着こなしが旬度高めに仕上がる「イマドキアウター」を選ぶコツとは?

秋冬コーデの成否を決めると言っても過言ではないアウターだからこそ「ついつい無難なアイテムを選んでしまう」という男性も多いのでは?無難なアウターも捨てがたいが、イマドキに装うなら、ミーハー感を抑えながら旬な要素をほどよく取り入れたアウターを選ぶのがおすすめ。今回はそんな「イマドキ感覚を取り入れた秀逸アウター」にフォーカスして、コーディネートと共にアイテム選びのコツを4つ紹介!

イマドキ感覚の秀逸アウターを選ぶコツ①「定番フォルム+デザインコンシャスなディテールで洗練ライダースJKTスタイルが思いのままに」

正解のカタチが時代を経ても大きくは変化しないライダースジャケットだからこそ、これみよがし感のないバランスで、“旬度を感じさせるスパイス”をきかせたアイテムを選ぶのがおすすめ。バックウエストやアームにパデッドやステッチ、切り替えを施したり、ほんの少しジップの露出が多いといったさじ加減がポイントだ。そんなこなれディテールを取り入れながらも、ライダースジャケットの王道デザインがベースにあれば“極めて着こなしやすい”というのも嬉しい限り。さらにイマドキ感を強めるなら、黒でまとめたコーデに鮮やかなカラーのアイテムを差し色的にプラスワンするのも◎

イマドキ感覚の秀逸アウターを選ぶコツ①「定番フォルム+デザインコンシャスなディテールで洗練ライダースJKTスタイルが思いのままに」

ライダースジャケット 商品詳細はこちら
Tシャツ 商品詳細はこちら
サイドラインパンツ 商品詳細はこちら
スニーカー 商品詳細はこちら
以上ディーゼル ジャパン 0120-55-1978

着用モデルはコレ!「男心をくすぐるカッティングデザインをクリーンなラムレザーで表現した“L-KRAMPIS”」

艶のある上質なラムレザーを採用し、あえて加工を抑えることでクリーンな状態をキープしたライダースジャケット「L-KRAMPIS」。袖の切り替えやバックウエストのパデッドデザインが、オーセンティックなレザーライダースジャケットとは一味違う魅力を放つ。男らしさを際立たせる色気のあるステッチワークも見事だ。

_DSC3362

商品詳細はこちら

イマドキ感覚の秀逸アウターを選ぶコツ②「モダンな“異素材スウィッチデザイン”の主役級コートで感度の高さをアピール!」

王道的なコートはすでに入手済みで、今シーズンはよりモダンでイマドキなコートをお探しという方も少なくないのでは?そんな諸兄に検討いただきたいキーワードが「異素材MIX」。ウールニットとナイロン、レザーとコットン、ナイロンとスウェットなどなど意外な組み合わせを採用したウェアがファッショニスタを皮切りに徐々に世に浸透してきた。素材でコントラストが演出されている分、あくまでもベースの色味はトーン差を抑えたデザインを選ぶのが、これみよがしにならないポイント。

イマドキ感覚の秀逸アウターを選ぶコツ②「モダンな“異素材スウィッチデザイン”の主役級コートで感度の高さをアピール!」

コート 商品詳細はこちら
スウェット 商品詳細はこちら
パンツ 商品詳細はこちら
スニーカー 商品詳細はこちら
バッグ 商品詳細はこちら
以上ディーゼル ジャパン 0120-55-1978

着用モデルはコレ!「ニットコートの強度を高める計算された切り替えデザインがハイセンスな“K-LIF”」

ポケットやスリーブサイド、フード周りなど、着用時にスレやすい部分をナイロンやコットンの切り替えにチェンジすることで、ニットコート自体の強度を高めた機能的デザインが魅力的な“K-LIF”。異素材のコンビネーションと秀逸なパターンワークから成る奥行きある表情が、着こなしをワンランク上の印象へとアップグレードしてくれる。ナチュラルで温かみのあるニットと、都会的な化繊ファブリックという対照的なコンビも違和感無く調和させられるのは、ハイセンスなディーゼルならでは。

_DSC3361

商品詳細はこちら

イマドキ感覚の秀逸アウターを選ぶコツ③「今季の大本命、“膝丈コート”は半歩先ゆくハズしが気分」

ファッションスタイルの垣根を超えて、メインストリームになりつつある膝丈のコート。“とにかく長めの丈を選ぶこと”が今季らしさを演出する一手になるのは間違いないが、さらにもう半歩先ゆくスタイリングに手を伸ばしたい時には、テーラードベースのコートに重ね着風のデザイン、裾にフリンジ加工…といったハズし要素を取り入れてみるのもおすすめ。アウター自体に存在感がある分、モノトーンでまとめるなど引き算的な発想でコーディネートを整えるのも品の良さをキープするポイントに。

イマドキ感覚の秀逸アウターを選ぶコツ③「今季の大本命、“膝丈コート”は半歩先ゆくハズしが気分」

コート 商品詳細はこちら
ニット 商品詳細はこちら
パンツ 商品詳細はこちら
スニーカー 商品詳細はこちら
以上ディーゼル ジャパン 0120-55-1978

着用モデルはコレ!「あれもこれも着脱可能な変幻自在のコート“W-DEXTER”」

ウールベースの温かみあるファブリックで仕上げられた膝丈チェスターコート。スウェット素材のフードと、バックスタイルに施されたインパクト抜群のシーズナルグラフィックパッチはどちらも着脱可能な仕様で、その日の気分で色々なアレンジが楽しめる。クラシックな顔立ちに仕上がりやすいコートを、ここまで遊びゴコロ溢れるデザインに仕上げられるのは、このブランドならではの魅力のひとつだ。

_DSC3359

商品詳細はこちら

イマドキ感覚の秀逸アウターを選ぶコツ④「英国ファブリックに大胆な遊び心をプラスしたコートで秋冬スタイルをアップデート!」

今シーズンを象徴するキーワードのひとつが「ポストパンク」だ。オンスタイルでは、あえてトラディッショナルな要素をふんだんに取り入れるのも新鮮。対してカジュアルスタイルでは、ブリティッシュスタイルにひねりをきかせるのがイマの気分だ。たとえば英国テーラードを象徴する「ヘリンボーンコート」といえば、良くも悪くも重厚なイメージを想起させるアイテム。そんなヘリンボーンコートをあえて一枚仕立ての切りっぱなし仕様に落とし込んだコートなら、一枚でエフォートレスにこなすのはもちろん、インナーにライダースやマウンテンパーカーを合わせても重見えせずにノンシャランと着こなせるだろう。今シーズンはクラシックな要素に大胆な遊び心を加えたアウターで、着こなしをアップデートしてみては?

イマドキ感覚の秀逸アウターを選ぶコツ④「英国ファブリックに大胆な遊び心をプラスしたコートで秋冬スタイルをアップデート!」

コート 商品詳細はこちら
レザージャケット 商品詳細はこちら
Tシャツ 商品詳細はこちら
パンツ 商品詳細はこちら
スニーカー 商品詳細はこちら
以上ディーゼル ジャパン 0120-55-1978

着用モデルはコレ!「ビッグブームの英国クラシックをパンキッシュかつイマドキ感覚に落とし込んだ“W-DEXT”」

膝まで届くロング丈がドレッシーな雰囲気を演出するヘリンボーンウール素材のチェスターコート。重厚な英国クラシックムード漂うヘリンボーン生地を、あえて一枚仕立てのカットオフ仕様で縫製することによって、エアリーな風合いに仕上げている。先染めによって奥行きを持たせたファブリックの表情や、さりげないアクセントを加えるリスト部分のレーベルデザインもこなれていてグッドだ。

_DSC3357

商品詳細はこちら

もっとディーゼルのアウターをチェックしたい方は公式サイトへGO!

FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ