オートリーのスニーカーが世界で人気再燃中!

Share

オートリーのスニーカーが世界で人気再燃中!

AUTRY(オートリー)のスニーカーが注目度を高めている。BTSなどの世界的スターによる着用が注目されるほか、ピッティウォモに参加するファッション業界人にも着用者が急増。今回は人気の背景や名作モデルを紹介する。

スニーカーブランド“AUTRY(オートリー)”とは?

「AUTRY(オートリー)」は、アメリカ テキサス州ダラスで1982年に誕生したスポーツシューズブランド。80年代にはテニスやランニングといった数々の競技用シューズのブランドとして世界的に認知されていた。1985年にリリースされた「メダリスト」は、アメリカの雑誌にて最も優れた靴として紹介されたこともあり、知名度と人気が高まりブランドを代表するアイコンモデルに。90年代以降はブランド休止状態であったが、2019年にヨーロッパに拠点を移して再始動。イタリア、英国、フランスといったヨーロッパから北米、アジアの主要百貨店、有力セレクトショップで取り扱われ人気に火がついている。ちなみに、ブランドロゴに正式なアメリカ国旗(星条旗)を入れることを公式に認可されている貴重なブランドのひとつだ。

AUTRY MEDALIST LOW

世界中のファッション業界人、ファッショニスタ、人気アーティストの間でファッションスニーカーとして人気再燃中

直近のピッティウォモ参戦者のなかにもオートリーの着用者が多数。ピッティウォモというイベントの特性上、ドレスアイテムを主軸とするキレイめスタイルに合わせる男性が多く見受けられたが、なかにはストリートライクなスタイルに合わせる男性も。人気アーティストBTSのジョングクやBLACKPINKのリサの着用がフィーチャーされたり、アメリカでもハイブランドのウェアを主軸とした着こなしの足元に合わせるセレブリティが現れるなど目が離せない状況だ。

“オートリー” 人気再燃の理由は名作モデルの再構築、素材のグレードアップや販路選別による高級路線化

なぜ、2019年の再始動をきっかけに「オートリー」の人気が再燃しているのか。それは、アイコンモデルである「メダリスト」を筆頭にしたクラシックなモデルのプロダクトデザインをベースに、高級路線で再始動したことが成功の鍵と言えるだろう。80年代のスポーツシューズのようなレトロな雰囲気を残しつつも、素材で高品質&高級感を打ち出し、他スポーツブランドとは異なる大人顔のスニーカーにアップデート。今のトレンドにフィットした品のある雰囲気が良い感じだ。クセのないデザイン、ほどよいボリューム感により、幅広いスタイルに合わせやすいことも人気を底上げする。

豊富なラインナップをチェックする

ゴールデングースの会長としても活躍したファッション業界随一のキーマンが尽力

実は、今回の再始動にあたってはエグゼクティブ・チェアマンには、グッチ、セリーヌ、ボッテガヴェネタなどのラグジュアリーブランドでCEOを歴任し、ゴールデングースでは会長を務めた、パトリツィオ・ディ・マルコ氏が就任。数々のブランドを成功に導くなかで培った経験やコネクションを活かした戦略で世界のファッションシティーにマーケットを拡大。一流の売り場を選別し流通させたことも相まって、既存のスニーカーブランドとは一線を画す、ラグジュアリーなイメージを確立した。

オートリーの主要スニーカー6モデルを紹介!

①オートリーを代表するアイコンモデル「メダリスト ロー」

オートリーを語る上で欠かせないのが、リブランディングの主役かつアイコンモデルである「メダリスト ロー」だ。バスケットボールシューズデザインのスニーカーだが、横幅と甲の高さを抑えることで、バッシュとは一線を画したすっきりとしたフォルムに仕上がっている。ライニングには肌触りの良いパイル生地が採用されている。ピッティウォモでキャッチしたスナップの中でオートリーを履いている人は、ほとんどがこのモデルを着用。フラットシューレースとソールはヴィンテージ感漂う色合いでイマの気分にぴったり。

詳細・購入はこちら

ちなみに、ミッドカットのバリエーションも展開されている。

詳細・購入はこちら

②「ダラス ロー」

クラシックなテニスシューズのデザインが取り入れられたコート系モデルの「ダラス ロー」。かかと部分にはモデル名である“DALLAS”が刻印されている。コートスニーカーといえば、アディダスのスタンスミスが不動の名作だが、ダラス ローは周囲と違うちょっとひねったチョイスをしたい方におすすめだ。

詳細・購入はこちら

⑤「ボブ ルッツ」

70年代の名テニスプレーヤー、スタン・スミスと共にダブルスで活躍していたボブ・ルッツの名前を冠したモデル。ソールと同色を使用したキャップトゥのデザインが特徴的。シュータンにはボブ・ルッツのイラスト、インソールには彼のサインが配されている。

詳細・購入はこちら

④「オープン ロー」

90年代のテニスシューズがデザインソース。カーフレザーとスエードレザーに加え、通気性の良いナイロンメッシュの3種類の異素材を組み合わせ、デザイン性と機能性をアップさせた。かかとに配されたラインディテールがこのモデルならではのデザイン。

詳細・購入はこちら

⑥「CLC ロー」

オートリーが現在展開するモデルの中で最もボリューム感のあるモデル。アイコンモデルのメダリストと同じくバスケットボールシューズをベースとしているが、こちらはストリートテイストを強めた新作だ。

詳細・購入はこちら

この記事の著者

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する