【急募】アルバイトスタッフ募集中!

トラッド コーデに欠かせない3大メンズアイテムといえば?

Share

伝統的なスタイルとして多くのファッショニスタから愛されている「トラッド コーデ」。クラシック回帰が注目を集めるいまこそ、基本的な要素をおさえておきたい。今回はそんなトラッド コーデに欠かせない3大アイテムにフォーカス!

トラッド コーデの鉄板品①「紺ブレザー」

トラッド コーデと言われて、真っ先に「紺ブレ」を思い浮かべる方は多いはず。ネイビーのウールサージファブリックに段返り3B仕様の金ボタンが配されたそのスタイルは、いつの時代も色褪せることなく幅広い世代から愛されている。テーラードジャケットの中でもスポーティな空気感があるため、タイドアップシャツだけでなくニットやカジュアルシャツとの重ね着が自在で幅広いコーディネートを組み立て可能。ちなみにブレザーは、シングルかダブルかの前立ての打ち合わせの違いで期限が異なる。気になる方はブレザー特集の記事でぜひ詳細をチェックしてみてほしい。

【関連記事】ブレザー メンズ コーデ特集!凛とした大人の着こなし&注目アイテムを紹介

テーラードジャケットとは一味違うメタルボタンが凛とした表情を演出する「ブレザー」...

トラッド コーデの鉄板品②「ボタンダウンシャツ」

イギリスの上流階級がたしなむポロ競技で、選手が着用していたポロシャツの衿が浮くのを固定するためにボタンで固定している仕様を一般的なシャツに落とし込んだことから生まれたと言われている「ボタンダウンシャツ」。生みの親はアメリカのシャツブランンドである「BrooksBrothers(ブルックス・ブラザーズ)」創業者の孫にあたる3代目ジョン・E・ブルックス氏。その起源からブランド内ではボタンダウンシャツを“ポロカラーシャツ”と呼んでいる。美しくロールを描く襟羽根の長さを8.6cmと定めており、完成度の高いブルックス・ブラザーズのボタンダウンシャツは現在でも多くの洒落者が好んで着用するほど人気だ。着こなし方の自由度は高く、1枚でTシャツ感覚の着こなしを楽しむも良し、アウターとして羽織るのにもちょうど良い。

【関連記事】ボタンダウンシャツ コーデ メンズ特集!スマートかつ軽快感のある注目の着こなし&アイテムを紹介

ポロカラーシャツとも呼ばれるボタンダウンシャツは、ポロ競技のユニフォームをルーツ...

トラッド コーデの鉄板品③「チノパン」

「チノ・クロス」と呼ばれる綿やポリエステル(稀に麻)の生地で出来たズボンの一種である「チノパン」。当時のアイビーリーグでは、1970年代までデニムを穿くことを禁止されていたこともあり、アクティブにもキレイめにも穿けるチノパンが主流であったと言われている。シルエットは、足元まで太さが変わらずストンと落ちるようなパイプドステムが基本。パンツ丈はジャストレングスで合わせ、カジュアルに穿く場合はロールアップを取り入れて軽快な印象を演出するのが王道だが、みゆき族を意識してあえてショートレングスで穿くのもアリだ。

【関連記事】チノパン コーデ特集!アイテムの歴史・選び方から着こなしのコツ、参考にしたい海外のメンズスナップを一挙紹介

カジュアルパンツのド定番アイテムとして絶大なる人気を誇るチノクロスのトラウザーズ...

【関連記事】アメトラ コーデ特集!プレッピーやアイビーをブレンドしたメンズのトラッドな着こなしを紹介

現代的な解釈によってスタイルをアップデートしたトムブラウンの功績などもあって進化...
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する