毛穴ケア化粧水はどれが良い?お悩み別にランキング形式でおすすめ製品をピックアップ!

Share

常に肌悩みの上位として挙げられる、毛穴開きや黒ずみといった毛穴トラブル。ケアを一生懸命していても、なかなか改善されないとお悩みのメンズも多いと思うが、まずはスキンケアのファーストステップである“化粧水”から見直してみてはいかがだろうか?そこで今回は、毛穴ケアに向いた化粧水のおすすめを、トラブル別に紹介していく。

スポンサーリンク

あなたはどのタイプ?毛穴トラブルのタイプを3つ解説

一口に毛穴トラブルと言っても、3種類ほどに大別されることをご存知だろうか?それぞれの毛穴トラブルに適したケア方法・化粧品選びをしなければ改善が見込めないため、まずは自分がどんな毛穴トラブルに悩んでいるのかを明確にしておきたいところ。そこで、ここからは毛穴トラブルの種類を解説していく。

毛穴トラブルのタイプ①「たるみ毛穴」

たるみ毛穴とは、その名の通り毛穴がたるんでいる状態で、しずくのような形をした毛穴のことを指す。主な原因は加齢であり、肌のたるみと同じように毛穴がたるむことで出来てしまう他、メンズに多く見られるゴシゴシ洗顔でも生じやすい。加齢と聞くと治らないのでは?と思ってしまうが、ナイアシンアミドやレチノールといったエイジングケアに効果のある成分を含んだ化粧水なら改善が期待できる。

毛穴トラブルのタイプ②「開き毛穴」

開き毛穴とは読んで字のごとく毛穴が開いた状態のことを指し、ポツポツと肌に小さな穴が空いたように見えるのが特徴だ。男性の毛穴トラブルで多く見られるタイプであり、皮脂の過剰分泌や角栓によって生じると言われている。そのため、まずは洗顔で皮脂汚れを落としてから、収れん作用のある化粧水で毛穴を引き締めるのがおすすめ。また、根本から解決するためにも肌の水分バランスを整える化粧水にはこだわりたいところだ。

毛穴トラブルのタイプ③「黒ずみ毛穴」

毛穴が黒ずんだ状態を指す黒ずみ毛穴は、主に小鼻に出来ることが多い毛穴トラブル。開き毛穴と同様にメンズの毛穴トラブルで多く見られ、皮脂や角質が酸化することで引き起こると言われている。また、手入れのしすぎによる摩擦によってメラニンが沈着するケースもあるので、触りすぎないように気を付けたい。そんな黒ずみ毛穴には、美白成分を配合した化粧水が効果テキメンだ。

たるみ毛穴におすすめの化粧水ランキング!

たるんだ毛穴は乾燥すると余計に目立つため、化粧水でうるおいをチャージするのが鉄則だ。また、ふっくらとハリのある肌に導くことでたるみが改善されることうけあい。そのため、肌のハリを支えているコラーゲンや、そのコラーゲンの生成を助けるビタミンC誘導体やレチノールを含んだ化粧水を取り入れるのがおすすめ。

たるみ毛穴におすすめの化粧水ランキング 第1位 「肌ラボ 極潤 薬用ハリ化粧水」

今、美容マニアの間で話題になっているナイアシンアミドを配合した医薬部外品の化粧水。3種のヒアルロン酸も含まれていて内側からハリのある肌へと導いてくれることうけあいだ。また、その贅沢な成分処方にも関わらず1,000円台で手に入るというコスパの良さもおすすめの理由。ちょっとベタつきが気になるので、少量を手に取り伸ばしていくのが良いだろう。

詳細・購入はこちら

たるみ毛穴におすすめの化粧水ランキング 第2位 「無印良品 エイジングケア化粧水 高保湿タイプ 200mL」

エイジングケアに特化した化粧水として人気を集めているのがこちら。ヒアルロン酸やコラーゲンを含んでおり使い続けることで肌のハリ感を向上させてくれる一本だ。椿やバラなどの植物由来のエキスも贅沢に配合していながら1,490円というリーズナブルな価格なのも嬉しい限り。とろみのあるテクスチャーで少量でも伸びが良いので、顔だけでなくボディケアに使うのも◎

詳細・購入はこちら

たるみ毛穴におすすめの化粧水ランキング 第3位 「Curel(キュレル) エイジングケア 化粧水140ml」

乾燥性敏感肌のために作られたキュレルの化粧水。うるおい成分であるセラミド不足を補い、肌本来のバリア機能を高め、肌荒れから守ってくれる。また、保湿機能に優れていることから乾燥小ジワなども目立ちにくく、ふっくらとした仕上がりに。敏感肌の人も使いやすい1本。テクスチャーはとろみが強いので手の平でよく肌に馴染ませて使うのがコツ。

詳細・購入はこちら

2/3GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する