クラークス(Clarks)の名品「デザートブーツ」が休日のメンズ靴としておすすめの理由とは?5つの魅力を紹介

Share

2ページ以降を表示しています。

元のページを表示
スポンサーリンク

デザートブーツとチャッカブーツの違いとは?生ゴムによるラバーソールと製造方法に注目

アッパーのデザインなど共通点が非常に多いデザートブーツとチャッカブーツ。そもそもデザートブーツはチャッカブーツの一種ともされており、2〜3対のアイレットやアンクル丈であること、ラウンドトゥのシルエットなど基本的な部分は同じである。大きな違いはソールの仕様で、生ゴムを原料に製造された「クレープソール」をステッチダウン製法で縫い付けたものがデザートブーツと呼ばれている。

クラークスのデザートブーツ ブラウンアウトソール

詳細・購入はこちら

クラークス「デザートブーツ」が誇る5つの魅力を紹介!

クラークス「デザートブーツ」の魅力①「スニーカーと革靴の中間的存在!スエード素材を使ったシンプルなデザインのアッパー」

スムースレザーモデルなども存在するものの、デザートブーツの王道素材といえばやはりスエード。この毛足の短いスエードアッパーこそが、紳士の休日靴として相応しい理由だ。スニーカーほどカジュアルになりすぎず、ドレスシューズほどかしこまらないバランス感は絶妙。基本的にはブラッシングのみでOKという手入れの楽さも魅力のひとつ。

クラークスのデザートブーツ ブラウン アッパー

詳細・購入はこちら

ライニングがなく、一枚革で仕立てているのもクラークスのデザートブーツの特徴。やわらかな足当たりで軽快な履き心地を可能とする。

クラークスのデザートブーツ ブラウン インソール

詳細・購入はこちら

3/7GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ