記事で紹介した商品を購入すると、売上が当媒体に還元されることがあります。

マイケル ケインから粋な着こなし術を学ぶ。注目スタイルを厳選紹介

Share

マイケル ケインから粋な着こなし術を学ぶ。注目スタイルを厳選紹介

シリアスかつ重厚な作風のバットマン三部作『ダークナイト・トリロジー』をはじめ、『インセプション』や『インターステラー』、『テネット』などクリストファー・ノーラン監督作の常連であり、全盛期の1960年代にはロンドンのベストドレッサーとして知られた英国俳優“マイケル・ケイン”。1993年には女王エリザベス2世からCBE勲章(Commander of the British Empire)を授与され、2000年には長年の活動を称えられてナイトに叙され、Sir(サー)の称号を受けている。今回はそんな「マイケル・ケイン」にフォーカスし、往年の彼のスタイリングを紹介!

1960年代のスタイルアイコンロンドンのベストドレッサー「マイケル・ケイン」

100本以上の映画に出演し、英国最高の俳優の一人として確固たる地位を築いたマイケル・ケイン。1960年代から70年代にハリー・パーマー三部作(『The Ipcress File』、『Funeral in Berlin』、『Billion Dollar Brain』)や『The Italian Job』、『Get Carter』に出演し、スクリーンの内外で披露されたクールでシャープなスタイリングにより一躍ロンドンのベストドレッサーと称され、1960年代を象徴するスタイルアイコンの一人となった。ちなみに2023年10月には、「90歳で映画の主役を張ることはない」と俳優業からの引退を表明している。

MICHAEL CAINE. Credit: Album

 

マイケル・ケイン注目ファッション①マイケル・ケインといえば太セルフレームのアイウェア

60年代の代表作であるハリー・パーマー三部作では“Curry & Paxton ”の太セルフレーム「Yvan」を着用し、タイドアップスーツをスタイリッシュに着こなしたマイケル・ケイン。アクティブなスパイ役をシニカルに演じながらも、上品でダンディな着こなしが際立っている。

Michael Caine on the set of ‘The Ipcress File’. 21st September 1964.

マイケル・ケイン注目ファッション②ジレと柄スカーフでシンプルなシャツコーデをスタイルアップ

インディゴブルーのシャンブレーシャツにジレを合わせ、首元に柄スカーフをあしらったマイケル・ケインのカジュアルな装い。主張強めのバックルが目を引くブラウンのベルト使いがカウボーイを彷彿とさせる男らしい着こなしだ。

Michael Caine and Linda Feliciano
1970 © 1978 Gunther

マイケル・ケイン注目ファッション③クラシックな3つボタンスーツをそつなくスマートに着こなす

上品なベージュの3つボタンスーツに白の菱柄ネクタイと白地のストライプシャツを合わせた爽やかなスーツスタイル。太セルフレームのサングラス使いが『THE ITALIAN JOB』の主人公チャーリーのイメージとマッチしている。スーツにサングラスは日本だと取り入れるハードルが高いかもしれないが、3つボタンのコンパクトなVゾーン内で、色味を揃えた柄ネクタイと柄シャツを組み合わせて力強さをアピールしたスタイリングは、今後のスーツ着こなしの参考になりそうだ。

THE ITALIAN JOB, Michael Caine (sunglasses), Margaret Blye (orange top), 1969 theitalianjob1969-fsct22(theitalianjob1969-fsct22)

マイケル・ケイン注目ファッション④スーツの足元にスエードブーツを合わせて

エレガントなスエードのブーツを合わせて、タイドアップしたスーツスタイルを差別化。サイドジップブーツやチェルシーブーツをスーツに合わせるコーディネートも、マイケル・ケインお得意のスタイリングのひとつだ。

Michael Caine, 1972 : Sir Michael Caine. Obligatory Credit – CAMERA PRESS / Stephen Glackson. Archive images of the acclaimed British actor Sir Michael Caine pictured on location in Malta, 1972. (Photo by Stephen Glackson/Camera Press/AFLO) [2255]

マイケル・ケイン注目ファッション⑤シャツとカーディガンの重ね着でキレイめな印象とリラクシーな雰囲気を両得

マイケル・ケインのカジュアルスタイルといえば、タートルネックやカーディガンといったニットウェアを主軸としたキレイめな着こなしが印象的。ゆったりとしたサイズ感のカーディガンを取り入れてリラックス感を演出しながら、シャツ、スラックス、ローファーは適正サイズでキレイめな印象をキープした下のスタイリングは、現代ファッションにも通用しそうだ。

Michael Caine, UNDATED : MICHAEL CAINE, SUPPLIED BY GLOBE PHOTOS, INC.

マイケル・ケイン注目ファッション⑥洗練された大人のモノトーンスタイル

黒レザーボンバージャケットにスリムフィットのグレースラックスと黒ブーツを組み合わせ、洗練されたモノトーンコーデを表現。ハードなレザーアイテムを軸としたコーデながら、ティアドロップ型のアイウェア使いでキメ過ぎ感を抑制している。裾や袖からチラ見せしたグレーインナーの見せ方も参考にしたい。

Michael Caine, UNDATED : British actor Michael Caine

マイケル・ケイン注目ファッション⑦3つボタンのチェック柄ジャケットにノーネクタイのサックスブルーシャツを合わせ、こなれ感のある着こなしに

クラシックな段返り3つボタンのチェック柄ジャケットの着こなし。ジャケットのチェック柄にほんのり混ぜ込まれたブルーを拾うように、インナーにはサックスブルーシャツをチョイスしてクリーンな印象にまとめている。

Michael Caine, May, 1966

マイケル・ケイン注目ファッション⑧タートルネックニットを合わせたカジュアルなジャケパン着こなしにダブルレザーコートをセット

『doctor In Clover』に理学療法士ジャニーン役で出演したエリザベス・アーシーと、マイケル・ケインのロンドン空港でのツーショット。ダブルブレストのオーバーコートにタートルネック合わせのダブルジャケット、スリムフィットのスラックスを合わせ、1960年代らしいスマートな着こなしを披露している。

Michael Caine and Elizabeth Ercy, Apr 03, 1966 : Michael Caine

マイケル・ケイン注目ファッション⑨モノトーンで真似したいジャケパン着こなし

実際に着用しているカラーは不明ながら、現代で着こなすなら見たままのモノトーンでサンプリングしたくなるようなジャケパン着こなし。ダブルブレストジャケットとハイゲージのタートルネックニットの上半身をクールな黒で馴染ませながら、スリムフィットのグレーパンツをセット。知的な印象を際立たせたセルフレームアイウェア使いでデキる男らしさを感じるカジュアルな装いに。

Michael Caine, 1969 : ‘Candid Caine’ TV

マイケル・ケインの着こなしに欠かせない注目アイテムを紹介

ここからはマイケル・ケインの着こなしの鍵となるブランド・アイテムをピックアップしながら、現在購入できる注目品を紹介していく。

マイケル・ケイン愛用ブランドOliver Goldsmith CONSUL

マイケル・ケインの象徴的なアイテムといえば、黒い太セルのウェイファーラー型アイウェア。特に1960年代、1970年代にはCurry & Paxton(カーリー&パクストン)とOliver Goldsmith(オリバー ゴールドスミス)のアイウェアを愛用している。こちらは、マイケル・ケインがポートレイトや映画でたびたび使用したモデルとして有名なオリバー ゴールドスミスの大定番モデル「CONSUL(コンスル)」。一見するとベーシックなスクエアウェリントン型だが、ヨーロピアンヴィンテージスタイルを感じる肉厚で滑らかな曲線と太さに抑揚を持たせたシルエットがブランドのアイデンティティを感じさせる逸品だ。

詳細・購入はこちら

マイケル・ケインといえば黒タートルネック!JOHN SMEDLEY RENOLD

1960年代を代表するマイケルケインのスタイルで散見されたのが、ハイゲージの黒タートルネックの取り入れ。黒い太セルメガネと黒のタートルネックニットのコーディネートはタイムレスな洗練されたムードを醸しながら、インテリでマスキュリンな雰囲気を際立たせる。ここでは同じ英国生まれのブランドの定番ハイゲージセーターをレコメンド。

詳細・購入はこちら

 

マイケル・ケインのようなエレガントなジャケット着こなしの足元にCROCKETT&JONES CHELSEA 8

ミッドセンチュリーのロンドンファッションの主力であるチェルシーブーツをスーツ・ジャケットに組み合わせる着こなしも、60年代におけるマイケルケインの象徴的なスタイリング。こちらにピックアップしたCROCKETT&JONESの人気のサイドゴアブーツ「CHELSEA 8」は、エッグトゥでシャープなシルエットが特徴のドレッシーなラスト341を使用し、カジュアルはもちろんフォーマルにも合わせられる万能さが魅力の1足だ。

詳細・購入はこちら

マイケル・ケイン着用ブランドAquascutum ステンカラーコート

スパイのハリー・パーマーを演じた全盛期の彼の代表作『Ipcress File(邦題:国際諜報局)』では、Aquascutumのベージュのステンカラーコートを着用。この映画では『007』シリーズのジェームズ・ボンドのアンチテーゼである、眼鏡を掛けたシニカルなサラリーマンスパイのハリー・パーマーを飄々(ひょうひょう)と演じている。

アクアスキュータムのステンカラーコートを見る

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する