オーラルケアを進化させた、パナソニックの音波振動ハブラシ「ドルツ」

男たるもの、身だしなみだけでなく口のエチケットまでこだわりたいところ。パナソニックが展開する音波振動ハブラシ「Doltz(ドルツ)」なら、ハイスペックな機能による充実したオーラルケアが可能だ。二子玉川ライズで開催されたドルツの体験イベント「Doltz lab(ドルツラボ)」のレポートと併せて、ドルツの魅力を紹介!

スポンサーリンク

ドルツが誇る”W音波振動”で歯間のすみずみまでアプローチ!

歴代モデルのスペックを踏襲し、さらなる進化を遂げたドルツの最上位モデル「EW-DP51」は、パナソニックが新開発した”W音波振動”機能を搭載。従来のヨコ振動はそのままに、タタキ振動が新たに加わることで、ブラシが届きにくい歯間部への立体的なアプローチが可能に。毎分約31,000ストロークのヨコ磨きと、毎分約12,000ストロークのタタキ磨きを同時に行なうことで、これまでにない歯垢除去力を実現している。立体的な振動がプラスされているため、実際に使用すると”磨く”というイメージではなく歯の表面を”滑らせる”ようなブラッシングを味わうことができる。

w音波振動

5つのモードと6つの替えブラシを組み合わせて、充実したオーラルケアを実現

モードを使い分けて悩みに合わせたケアを!

新たにWクリーンモードを搭載したドルツは全部で5つのモードを搭載。「とにかく歯の汚れを落としたい」というシーンから、「歯ぐきや舌を重点的にケアしたい」というシーンまで、あらゆる悩みに合わせて対応できるのもドルツならではの魅力だ。

①【新搭載】Wクリーンモード W音波振動で特に強力に
歯垢を除去したい時
②ノーマルモード 歯周ポケットにひそむ歯周病の
原因菌をかきだしたい時
③ソフトモード 初めて使う方や、
磨きが強く感じる時
④ガムケアモード 歯ぐきをケアしたい時
(約1週間で歯ぐきの健康を促進)
⑤ステインオフモード 歯の色が気なる時
(約1週間で自然な白い歯へ)

さらに、最後に使用したモードを記憶する「モード記憶機能」も搭載されているため、使用するたびにモードを一から切り替える必要がないのも嬉しいポイント。ドルツ2 のコピー

目的別に6種類の替えブラシが付属

ドルツは5つのモードで様々な悩みを解決できるだけでなく、6種類ものブラシを標準装備している。目的に合わせてブラシを付け替えるだけで、同じモードでも異なったアプローチが可能に。(※6つのブラシが付属しているのはEW-DP51のみ)

①マルチフィットブラシ 歯の表面や噛み合わせ面を
しっかり磨きたい時
②密集極細毛ブラシ 歯周ポケットや歯間の細かい
すき間汚れを落としたい時
③ポイント磨きブラシ 歯間や歯並びが
悪い部分を磨きたい時
④シリコンブラシ 歯ぐきのケアをしたい時
⑤ステインオフブラシ 歯の色が気なる時や
舌をケアしたい時
⑥ステインオフアタッチメント 着色汚れを
集中的に落としたい時

日本人の口にフィットするブラシと洗練されたボディデザイン

日本人の歯は欧米人と比べると小さく、凸凹が大きいのが特徴。ドルツに採用されているブラシは、そんな日本人の特徴を考慮したデザインとなっている。

歯を一本ずつ丁寧に磨ける「コンパクトヘッド」

口が小さい傾向にある日本人に合わせて、小回りがきくようなサイズのブラシを採用した「コンパクトヘッド」。歯を一本ずつ包み込めるようなサイズなので、ドルツの持ち味である音波振動を最大限に活かすことができる。

ドルツ2 のコピー 2

奥歯や歯の裏側まで行き届くアーチ状のネック

通常のデザインではブラッシングするのに苦労する奥歯や歯の裏側。アーチ状のネックを採用したドルツのブラシなら、無理な角度にブラシを傾けずとも、普段磨きにくい部分までしっかりとケアすることが可能だ。

ブラシネック2

手にフィットする美しいボディデザイン

ドルツのボディは、握りやすく手にしっかりとフィットするグリップ形状。マットな質感と相まって、洗練された美しいデザインに仕上がっている。

ドルル3

「パワフルなのにやさしい」パワーコントロール機能で磨きすぎを防止

ブラシを歯に押し付ける力の強さは人によって違うもの。ドルツには、個人差のある力加減に合わせてブラシの振幅を自動で調整してくれる「パワーコントロール機能」が搭載されている。パワフルなブラシ振幅は一定に保ったまま、圧力が強くなると磨きすぎを防止するために振幅を抑制。歯や歯ぐきに余計な負担をかけることなく、常に絶妙な力加減でのブラッシングを可能にしているのだ。

グラフ

パナソニックが開催した、ドルツの魅力を体験できるイベント「Doltz lab(ドルツラボ)」

2017/12/16〜17の2日間にわたって、二子玉川ライズで開催されたパナソニックの「Doltz lab(ドルツラボ)」。イベント当日は女性スタッフのレクチャーのもと、ドルツの最上位モデル「EW-DP51」によるブラッシングを実際に体験できるブースが特設された。

ドルツラボ

まずは、ドルツの効果を最大限実感できるように歯の磨き方のレクチャーから。意外と知らない正しい磨き順から、ドルツを使用した際の磨き方まで丁寧に指導を受けることができた。

歯の磨き方

その後、ドルツを使用したブラッシングへ。パナソニックが推奨する目安の使用時間に準じて、約2分間のドルツPR動画を観ながら新開発のW音波振動によるオーラルケアを体験。実際に使用すると、”磨く”というよりも歯の表面を”スライドさせる”というイメージで、タタキ振動を加えた立体的なアプローチによるブラッシングを味わうことができる。

ブラッシング

また、ブラッシングの他に「ジェットウォッシャー ドルツ(EW-DJ71)」の体験も同時に実施。こちらは歯科医院にかかったことのある人なら誰もが経験したことのある、超音波水流によるオーラルケアアイテムだ。歯の汚れ除去はもちろん、歯ぐきや歯と歯ぐきの境目=歯周ポケットまで、口内のあらゆるポイントを水流でケア。水圧は10段階に設定されているので、歯ぐきの状態に合わせて自分好みの強さに調整することも可能となっている。「ドルツで磨いて、ジェットウォッシャーで洗い流す」という、理想のオーラルケアをはじめてはいかがだろうか。

ジェットウォッシャー

パナソニック ドルツの商品詳細はこちら

FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ