NYの仕掛人トッド・スナイダーが打ち出すウールリッチ「ブラックレーベル」の見どころ3選

Share

NYの仕掛人トッド・スナイダーが打ち出すウールリッチ「ブラックレーベル」の見どころ3選

2024年1月9日に開催されたピッティウオモ 105のランウェイ、そして1月13日にミラノで開催されたメンズファッションウィークにて発表され、いま話題を集めているのがウールリッチの新コレクション「ウールリッチ ブラック レーベル(Woolrich Black Label)」だ。今回は、編集部が実際に取材したレビューを交えながら厳選して3の魅力を紹介していく。

トッド・スナイダーとは?名だたるブランドとのコラボを実現してきたNYの仕掛人

大学時代にテキスタイル、ファッションデザインを学び、GAP、ラルフ ローレン、J.クルーと渡り歩いてきた経歴を持つトッド・スナイダー氏。2011年にアメリカ・ニューヨークにて自身の名を冠したブランドを設立して以来、毎シーズン彼が敬愛してやまないブランドとのコラボアイテムを展開している。

コラボした実績のあるブランドは「クラークス」「タイメックス」「チャンピオン」「トリッカーズ」「モスコット」など。そんなそうそうたる顔ぶれのブランドとのコラボレーションを実現させている彼が2023年11月にウールリッチのクリエイティブディレクターに就任したことを発表。ウールリッチの190年以上の伝統からインスピレーションを受け、革新的な材料と製造技術を反映し、新コレクション「ウールリッチ ブラック レーベル」をローンチした。このレーベルは、“Heritage”と“Technical”の2つの異なるラインから成り立つ。

「ウールリッチ ブラック レーベル」はピッティウオモ 105の一環としてランウェイ形式で初披露。その後は、ミラノにあるWoolrichのショールームでジャーナリストやバイヤーに発表された。トッド・スナイダー氏は「頑丈なアウトドアスタイルからはじめて、それをより現代的なシルエットと贅沢な生地で新しく演出することは、非常に新鮮な感覚でした」と語った。ここからは、OTOKOMAE編集部が実際にコレクションを取材して、特に読者に注目して欲しいと感じたトピックスを厳選して3つお伝えしていく。

①あの名作アウターをアップデート!機能性とファッション性を両立したアウター群がアツい

ウールリッチといえば、南極の最初のアメリカ科学調査団のリーダーであるリチャード・E・バード提督が着用していたとされるアークティックパーカが有名だ。今回のコレクションでは、そんな名アウターのアップデートが含まれているという。アウトドアに強みを持つブランドならではの機能的なディテールや素材使いを軸としながら「サルトリアリスト ー 着こなしの上手な人」のために再構築したというファッション性の高い仕上がりのアウター郡に注目だ。

OTOKOMAE編集部
ロープベルトの取り入れやナイロンシェルのフードジャケットのレイヤードといったスタイリング術も注目したいポイントです。組み合わせで多かったのは、セットアップにロング丈アウターを羽織った着こなし。洗練された印象が際立っていて、私も早速これからのコーデに取り入れようと思いました!

②上質なカシミアを取り入れたチェック柄ウェア

次に注目したいのは、1850年にウールリッチが生み出したバッファローチェック柄、そしてクラシックなアウトドアスタイルを象徴するハンティング柄など、チェック柄ウェアをふんだんに取り入れたルック。オーバーシャツはカシミアをふんだんに使用することで、ラグジュアリーなスタイルにアップデートされている。存在感のあるダウンアウターは、プリントではなく織り柄でバッファローチェックを表現。アウトドアフィールドから都市生活まで馴染む品良き仕上がりとなっている。

OTOKOMAE編集部
ショールームで注目を集めていたのは、ハンティングチェック柄とバッファローチェック柄を組み合わせた攻めのスタイリング。普段のコーディネートで実践するにはハードルが高いですが、ブランドの世界観を伝えるアプローチとしては新鮮で魅力を感じました。

③アメリカンヘリテージとイタリアのセンスが融合したニットウェア

ダウンジャケット、オーバーシャツに並び、ウールリッチが注力しているのがニット。現在イタリア主権のウールリッチが展開するニットウェアは、素材使いが秀逸で業界内で密かに注目を集めている。そして本コレクションでは、アメリカンクラシックやブリティッシュテーラリングに強みのあるトッド・スナイダー氏のセンスが加わり、デザイン性とフィッティングが飛躍的に向上。エルボーパッチ付きセーターやマールドケーブルニットなど、アメリカのヘリテージウェアにイタリアのセンスを融合した珠玉のニットウェアがバリエーション豊富に展開されていた。

OTOKOMAE編集部
コレクションではニット単体でのルックも多く見受けられました。どれも主役級の存在感があるデザイン性の高い仕上がりで、素材はイタリアの洗練されたカシミア糸で構成されているようです。個人的には、上の画像1枚目の白黒グレーを混ぜて表現されたハイネックのセーターが気になりました。モノトーンのマーブル編みグローブを合わせたスタイリングもイイ感じです!

ランウェイショーは公式インスタグラムアカウントでチェック!

ランウェイショーの様子は、ウールリッチ公式インスタグラムアカウントにて公開中だ。今後の情報を見逃さないよう、ぜひフォローしておきたい。

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

Woolrichがアメリカ文化を反映した2024年春夏の最新ムービーを公開
NEWS

Woolrichがアメリカ文化を反映した2024年春夏の最新ムービーを公開

ウールリッチがルシアン スミス率いるデジタルアートプラットフォーム「サービング・ザ・ピープル」とのコラボアイテムを発売
NEWS

ウールリッチがルシアン スミス率いるデジタルアートプラットフォーム「サービング・ザ・ピープル」とのコラボアイテムを発売

エメ レオン ドレ×ウールリッチが6シーズン目となるコラボカプセルコレクションを発表
NEWS

エメ レオン ドレ×ウールリッチが6シーズン目となるコラボカプセルコレクションを発表

ここまでやるか!アメリカンウェアを代表するウールリッチのハンティングコート“No.503“が日本製で完全復刻!世界限定50着のみ発売
NEWS

ここまでやるか!アメリカンウェアを代表するウールリッチのハンティングコート“No.503“が日本製で完全復刻!世界限定50着のみ発売

ベイプとウールリッチが初のコラボレーションコレクションを発表!両ブランドのシグネチャー柄を融合
NEWS

ベイプとウールリッチが初のコラボレーションコレクションを発表!両ブランドのシグネチャー柄を融合

ウールリッチが2021年秋冬コレクションを発表!ムービーによって発表された最新コレクションは3つのテーマがカギ
NEWS

ウールリッチが2021年秋冬コレクションを発表!ムービーによって発表された最新コレクションは3つのテーマがカギ

「Aimé Leon Dore」×「WOOLRICH」のカプセルコレクションが発売!
NEWS

「Aimé Leon Dore」×「WOOLRICH」のカプセルコレクションが発売!

WOOLRICHが二子玉川に新店舗をオープン!都内で唯一“OUTDOOR COLLECTION”をフルライン展開
NEWS

WOOLRICHが二子玉川に新店舗をオープン!都内で唯一“OUTDOOR COLLECTION”をフルライン展開

アディダス オリジナルスがGWの原宿をジャック!「ORIGINALS SNEAKER PARTY」を開催
NEWS

アディダス オリジナルスがGWの原宿をジャック!「ORIGINALS SNEAKER PARTY」を開催

タトラスからリラックスムードたっぷりな「TATRAS RESORT COLLECTION」が発売!
NEWS

タトラスからリラックスムードたっぷりな「TATRAS RESORT COLLECTION」が発売!

ナンガから通気性・吸汗速乾性に優れた「Dot Air®︎」シリーズの新作が登場!
NEWS

ナンガから通気性・吸汗速乾性に優れた「Dot Air®︎」シリーズの新作が登場!

ユニクロ恵比寿店がついにオープン!開店を記念した特別施策の内容を一挙紹介
NEWS

ユニクロ恵比寿店がついにオープン!開店を記念した特別施策の内容を一挙紹介