ボディミストをメンズが使うなら、どれがおすすめ?選び方・使うタイミングも併せて紹介

Share

デキる男たるもの、身だしなみの一つであるニオイに配慮するのは当たり前。しかし、ニオイケアに力を入れすぎるあまり、“匂い”が“臭い”に転じてしまっては台無しだ。そんなとき、あると便利なのが、さりげなく良い香りをまとえるボディミスト。昨今では美容成分を含んだものも登場しており、優しく香るだけでなくボディケアも叶うのが魅力だ。今回はそんなボディミストのおすすめを厳選して紹介していく。

ボディミストとは?

ボディミストとは、香りがついたボディ用の化粧水のことで、香水とは異なり美容成分や保湿成分が含まれていることが多い。香水は香りそのものを楽しむためのもので、基本的に原料に香料とアルコールを使用する。一方でボディミストはアルコールの配合割合が少なく、香料も含まれてはいるが微量のためふんわりと優しい香りになるのだ。香水のように長時間香りが続くものは少ないが、香水だと香りがキツすぎて気になるビジネスシーンでも、ボディミストであれば相手に不快な印象を与えることなく良い香りがまとえるだろう。

ボディミストを探す

ボディミストを使う部位やタイミングは?

ボディミストという名前から察せられる通り、体のどこに使用しても大丈夫だが、使う箇所と匂いによっては強く香る場合もあるので注意したい。そのため一般的な香水の使い方と同じように、柑橘系などの爽やかですぐに消えてしまう香りであれば手首や胸元、首筋あたりにプッシュし、アンバーやバニラのような甘くて残香性の高い香りであればウエストや足首あたりにプッシュするのがおすすめだ。

ちなみに、ボディミストは1〜2時間ほどしか香りが続かないので、香らせたいタイミングで使用するのが一般的だ。もし香りを長続きさせたいなら、ボディクリームやワセリンを塗ってから使うと香り持ちが良くなる。また、ヘアミストやルームスプレーとして活用するのもアリだろう。

ボディミストはどう選ぶ?3つの視点を解説

ボディミストの選び方①「“香り”はどういったイメージをプラスしたいかで選ぶ!」

ボディミストの最大の魅力といえば、さりげなく香らせられることだが、その香り選びはかなり重要。というのも、香りの情報は第一印象よりも早く脳に届くと言われているためだ。つまり、どういったイメージを相手に印象付けたいかによって、香りを選ぶのが得策だろう。たとえば、万人にウケる清潔感を演出するなら石鹸系や柑橘系、親近感を抱かせるならフローラル系、色気のあるムードを漂わすならエキゾチック系の香りを選ぶなど。使うシーンなども併せて考えると、スムーズに決まるはずだ。

ボディミストの選び方②「香りの持続性が短いからこそ“携帯性”も重要!」

ボディミストは香りの持続性が長いものでも2時間ほどで匂いが消えてしまうため、香りを長く楽しみたい場合はこまめに付け直す必要がある。そこで重要になるのが持ち運びしやすいボトルサイズかどうかだ。大体どれもコンパクトなサイズではあるものの、容量が200mlをオーバーしてくるとバッグの中を圧迫するので、基本的には100ml前後、あるいはそれ以下がおすすめ。もし、コスパの良さにも重視しているなら大容量タイプを購入し、それを100均ショップなどで購入できるアトマイザーなど小さめの容器に移し替えて持ち運ぶのが良いだろう。

ボディミストの選び方③「保湿やUVカットといった“+αの効果”が決め手に!」

使う化粧水によって肌に表れる効果が変わるように、“香り付きの化粧水”であるボディミストも成分次第で効果が大きく異なる。単純に香りを楽しむものもあれば、保湿効果が高かったり日焼けをカバーできたり、あるいは虫除けスプレーのように使えるものまで様々だ。そういったプラスαの効果は、成分表をチェックせずともパッケージに書かれていることが多いので、選ぶ際にはボトルに書かれた文言を確認するのが吉。口コミなども参考にしつつ、自分に合ったボディミストを選ぼう。

2/2GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する