羽織るだけで見違える「デニムアウター・改」の四天王を紹介!

モードからレトロ、新品からヴィンテージにいたるまで、どんな要素も魅力に変える鉄板ファブリックといえば「デニム」だ。そんなデニムの魅力をフルに活かしながら、旬な要素を取り入れることでアップグレードされた珠玉のアウターが2019SSは盛りだくさん。今回はそんな「デニムアウター・改」のなかでも特に豊富な魅力を備えた“四天王”を注目のコーディネートにのせて紹介!さらに、読者限定でDIESELのジーンズが当たるキャンペーンも実施中!

春夏コーデを男らしくアップグレードする“デニムアウター・改”をゲットするなら、ディーゼルにGO!

定番のデニム素材にセンスの良い遊び心を加えたコレクションの提案で、常に洒落者から注目を集めている伊ブランドといえば「ディーゼル」だ。スウェットとデニムを融合したような質感が魅力的なジョグジーンズの開発はもちろん、プリントや染色、アブレーションといった多彩なデニムの加工技術は実に秀逸。なかでも今季の“デニムアウター”は、王道とは一味違う魅力がふんだんに取り入れられている。

ディーゼル

ディーゼルの公式サイトでデニムアウターをチェック!

四天王デニムアウター①「デニム×迷彩ならインパクト大!“カモ柄デニムアウター”でこなれムードたっぷりな春コーデを構築」

ディーゼルの十八番ファブリックであるジョグジーンズに、イタリア軍のM29ライクな迷彩柄をプリントしたインパクト大のデニムアウターをピックアップ。遊び心を知り尽くしたディーゼルが手掛けているとなれば、全面に柄を取り入れた主張強めなアイテムでも憶する必要は一切なし。味わい深いヴィンテージ加工が施された生地の風合いや、ミリタリーグリーンナイロン&インディゴデニムを随所に切り替えたデザインは、大人の男に相応しいこなれ感を放つ。インナーはホワイトで抜け感を出した春らしいスタイリングで。

ディーゼル

迷彩デニムはセットアップで楽しめる!柄の調和による圧倒的な存在感がコーデを洒脱にアップデート

迷彩デニムはブルゾンだけでなく、パンツの展開も。柄×柄のセットアップは、単体使いでも活躍を期待できる汎用性の高さを備えるだけでなく、上下で取り入れた際はこの上ない洒脱な存在感を放つ優れモノだ。ジッパーやドローコード、テープといった副資材のアクセントもお見事。このコンビには「柄のセットアップ」という単調なフレーズでは片付けられない魅力が秘められている。

ディーゼル

デニムジャケット 商品詳細はこちら
フーディ 商品詳細はこちら
デニムパンツ 商品詳細はこちら
スニーカー 商品詳細はこちら
以上ディーゼル ジャパン 0120-55-1978

四天王デニムアウター②「ベーシックなデニジャケもディーゼルなら一味違う!勇敢な男心とチャーミングな遊び心を両得する“デニムジャケット・改”でコーデを格上げ」

一見するとベーシックな味のあるデニムジャケットも「よく見ると“一味違う工夫”が取り入れられている」なんて発見が出来るのもディーゼルならではの魅力のひとつ。こちらのデニジャケは、襟がオープンカラーだったり、3つ目のボタンだけデザインが違ったりと、ベーシックな型を守りながらも他とは一線を画する確かなヒネリが随所に施されている。ヴィンテージ感たっぷりなデニムの色落ち具合だけでも魅力的なのに、さらに+αのこだわりを詰め込むという飽くなき探究心を知った上でコーディネートを組むと、シンプルなスタイルも自然と奥行きのある印象に仕上がるから不思議だ。

ディーゼル

ロゴドンもトーンオントーンなら大人!+αのデニジャケで半歩先行く春コーデに

90年代やストリートというキーワードが注目を集める昨今。なかでもロゴをドンと取り入れたロゴドンアイテムは名だたるメゾンブランドからも展開されるなど、若者カルチャーのみでは収まらないほどの勢いを見せている。そんな潮流の中でディーゼルが提案したロゴドンアウターは、インディゴデニムベースのバックスタイルにネイビー刺繍を取り入れたシックな仕上がり。オールドイングリッシュのフォントで配された“BRAVE”も男心をくすぐる。

ディーゼル

デニムジャケット 商品詳細はこちら
Tシャツ 商品詳細はこちら
レザーパンツ 商品詳細はこちら
以上ディーゼル ジャパン 0120-55-1978

四天王デニムアウター③「攻めも守りも思いのまま!気分によってスタイルをチェンジできる“リバーシブルデニムブルゾン”で春コーデのイメージをコントロール」

主張を強めたい攻めのシーンなら柄デザインを、控えめで上品な大人のムードを漂わせたい守りのシーンならシンプルデザインをチョイスするなど、その日の気分に合わせて表情をチェンジできるのが嬉しいリバーシブル。ディーゼルはそんな仕様をデニムでユニークに表現した。これなら経年変化とは一線を画するデニムの表情の違いをたのしめるうえ、トラッカータイプのデニジャケでは表現できないこなれ感を演出できる。

ディーゼル

A面はデニムの風合いを楽しめるシンプル顔に対して、B面はインディゴのグラデーションが秀逸な刺繍ぎっしりの攻めデザイン!

A面はインディゴデニムのこなれた風合いを楽しめるシンプルデザインに対して、裏返したB面は前後の身頃から袖にいたるまで刺繍を取り入れた攻めデザインだ。表裏どちらも同じ素材、形状ながら、ここまで表情にメリハリをつけられるブルゾンは稀有。ワードローブに1着あれば、着こなしの幅はさらに広がることうけあいだ。

ディーゼル

デニムジャケット 商品詳細はこちら
ニット 商品詳細はこちら
デニムパンツ 商品詳細はこちら
以上ディーゼル ジャパン 0120-55-1978

四天王デニムアウター④「ナイロンとジョグジーンズの融合!ロング丈の“ニュースポーティジャケット”を羽織って定番スタイルを更新する」

軽やかさが重要なファクターのひとつとなるスプリングコートは、明るい色味やペラりとした薄い仕立てのせいか男らしさに欠けるデザインが多く、いまいちドンピシャなアイテムに出会えない…なんて方も少なくないのでは?そんな諸兄にオススメしたいのが、ナイロンとジョグジーンズのコンビネーションによって完成されたこちらの「ニュースポーティジャケット」。ロング丈のミリタリージャケットからインスパイアされたこのモデルは、ほどよいオーバーサイズシルエットで武骨かつイマどきなムードをコーデにプラスする。素材ベースはあくまでもジョグジーンズなので、着心地はスウェットのように楽チン。Tシャツにジーンズを合わせた定番スタイルにサラりと羽織るだけで、ニュースポーティなエッセンスをプラスできる。

ディーゼル

軽やかだけど男気もたっぷり!ミリタリームードを高めるデザインで魅力を底上げ

フードやスリーブには、ミリタリームードを高める同色のナイロンを切り替えで取り入れ。レスキューを彷彿とさせるオレンジベースのドローコードのスパイスもイイ感じだ。ドロップしたショルダーのオーバーなサイズ感に合わせて、フードもキャップの上から被れるほど余裕のある設計に。

ディーゼル

デニムジャケット 商品詳細はこちら
ニット 商品詳細はこちら
デニムパンツ 商品詳細はこちら
以上ディーゼル ジャパン 0120-55-1978

【〆切迫る】DIESEL×OTOKOMAE特別キャンペーン!王道ジョグジーンズを抽選でプレゼント

OTOKOMAE読者限定で、DIESELの王道ジョグジーンズをプレゼント!デニムならではの武骨な風合いを絶妙に演出しながらも、穿き心地は極めて楽チンな万能アイテム「ジョグジーンズ」。この機会にぜひご応募を!※抽選申し込みにはディーゼル公式オンラインストアで会員登録およびメールマガジンの購読(無料)が必要。

キャンペーンページはこちら!

DIESEL×OTOKOMAE特別キャンペーン!王道ジョグジーンズを抽選でプレゼント

キャンペーンページはこちら!

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ