フレンチトラッドの体現者、ジェイエムウエストン(J.M.Weston)の魅力を紹介

フランス革靴メーカーの名門と言えば「ジェイエムウエストン(J.M.WESTON)」。ブランドのシンボルとも言える180 シグニチャーローファー」や、丸みのあるシルエットが人気のUチップ「641 ゴルフ」など、フレンチトラッドを象徴するプロダクトで世界を魅了する。今回は、ジェイエムウエストンの革靴にフォーカスしてブランドの魅力と定番アイテムを紹介!

スポンサーリンク

ジェイエムウエストンとは

1891年フランスにて創業された老舗シューズブランド、ジェイエムウエストン(J.M.WESTON)。素材やディティールにこだわり抜いたエレガントな革靴が古くからフランスで愛される。「180 シグニチャーローファー」や「641 ゴルフ」など数々の人気モデルを生み出し、1986年にアメリカのニューヨークで初の国外進出となるブティックをオープン。これを皮切りに、1988年にはジュネーブ、1993年には東京、2004年には香港へと進出した。フレンチエレガンスを体現した革靴はグローバルに受け入れられ、現在では世界中に40店舗を展開する。

ジェイエムウエストンのブランドが誕生するまで

19世紀の終わり、エドゥアール・ブランシャール(Édouard Blanchard)氏がフランス、リモージュ地方に男性・女性用靴の工場「ブランシャール」を創立。革なめしと革加工の歴史深い地で誕生したこの靴工場こそがジェイエムウエストンの前身である。

jmweston

創業から間もなくして加わったエドゥアール氏の息子、ユージェーヌ氏は早くからアメリカで用いられていた近代的な靴の製法に注目していた。1904年にユージェーヌ氏は渡米、マサチューセッツ州ボストン 近郊のウエストンで、現在の革靴づくりの主流となるグッドイヤーウェルト製法を学んだ。

jmweston

パリの競馬場で、2代目のユージェーヌ・ブランシャール氏は実業家のヴィアール氏と出会う。ブランドとしてのあり方、技術、そして志を共にした2人は、革靴ブランドとしてのショップをパリにオープンさせる。ブランド名は、ユージェーヌ氏自身がグッドイヤーウェルト製法を学んだアメリカの地にちなんで「ジェイエムウエストン(J.M.WESTON)」と名付けられた。

ジェイエムウエストンのアイコンシューズ「180 シグニチャーローファー」

フラッグシップモデルの「180 シグニチャーローファー」、”ジェイエムウエストンと言えばローファー”というイメージが少なからず定着しているのは、この優れたモデルがあるからだ。1946年に誕生した「ローファー180」は、他にはない独自のシルエットでスタイルや時代に捕らわれない履きこなしを可能にし、やがてフレンチエレガンスのアイコンとして認知されることとなった。

high-toned

ジェイエムウエストンのローファーを広めた「ドラッグストアのギャング」

シャンゼリゼ大通りのドラッグストアにたむろする「ドラッグストアのギャング(Bande du Drugstore)」と呼ばれる若者達。彼らがこぞって履いたマストアイテムこそが、ジェイエムウエストンの「180 シグニチャーローファー」だった。素足でローファーを履くスタイルは今となっては定番の着こなしだが、当時父親の靴をジーンズに合わせて素足で履いたこのスタイルは斬新で異端だった。既存の秩序に対する反抗を表現したフランスの若者たちによるカウンターカルチャーが、ジェイエムウエストンの知名度を広めたのだ。

huffingtonpost

ジェイエムウエストンの王道Uチップ「641 ゴルフ」

「180 シグニチャーローファー」と並び、古くからジェイエムウエストンの主力製品を務める「641 ゴルフ」。カジュアルスタイルにも使える革靴として高い人気を誇る。モデル名のとおりスポーツのゴルフのために作られたシューズだ。

boitierrouge

ラバーソールのため、雨の日だろうが雪の日だろうが恐れずに履くことができる。元祖万能シューズとして、そのタフさから”ジャーナリストシューズ”とも呼ばれるほどだ。細かいフィン状のトレッドパターンが特徴のリッジウェイソールはグリップ力が強く、濡れた路面でスリップする危険を軽減する長所を持つ。

thestylerush

別売りのキルトを装着することで、全く異なる表情を楽しめるのもゴルフの魅力だ。

engrandepompe

ジェイエムウエストンのレザーソールは自社のタンナーによって製造される

なめす前の”皮革”を、熟練の技術によってなめすことで革靴の最も重要な素材である”革”へと作り変える「タンナー」と呼ばれる職業がある。そしてこの職人たちが働く植物タンニン鞣し工場を「タナリー」と言うが、ジェイエムウエストンは、レザーソールの自社タナリーを持っている稀少なシューメーカーだ。本社工場のあるリモージュからわずか数キロに位置する、サン・レオナール・ドゥ・ノブラのタナリーバスタン。機械的な速さを求めるのではなく、希少な職人技を大切にしているタナリーバスタンの、手作業によるなめし作業。厳密に定められた伝統の技術によって作られたソールは、ジェイエムウエストンの全てのレザーソールに採用されている。

jmweston

ジェイエムウエストンの革靴製造

フランス共和国親衛隊のブーツも手がけるジェイエムウエストン。その革靴づくりは100年以上前から創業の地、リモージュの工房にて行われる。皮革の裁断、アッパーの縫合、靴底の裁断、組み立て、艶出しなど、150以上の工程全てが伝統の技術力の結晶である。

jmweston

1足の靴を制作するのに要する期間は約2ヶ月。200人もの職人によって、カーフスキンのライニング、型崩れ防止の補強芯などすぐに感じることができる部分はもちろん、見えない部分のディテールにも熟練の技が込められている。

ジェイエムウエストンの豊富なサイズ展開

一般的に靴のサイズというものは5mm刻みで展開されるのがセオリー。しかし、ジェイエムウエストンの靴は4mm刻みのサイズピッチで展開されている。また、横幅(ウィズ:Width)に関しても、AからFまでの6段階で用意されているのだ。日本人が海外製の靴を買う場合、サイズが合わずに泣くことも少なくないので、これは嬉しいところ。

一度足に馴染んでしまえば、包むようなフィッティングを味わえるジェイエムウエストンの革靴。履き続けることで自分だけの一足に育て上げることもまた一興だ。

ジェイエムウエストンのスペシャルオーダー

ジェイエムウエストンでは、通常のモデルにアップチャージすることで、自分の好きな素材やカラーにカスタマイズすることができる。パターンオーダーとも言えるこの「スペシャルオーダー」サービスによって、例えばアリゲーターレザー仕様の「641 ゴルフ」やシャークスキンの「180 シグニチャーローファー」を作ることが可能なのだ。フランス・リモージュの工房で制作される自分だけの革靴は、通常の既成靴では得ることのできない喜びを味わえる。

jmweston

ジェイエムウエストンの定番モデルを紹介

ジェイエムウエストン「180 シグニチャーローファー(180 Signature Loafer)」

誕生から60年を数えるロングセラーのフラッグシップモデル。高い技術力を感じさせるモカシン部分やグッドイヤーウェルト製法によって張り出したコバなど、全てのディティールが計算ずくのように思わせられる。

詳細はこちら

ジェイエムウエストン「173 タッセルローファー」

時代を感じさせないクラシックなタッセルローファー。洗練された雰囲気を漂わせるこの一足はオフスタイルにはもちろん、スーツスタイルに合わせることも可能。手縫いのステッチが施されたエプロンとレザーレースがディティールを際立たせている。

詳細はこちら

ジェイエムウエストン「641 ゴルフ(641 GOLF)」

5アイレット、レースアップの伝統的なダービーシューズ。丸みのあるラウンドトゥと独特なエプロンの形がフレンチエレガンスを体現。ラバーソールの中でも特に機能性の高いリッジウェイソールが採用されているため、多少の難路であればものともしない利用シーンの広さも魅力のひとつ。都会的な雰囲気でジャケパンスタイルやカジュアルスタイルにぴったりな一足。

詳細はこちら

ジェイエムウエストン「705 サイドゴアブーツ」

180 シグニチャーローファーや641 ゴルフに迫る人気を持つジェイエムウエストンの705 サイドゴアブーツ。上質な革のみが放つ光沢が高級感を漂わせる。一枚革を贅沢に使用して作られたアッパーは、シンプルながらも立体的な構造で大人な雰囲気を醸し出すことに成功している。数度に分けてクセ付けされたセンターの鼻筋が秀逸。

詳細はこちら

ジェイエムウエストン「677 ハントダービー」

180 シグニチャーローファーや641 ゴルフ、705 サイドゴアブーツと並んでブランドを象徴するモデル。職人の手縫いによってアッパーとソールレザーを縫い合わせるノルウィージャン製法を用いており、数あるモデルの中でも特に手間暇のかかった一足となっている。トゥ部分には針を貫通させずに革の内部を手作業で縫い通すスキンステッチが施されており、そういった職人の技が光るディテールも靴好きの間で支持を集める要因の一つだ。

詳細はこちら

お問い合わせ先
電話番号:03-6805-1691(ジェイエムウエストン 青山店)

FOLLOW US

Related post

公式 Instagram スナップ