デニムブランドのジージャン5選!流行に左右されないモデルをピックアップ

Share

今、メンズ定番のジージャンを選ぶなら、流行り廃りに左右されないデザインを選択するのも一つの手。デニムブランドには、そんなタイムレスな魅力を放ち続けるジージャンが揃っている。そこで今回は「デニムブランドのジージャン」をテーマに、おすすめを厳選してピックアップ!

スポンサーリンク

デニムブランドのジージャン①「Levi’s(リーバイス) 557XX」

ジージャンの完成形とも呼ばれる3rdタイプの原型といえば60年代初期に誕生した「557XX」。そして、コチラは当時のディテールを忠実に再現した復刻版だ。1stから2nd、そして3rdへと時代の変遷とともにデザインがモディファイされてきたという歴史だけを切り取っても男心をくすぐる。

詳細・購入はこちら

デニムブランドのジージャン②「Lee(リー) 101J」

1931年に誕生してから現在に至るまでデザインを大きく変えず、その古き良きルックスで多くの男達に愛されてきた「101J」。リーバイスの「557」のデザインに影響を与えていると言われており、今日のデニムジャケット人気に強く関わっているモデルだ。実用性の高いデザインを取り入れているのも特徴で、胸ポケットを傾けてアクセスしやすいように設計するなど工夫が凝らされている。90年前のデザインにして、これほど完成度の高いデザインを実現していることに驚きだ。

詳細・購入はこちら

デニムブランドのジージャン③「Wrangler(ラングラー) 11MJZ」

3大デニムブランドの一角である「ラングラー」には、他2社とは全く異なるデザインを採用したデニムジャケットが定番として存在する。それがコチラの「11MJZ」。トップボタン付きのジップフライやWステッチの胸ポケット、両サイドのウエストポケットなど独特のデザインに仕上げているのが特徴だ。

詳細・購入はこちら

2/2GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する