ガーメントバッグ メンズ特集!ビジネスマンが注目すべき選び方のポイント&おすすめブランドのアイテムを紹介

ジャケットやシャツを移動中の汚れやシワから守るガーメントバッグ。スーツなどのビジネスウェアを持ち運ぶうえで必須アイテムとも言えるガーメントバッグだが、多くのブランドからさまざま形状や素材を採用したものが展開されている。今回はガーメントバッグにフォーカスし、選ぶ上でチェックしたいポイントやおすすめのアイテムを紹介!

スポンサーリンク

ガーメントバッグとは?

ガーメントバッグは、スーツやシャツなどの衣類を持ち運ぶためのアイテム。ハンガーにかけたまま収納できる仕様になっており、通常のバッグに入れるよりもシワや型崩れを抑えられるため、スーツを持ち運ぶ必要のある出張や旅行で重宝する便利なバッグだ。内部のメインルームがファスナー付きでホコリや汚れから守れる作りになっているものが多い。

ガーメントバッグの選び方における3つのポイントは?

ガーメントバッグの選び方①「宿泊数や荷物量に合ったサイズ、容量をチョイスする」

ガーメントバッグでまず注目したいのがサイズ。1泊程度の出張や遠方の結婚式に参列するなどのボリューム感であれば、スーツ一着分を収納できるだけの容量で問題ないだろう。長期出張などの場合は、数泊分の下着や替えのネクタイなどの収納力は求めたいところ。飛行機で移動することが多いなら機内持ち込みが可能なサイズかどうかもチェックしておくのがベターだ。

①宿泊数や荷物量に合ったサイズ、容量を選ぶのが大切

ガーメントバッグの選び方②「ブリーフケース型やショルダーバッグ型など、持ち運びやすい形状や自分のライフスタイルに合ったデザインであるかをチェック!」

ひとくちにガーメントバッグといってもデザインや形状はさまざま。ベーシックなのはブリーフケースタイプで、スーツ姿で持ち運ぶ場合などのビジネスシーンに適している。荷物量によっては重くなるため、ショルダーストラップを装着できる2WAYタイプも少なくない。結婚式や遠方でのイベントなど、旅先でスーツに着替えるのであればアウトドアブランドが展開しているようなカジュアルデザインのガーメントバッグもいいだろう。スーツケースに取り付けられる機能が付いているかなどにも注目したい。

ガーメントバッグの選び方③「素材にも注目!機能性重視か高級感を追求するか」

ポリエステルやナイロンなどの素材で作られたガーメントバッグは、耐久性や耐水性に優れているのが特徴。急な雨でも大事なスーツが濡れることなく安心して持ち運びできるのがメリットだ。一方でレザーを随所に採用したガーメントバッグは、バッグ自体にレザーならではの高級感があるのが魅力。おしゃれなアイテムとしてコーディネートに取り入れられる。

2/4GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ