツにニオイやシワがついてしまった場合は、蒸気で解消しましょう!

「アイロンスチーマーで蒸気を吹きかける」

ジャケット、スラックスともにハンガーにかけた状態で蒸気を吹きかけましょう。軽いシワや臭いならこれで解消です。

スーツスチーマー衣類スチーマー

「風呂のお湯をためた状態で湯気をこもらせて浴室に吊るす」

風呂の蒸気スーツtoto

裏技的な方法ですが、こちらも効果的です。換気扇をつけずに湯気をこもらせるのがポイントです。出張先でもできそうですね。※「スーツを吊るした状態でシャワーを浴びる」という方法がよく紹介されていますが、シャンプーやボディーソープがスーツに付着すると痛みやシミの原因になるのでおすすめしません。

※「衣類用シワとりスプレーを使う」

衣類用シワとりスプレーを使用する方法もあります。ハンガーにかけた状態でしっとりと濡れるくらい噴霧しましょう。消臭効果のあるタイプがおすすめです。※実は同様にスーツをハンガーにかけた状態で霧吹きで水をかけるだけでも、かなり高い効果が得られるので一度試してください。

しわとりスプレーしわもニオイもすっきりスプレー

※「スーツ専用のスーツリフレッシャーを使う」

臭いに関しては、消臭効果とフレグランス効果のあるスーツリフレッシャーを使うのも有効です。プラウドメンなど男性専用スプレーで都会的でダンディーな香りを漂わせてはいかがでしょうか?

スーツリフレッシャープラウドメンPROUDMEN スーツリフレッシャー

⑤「スーツのアイロンがけには当て布を使用して温度は中以下で、こすらず押し当てる」

スーツへの正しいアイロンのかけ方appliancesonlineblog

上記の方法でとりきれないシワが発生している場合は、アイロンをかける必要がありますが決して直接アイロンがけをせず当て布を使用しましょう。とくにスラックスの膝裏のシワ伸ばしや、スラックスの折り目を復活させたい場合にはアイロンを直接かけるとキレイにプレスできるのですが生地が痛み風合いが損なわれ最悪の場合にはテカりの原因になります。当て布には、手ぬぐい程度の厚みがある木綿をチョイスするのが最適です。アイロンの温度設定は中以下で行いましょう。また特に高番手の高級スーツや光沢のあるスーツの場合は、アイロンをこすらずに押し当てるのがポイントです。

⑥「クローゼットにかける際には適度にすきまを空けるのが鉄則です」

スーツクローゼットへの収納は適度に間をあけるのがポイントmonkhouselaw

今まで紹介した手入れと同じくらいに重要なのがクローゼットへの保管状態。おしゃれな男性ほど手持ちの衣服が多く、クローゼットがパンパンになってしまいがち。間隔がつまっていると「スーツがつぶれされて立体感がなくなってしまう」「通気性が悪くなりカビやにおいの原因になる」「出し入れのときに擦れてスーツの生地が傷む」など百害あって一利なしです。

⑦「それでもダメならクリーニングに。手をかけたスーツは信頼のお店に」

白洋舎

メンテナンスをしていてもどうしても対応しきれない、汚れやシワはクリーニングに出しましょう。とは言ってもシーズンごとに出すのは出し過ぎです。しっかり手入れをしていれば多くても半年に一回程度で済みます。
イタリアやイギリスの一流ホテルでクリーニングをお願いするとスーツのブランドや生地を確認した上で最適なクリーニングショップを選定して出してくれるのは有名な話ですね。日本におけるクリーニングショップの歴史は西洋よりも浅い上に価格競争により、特にプレスの技術が稚拙で生地を痛めてしまうクリーニングショップも残念ながら多いです。決して安さだけでお店を選ばないことをおすすめします。失敗すると取り返しのつかないスーツではなく、ワイシャツなどを試しに出してみて仕上がりや対応の良い店を選ぶのがおすすめです。全国展開の有名どころだとやはり白洋舎がスーツ業界、アパレル業界でも評価が高いそうです。

⑧「必ず聞かれる!汗抜きどうしますか?への対応」

クリーニングショップでスーツを出すと必ず聞かれる質問といえば「汗抜きどうされますか?」ですね。オプション的に聞かれることが多いのでついつい「大丈夫です」と回答している方も多いのでは?実は、汗抜きはオプションでもなんでもなくドライクリーニングとは別物で「汗抜きだけ」というのも可能なんです。

通常のドライクリーニングで落とせるのは「皮脂など油性の汚れ」のみです「汗・尿・血液など水溶性の汚れ」には汗抜きを依頼しましょう

FOLLOW US

Related post