アウター使いに最適なシャツを厳選紹介!

Share

これから活躍するのは、インナーとしてはもちろん、アウター使いにも最適なシャツ。今回はアウター使いにピッタリな注目シャツを厳選紹介!

スポンサーリンク

MAISON SPRECIAL(メゾン スペシャル) マルチファブリックプライムオーバースタンドカラーシャツ

MAISON SPECIALといえば、贅沢な素材や機能性に特化したアイテムをコスパグッドな価格帯で販売することで、2019SSの登場から好調な売り上げを記録している新進気鋭ブランド。オーバーサイズで羽織るこちらのシャツは、高い技術と確かな品質を誇るドレス工場×高級素材によって実現したスペシャルアイテムだ。イタリアの高級ファブリックメーカーとして知られるマンテコ社の生地を使用しているため、カジュアルなスタイリングのなかにドレッシーな高級感が漂う。独自で設計した立体的なパターンを採用することで、見た目の美しさとコンフォートな着心地を両立させたり、天然の貝ボタンを採用するなど、細部までこだわりが詰め込まれていながら、1万円台で購入可能というお値打ち感も高ポイント。

詳細はこちら

Comme des Garçons Play(コム デ ギャルソン プレイ) ハートパッチシャツ

プレイハートパッチのアクセントがチャーミングなシャツを紹介。ほどよい裾のラウンドと短めな着丈設定のため、タックアウトでも違和感なく着用できる。ハートパッチ、シャツ生地それぞれで展開されている豊富なカラバリから好みのデザインを選べるのもグッド。ブランドネームがあり、キャッチーなデザインながら手を出しやすい価格設定なので、気になる方はこの機会にぜひチェックを。

詳細はこちら

 

WOOLRICH(ウールリッチ) AUTHENTIC FLANNEL SHIRT

ウールリッチのアイコンでもある赤黒のブロックチェック「バッファローチェック」のネルシャツを日本限定で復活。元々はウール地で作られていた生地をコットン素材に置き換え、古着に見られる独特の味出しや裏起毛加工を施すなど、こだわり満載のシャツに仕上げられている。50年代のウールリッチ社が使用していたリム付き2穴ラウンド状のボタンを再現しているなど、アーカイブの古き良きディテールを忠実に落とし込んでいる点も堪らない。着用感はクセになるほど軽く柔らかで快適。洗濯するたびに風合いが増していくため、肩肘張らずに羽織って着倒せる。

詳細はこちら

Vans(バンズ)

シューズが有名なバンズだが、アパレルラインも名品がズラリ。こちらのパネルシャツは、2トーンのオリーブ系ファブリックを切り替えた手のこんだデザインながら、アンダー1万円で購入可能というコスパグッドなアイテムだ。裾に縫い付けられたタグのアクセントもイイ感じ。ほどよいボックスシルエットのため、トレンド感も打ち出せる。

詳細はこちら

BAGUTTA(バグッタ) THE SHACKET

シャツとジャケットの間を意味する「THE SHACKET」は、バグッタが新たに提案した新感覚のシャツアウターだ。形はGジャンながら、生地はシャツファブリックを採用しているため軽やかな着心地。アウターとしてはもちろん、インナーのレイヤードとしても使える絶妙なバランス感で、これからの季節に重宝することうけあいだ。アウター感覚で使えながら、プライスはシャツと同等なのも嬉しい。

詳細はこちら

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ