ポロシャツメンズ着こなし特集

夏の定番アイテム”ポロシャツ“といえば、着用感の良さとTシャツほどラフにならな品の良さが魅力。今回はポロシャツを使った注目の7パターンの着こなしとキーアイテムについて紹介!

スポンサーリンク

①ポロシャツ×ネオプレッピースタイル

ポロシャツとチノパンの組み合わせはプレッピースタイルの定番。特にベージュ系を中心とした明るめのコロニアルカラーをホワイトに組み合わせたコーディネートは今季が旬。あえてアメリカンブランドではなく欧州系ブランドをチョイスすることでより洗練された雰囲気に。

thefashionisto

ポロシャツ×ネオプレッピーのキーアイテム①「白無地ポロシャツ」

あえてプレッピーど真ん中をハズして、007ジェームボンド御用達の英国ブランド”サンスペル”の無地ポロシャツなどはいかがでしょうか?

詳細購入はこちら

ポロシャツ×ネオプレッピーのキーアイテム②「美シルエットのコットンパンツ」

日本でも人気の高いイタリアのパンツ専業ファクトリーブランドPT01のコットンスラックス。

詳細・購入はこちら

②ポロシャツ×オフのジャケットスタイル

「ジャケットに合わせるのはドレスシャツ」という常識は過去のものに。特にオフのジャケパンスタイルにおいては快適性も兼ね備えつつTシャツほどラフにならないポロシャツが重宝する。

jcrew

ポロシャツ×ジャケットのキーアイテム「スキッパーカラーのポロシャツ」

シャツ作りに定評のあるGUY ROVER(ギローバー)のポロシャツはいかがですか?スキッパーカラーなのでジャケットに馴染みやすいのがポイント。刺繍ロゴがタックインしたときに隠れる位置にあるのでビジカジのタックインスタイルにも使いやすい。

詳細・購入はこちら

③ポロシャツ×デニムスタイル

ポロシャツといえば、テニスやポロ競技といったスポーツにゆかりを持つアイテムなだけに品の良さが魅力。ブルージーンズに合わせて爽やかにキメるのアリですが、どこか硬派なニュアンスを醸しだすブラックデニムやリジッドデニムもおすすめ。

menswearstyle

ポロシャツ×デニムスタイルのキーアイテム「ブラックジーンズ」

ダメージ加工やシルエットに定評のあるジャパニーズデニムブランド”KURO”のブラックジーンズはいかがですか?

詳細・購入はこちら

④ポロシャツ×ラグジュアリースタイル

スラックスや革靴といったドレスアイテムを組み合わせたエレガントなスタイル。週末をはさむ出張やリゾートバカンスに取り入れたい。

ポロシャツ×ラグジュアリースタイルのキーアイテム①「ニットブランドの上質ポロシャツ」

詳細・購入はこちら

ポロシャツ×ラグジュアリースタイルのキーアイテム②「洗練シルエットのスラックス」

例えばインコテックスのパンツはオーソドックスで万人に似合いやすい。攻めすぎないシルエットなのでビジネス使用も想定できそうなのが嬉しい。

詳細・購入はこちら

⑤ポロシャツ×スポーツミックススタイル

スニーカーやジョガーパンツとポロシャツを組み合わせたスタイル。ポロシャツの起源からしてスポーツアイテムとの相性が良いのは自明ですが、周囲に一歩差をつけるならアイテムにこだわりたい。

fashionbeans

ポロシャツ×スポーツミックスのキーアイテム①「ジョガーパンツに強いブランドのジョガーパンツ」

パブリッシュやゼインローブなどジョガーパンツに強いブランドをチョイスするのも有力な選択肢。

詳細・購入はこちら

ポロシャツ×スポーツミックスのキーアイテム②「ハイセンスな白スニーカー」

定番だからこそ白スニーカーにもこだわりたい。なにもラグジュアリースニーカーやレアスニーカーだけが候補ではなく、一見オーソドックスに見えて実はハイセンスなスニーカーを選ぶのはいかがですか?関連ページ:さりげなくハイセンスな白スニーカー特集

 

男前研究所

⑥ポロシャツ×トーンオントーンスタイル

引き続きトレンド傾向を見せるワントーンコーデ。ネイビーなどメンズ定番カラーで無理なくトライするのがスマート。

eduardo-lautert

⑦ポロシャツ×ショートパンツスタイル

真夏の着こなしの定番「ポロシャツ×ショートパンツ」。着こなしバリエーションは無限だが「タックインorタックアウト」「スラックスショーツorカジュアルショーツ」など、着こなしやアイテムチョイスで着こなしの印象が大きく変化。

fashionbeans

FOLLOW US

公式 Instagram スナップ