リーバイス®️から、レッドタブが“くじ”仕様になったユニークな501の復刻モデルが登場!

Share

リーバイス®ビンテージ クロージング(Levi’s® Vintage Clothing)は5月20日のジーンズの誕生日を祝し、レッドタブの仕様が“LeVI’S®(通称スモールe)”仕様に変更された時期である1971年モデルの501®「ゴールデンチケット501®」を世界限定501本で復刻発売する。また、本作のレッドタブは金箔に包まれた“くじ”になっており、501本の中から5本限定で“LEVI’S®︎(通称ビッグE)”仕様の特別モデルが出現する仕掛けも。

スポンサーリンク

ジーンズの誕生日に発売する1971年モデル「ゴールデンチケット501®」は5本限定でビッグEモデルも混入!

ジーンズの誕生日である5月20日、リーバイス®ビンテージ クロージングは1971年モデルの501®を復刻した「ゴールデンチケット501®」を世界501本限定で発売する。さらに今回は501本の中から5本限定で、右バックポケットに縫い付けられた“レッドタブ”が「ビッグE」の愛称で親しまれる1971年以前の仕様に変更されたモデルが登場。発売される501本すべてのレッドタブが金箔に包まれた“くじ”になっており、購入後に剥がしてどちらのデザインかを確認できる遊びゴコロ溢れた仕掛けとなっている。

そして、リーバイス®ビンテージ クロージングでは初めて復刻する1971年モデルの501®。生地は、2017年に閉鎖されたアメリカ・コーンミルズ社ホワイトオーク工場のセルビッジデニムが使用されている。今回復刻する1971年モデルは、レッドタブの仕様が変更される以前の1966年モデルに比べてやや細身でウエスト周りに丸みがあり、裾に向かってテーパードしたシルエットが特徴だ。その他にも未洗いの生ジーンズ「SHRINK TO FIT®」であることや、ダブルエックスの愛称で知られているXX表記のない紙パッチ、サンフォライズ加工が施されていない点などが特徴として挙げられる。

Levi’s® Vintage Clothing「ゴールデンチケット501®」をオフィシャルオンラインストアでチェック!

2/2GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ