黒デニムジャケット 特集!コーデ事例&おすすめアイテムを紹介

Share

ワークウェアをルーツとするデニムジャケットには土臭い印象が付きものだが、カラーリングが黒であれば話は別。都会的でモダンなムードをまとえるうえ、コーディネートもしやすいので普段の着こなしに重宝する。今回はそんな「黒デニムジャケット」にフォーカスし、コーデ事例&おすすめアイテムを紹介!

スポンサーリンク

黒デニムジャケットを使ったコーデ事例を厳選して紹介!

黒デニムジャケットを使ってジャケパン風に!武骨ドレッシーな大人コーデでセンスの良さを匂わせる

黒デニムジャケットを大人っぽく着こなすのであれば、ドレスアイテムと合わせるのが◎ こちらの御仁のように、テーラードジャケットの代替品として羽織れば、こなれた雰囲気と武骨さを両得した品の良い着こなしに。さらに全体をモノトーンでまとめることで、洗練されたムードを演出しているのも上手だ。

黒デニムジャケットの肩掛けテクが着こなしの洒落度を底上げする

デニムジャケットに袖を通してそのまま着るのもアリだが、着慣れた雰囲気とやんちゃムードを演出するなら肩掛けするのも一興。こんな風に白Tとチノパンを合わせたミニマルな装いも、肩掛けテクによって洒落度がグンと高まっているのがお分かり頂けるはずだ。また、寒暖差のある春や秋の日中には、風通しを良くするという意味でもオススメだ。

カットオフ加工の黒デニムジャケットで着こなしにエッジをきかせる

無彩色ゆえの主張の弱さも黒デニムジャケットの魅力のひとつだが、コーデに存在感を演出したいという場合も少なくない。そんな時には、カットオフ加工を施した1着を選ぶのも有効な手段。エッジのきいた着こなしが簡単に叶うはずだ。今着ていない黒デニムジャケットがあれば、自身で切ってアレンジするのもアリだろう。

黒デニムジャケットの襟立てがオシャレのポイント

黒デニムジャケットにTシャツ、ブルージーンズと組み合わせているアイテムこそシンプルだが、どこかオシャレに見えるのは首元のワンポイントのおかげ。無造作っぽく襟を立たせてこなれ感を演出するのは、洒落者の常套手段のため、ぜひ参考にしてみてほしい。

黒デニムジャケット×白パンツで作る強コントラストなモノトーンコーデ

デニムジャケットとTシャツを黒で揃えたトップスに対し、ボトムに白パンツを合わせることでコントラスト抜群のコーデに。ともすれば地味に見えてしまうが、デニムジャケットに配された大きめのシルバーボタンがアクセントになり、着こなしにリズムを生んでいる。

黒デニムジャケットを使ったオールブラックスタイル

カジュアルアイテムを使いつつ、大人っぽくまとめるならオールブラックコーデは大正解。デニムジャケットにおいても例に漏れず、こんな風にシックにキマるうえ、デニム特有の風合いがコーデにニュアンスを演出するため、のっぺりして見えるのを回避できる効果も。チャレンジしやすい着こなしのひとつなので、ぜひ実践してみては?

2/5GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する