Tシャツ×ジーンズ コーデ メンズ特集!夏の超王道スタイルの着こなし事例を紹介

Share

2ページ以降を表示しています。

元のページを表示
スポンサーリンク

Tシャツ×ジーンズ コーデを洒脱にキメる3つのコツとは?

Tシャツ×ジーンズ コーデのコツ①「短丈ジーンズと素足履きがサマになるシューズで足元の抜けを強調し、こなれ感のある着こなしに」

多くの洒落者が実践する足元の抜けでこなれ感を演出するテクニックは、Tシャツ×ジーンズコーデにも応用可能だ。この場合、くるぶし丈かそれより短めのジーンズとローファーやスニーカー、サンダルなど素足履きがサマになるシューズをチョイス。あらかじめ短丈に設定されたジーンズの取り入れがスマートだが、裾幅とのバランスを見ながらロールアップするのもアリ。足元の抜け=素足の露出がたっぷりなほど軽やかに見え涼し気なので、夏に好都合という寸法。

Tシャツ×ジーンズ コーデのコツ②「Tシャツに最適なタックイン・タックアウトのこなしを見極めコーディネートに洒落感を付与」

過度のキメ感が敬遠され、ほどユルなリラックス感のあるスタイリングやこなれ感のある着こなしが良しとされる昨今、そんな今の気分を捉えた着こなしとして再評価されているトップスのタックイン。もちろんTシャツ×ジーンズのコーデにおいても「タックインする・しない」の見極めは、着こなしの良し悪しを左右する決して看過することのできないテーマのひとつだ。Tシャツの裾をアウトして風を孕ようにラフにこなすか、タックインして動きのあるシルエットを演出するかで当然もたらされる洒落感は全く異なる。着丈の短いTシャツの場合は裾のアウトが常道だが、イマドキのオーバーサイズやビッグシルエットならウエスト周りにたるみを持たせたフルタックインか、ドレープを作りこなれた雰囲気を演出するフロントタックインやサイドタックインが◎

Tシャツ×ジーンズ コーデのコツ③「トレンドコンシャスなアイテム使いでスタイリングをアップデート」

カジュアルコーデの鉄板であるTシャツ×ジーンズコーデをアップデートするなら、イットアイテムとしてもてはやされているオーバーサイズTシャツを筆頭に、短丈のテーパードジーンズやフルレングスのフレアジーンズ、ハイウエストのバギージーンズなど、トレンドアイテムの取り入れが効果的。上下どちらかに今感のあるアイテムを組み込むだけでスタイリングの印象はリフレッシュされるので、しっかりメリハリをつけるためベーシックアイテムとのコーディネートが得策だ。くれぐれも上下ともに主張の強いアイテムで、これ見よがしな着こなしにならないようご注意を。

続いてはTシャツにジーンズを合わせた旬なメンズコーデを紹介!

3/8GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する