マスクケースのおすすめを種類別に紹介!おしゃれなデザインから機能的な逸品まで

Share

衛生的で一時保管に便利なことから、注目を集めている「マスクケース」。マストハブでは無いものの、マスクをそのまま持ち歩くよりもケースに収納した方が清潔感のある印象を演出できるため、可能な限り備えておくのがスマートだ。とはいえ、各メーカーから様々な用途に合わせたマスクケースが展開されているため、どれにするか決めきれない方も多いのでは。今回はそんな「マスクケース」にフォーカスして、チョイスの参考にしたいポイントやおすすめのアイテムを紹介!

マスクケースがあると便利な3つのポイント

まずはマスクケースを備えておくことで得られるメリットを紹介!

マスクケースの便利ポイント①「かさばらず綺麗に保管できる!」

カバンの中で散乱したり、迷子になる悩みを解消できるのがマスクケースだ。ポケットやカバンのなかにそのまましまった際についてしまう不自然なシワも最低限におさえられる。

詳細・購入はこちら

マスクケースの便利ポイント②「衛生的!」

外したマスクをカバンやポケットにそのまましまうと、再び着用する際に雑菌の付着が気になることも。逆に着用していたマスクの菌が、他のアイテムに付着してしまうリスクを回避するためにも、マスクケースは使用するのがベターだ。

詳細・購入はこちら

マスクケースの便利ポイント③「清潔感のある印象を演出できる!」

着用していたマスクをそのまま持ち運んでいる姿は、周りから見て清潔感があるとは言い難い。マスクケースを使用することで、清潔感のある印象をキープできるのもメリットのひとつだ。

詳細・購入はこちら

マスクケース選びは「用途」と「機能」を意識するのがベスト!

マスクケースを選ぶ際に意識したいポイントは「用途」「機能」の2点だ。まずはマスクケースの「用途」について、未使用のマスクを自宅で一時保管するなら“ボックスタイプ”、外出時にはずしたマスクを一時的に保管するためなら“ケースタイプ”など、目的によって最適なマスクケースの種類は変化する。

詳細・購入はこちら

続いて注目したいのが「機能」。使用済みのマスクを収納するのであれば“抗菌性能”のあるマスクケースを選んで、菌の繁殖を抑制させるのがベター。未使用のマスクを複数持ち運ぶのであれば、容量があり携帯性に優れたマスクケースを選ぶ必要がある。以上のように「用途」と「機能」を意識することで、自分の理想に近いマスクケースを購入できる。あとは好みのデザインを選ぶだけ。昨今ではプラスチックやPVC、レザー、ファブリック(布)など、あらゆる素材のマスクケースが販売されている。

2/3GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する