スーツスタイルを格上げするブレイシーズ(サスペンダー)の魅力とは?

Share

プリーツパンツや幅広ラペルなど、近年のファッショントレンドにおけるキーワードとして定着しつつある”クラシック回帰”。ブレイシーズは、そのようなトレンドを象徴するアイテムのひとつだ。ひと口にブレイシーズと言っても、その特徴や種類、スタイリング方法など知っておくべきことは意外にも多い。そこで今回は「ブレイシーズ」にフォーカスし、その魅力や定番アイテムを紹介!

スポンサーリンク

ブレイシーズ(サスペンダー)とは?

ブレイシーズとは、パンツがずり落ちないようにするための小物。本来、伝統的な男性のトラウザーズ(パンツ)は、ベルトで占めるのでは無くブレイシーズで吊るのが正装とされており、クラシックスタイルが隆盛してきたイマに好適のアイテムと言える。日本でなじみ深い「サスペンダー(Suspenders)」という呼び名はアメリカ英語で、イギリスでは「ブレイシーズ/ブレイシス(Braces)」と呼ぶ。ちなみに、イギリスでサスペンダーというとガーターベルトを指す場合があり、逆にアメリカでブレイシーズというと歯列矯正器具を指してしまうことがあるので海外のショップで買い物をするときなどには両方おさえておくと安心だ。

また、スーツ専用のアイテムだと思われがちだが、正装以外にも作業服やジーンズに取り付けられていた歴史があるためカジュアル使いも◎ 軍服に採用されていた「ベルト」がその実用性からカジュアルファッションに採用され、やがてスーツスタイルにも取り入れられていったことからブレイシーズのニーズは減ったものの、今もなおブレイシーズは確固たる正装用アイテムであり、それでいてデニムスタイルなど幅広いファッションスタイルに取り入れられる汎用性の高さも兼ね備えた魅力的なピースである。

2/6GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ