理想的なスーツの袖丈は親指先から何センチ?シャツの袖とのバランスにもフォーカス!

Share

スーツスタイルにおけるジャケットのサイジングは非常に重要で、特に袖丈は繊細な調整が必要なパート。では、袖丈はどれくらいの長さが理想的なのだろうか?

スーツの袖丈を決めるときは親指先からの距離を基準に!理想的な長さは?

スーツの袖丈は長すぎるとぶかぶかでだらしない印象、短すぎると窮屈でこれまただらしない印象に。ビジネスシーンでは特に袖丈のバランスが重要で、これだけで取引先に間抜けな悪印象を与えてしまうこともある。では、スーツのジャケットの袖丈はどれくらいの長さがちょうど良いのだろうか?
(画像はスーツの袖が短い例。シャツの袖とのバランスも悪く、せっかくキメたスーツスタイルも野暮ったい印象になってしまう。)

答えは親指の先端から袖口までの長さが基準で、ここの距離が11cm〜12cm程度開いているのが理想的とされている。この長さがスーツスタイルをスマートでカッコよく見せる理想値であり、基本的に守っておきたいセオリーだ。オーダースーツであればショップに任せられるが、問題は既製服。既製のスーツを購入して袖丈が合わせないということは多々あるため「まあいっか」と調整を怠るのではなく、お直しでしっかりと自分の身体に合わせてもらおう。

シャツの袖との丈バランスもスーツスタイルの印象を左右する要素。

スーツのインナーにシャツを合わせた場合は、スーツの袖口とシャツの袖口のバランスも考えなければならない。腕を下ろした状態でシャツの袖が見えているのが基本的なスーツの着こなしのバランスだが、このシャツの袖がどれくらい外に出ているかが重要になってくる。理想はシャツの袖が1cm〜1.5cmほど出ている状態。これが黄金バランスで、シャツを合わせたスーツスタイルをもっともスマートに見せられる。シャツも既製服だと袖丈が合わないことがあるため、完璧なバランスを追求するならオーダーでシャツを作るのもおすすめだ。また、シャツの場合はアームバンドやアームガーターで袖丈を調節するのもアリ。もちろんお直しもできるため、スーツジャケットと比べると比較的シャツの方が調整しやすいと言える。

【関連記事】スーツの着こなしについてもっと知りたい方は↓の記事もチェック!

世の中のデキるビジネスマンは、スーツの着こなしも端正で魅力的な場合が多い。今回は...
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

FASHION

スーツジャケットのポケットにまつわるタメになる話。フラップ(フタ)の出し入れやチェンジポケットの正式な使い方の正解とは?

FASHION

ジャケパンで注目したいポイントをディテール別にチェック!

FASHION

スーツの上にコートを着る際のポイントとは?色やデザインの選び方とメンズの着こなし事例を紹介!

HAIR

髪がもっさりする原因は?ボリュームを抑える方法も併せてチェック

COLUMN

カジュアルスーツ、ビジネススーツ、フォーマルスーツの違いと適切なシーンとは?

FASHION

ブラックコーデをおしゃれに見せるためにメンズがマスターしておきたい3つのテクニック

FASHION

ダボダボなメンズコーデをダサく見せないコツとは?ゆるい着こなしのテクニックを紹介!

FASHION

スキニーパンツにタックインをダサいと思わせない大人のこなし方とは?

FASHION

Tシャツの前だけインを成功させるコツは?誰でも簡単に出来る方法を紹介

FASHION

スーツに合わせる靴はどう選ぶ?王道からハズしまで一挙に紹介

FASHION

ネイビースーツに合う靴とは?革靴とスニーカーの2カテゴリでポイントとおすすめのアイテムを紹介!

FASHION

スーツ用のベルトを購入する際に注意したいポイントは?選び方からおすすめアイテムまで紹介!