ジョンスメドレーのクールで上品なポロシャツを傑作たらしめるこだわりとは?

Share

太陽が照りつけるような季節のカジュアルファッションを格上げしてくれるのがポロシャツ。クールで爽快に過ごせるのはもちろん、襟付きなので「ここはTシャツだと場違い…」という場面でも十分に対応できる。ジャケットを羽織ればスマートなスタイルにもなる優れモノだ。そして、この便利アイテムに大人の男も満足するクオリティを求めるなら、英国ブランド「JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)」は外せないだろう。 今回は高品質ニットの特徴やその歴史とあわせ、ニュアンスに違いの出る襟タイプ別におすすめのアイテムを紹介!

スポンサーリンク

ジョンスメドレーのニットポロが実現する圧倒的な着心地の良さを支える2つのこだわり

上質なニットウェアで世界中にファンを抱えるジョンスメドレーの特徴は、繊細で肌からその上質さが伝わってくる生地の触感。一度袖を通せばイギリスらしい格調が備わっていることを感じられるはず。その理由としては、大きく2つのこだわりが存在する。

ジョンスメドレーのポロシャツを探す

ジョンスメドレーのこだわり①素材には「コットンの王様」と評されるシーアイランドコットンを採用

「原料には最上級の品質を用いるべき」と並々ならぬ素材へのこだわりを見せる同ブランドのポロシャツは、主にシーアイランドコットンという貴重な素材を古くから採用している。シルクに近い細さと他のコットンよりも長い繊維が特徴のシーアイランドコットンは「コットンの王様」と評されるほどで、最高級の天然素材として世に知られている。この素材から生まれるジョンスメドレーのポロシャツの質感は軽くしなやかで、吸湿性も高い仕上がり。カシミアのような極上の肌触りを実現した抜群の着心地だ。また、シルクのような繊維のため、品のいい光沢感がある美しさも感じられる。鹿の子や天竺などを素材にしたポロシャツにも機能性や魅力が十分なアイテムも数多く存在するが、上質さを求めるならジョンスメドレーが頭一つ抜けていると言っても過言ではないだろう。

ジョンスメドレーのポロシャツを探す

ジョンスメドレーのこわだり②熟練職人の手作業も加わる繊細な「30ゲージ」という編み目

「肌着として着られる」と言われるほど滑らかな着心地は素材によるものだけはない。ジョンスメドレーのウェアは、手作業による繊細な30ゲージという編み目にこわだって仕上げられている。丁寧なつくりと言われるハイゲージのニットでもだいたい12ゲージぐらいであることを鑑みれば、いかにきめ細かく作られているかが分かるはず。編み目の細かさはシルキーな質感を実現するのにもひと役買っており、ジョンスメドレーのアイテムが上質たらしめる特徴だ。

ジョンスメドレーのポロシャツを探す

さらに、胴部分と袖を完全調和したつなぎ目にするため、必ず熟練の職人が手作業で担当するというこだわりも。ただし、この手のハイゲージのアイテムを着ると、フィット感が抜群のためジャストサイズだと体系がモロに表れてしまうのにはご注意。クールにポロシャツを着こなすならば、そのあたりを考慮してワンサイズ上を選ぶべきか自分の体型と相談して決めよう。

2/3GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ