サングラスの種類と特徴を把握して、相手に与える印象をコントロール!

好みはもちろん、顔の形、パーツ、トレンドによって様々な選択肢が存在する「サングラス」。渋谷に旗艦店を初オープンした王道ブランド「レイバン」から、枠にハマらない奇抜なデザインによって、話題を集める韓国発の新進気鋭ブランド「ジェントルモンスター」まで、ブランドの選択肢も幅広い。今回はそんな「サングラス」にフォーカスして、旬なトレンド解析を交えながら代表的なカタチを種類ごとに紹介!

スポンサーリンク

武骨でクールなメンズサングラスの定番「ウェリントン」

上辺が下辺よりも長い逆台形フレームデザインが特徴の「ウェリントン」。1950~60年代に大流行し、数多くのミュージシャンやアーティストに愛用されてきたサングラスの王道とも言えるモデルだ。シャープで武骨なムードも漂うフォルムは、着こなしにクールな男らしさをプラスしてくれること間違いなし。

メンズサングラスの定番「ウェリントン」

続いては「ウェリントン」タイプのメンズサングラスおすすめモデルを紹介!

Ray-Ban(レイバン) ORIGINAL WAYFARER CLASSIC

1937年にアメリカ空軍の委託でによってボシュロム社が創立したブランド「Ray-Ban(レイバン)」。1999年からはイタリアのルックスオティカ社に買収されている。「光学的に眼を守らなければ、サングラスとは呼べない」が設立時の基本コンセプトだ。買収される以前は機能性重視のモデルが多かったが、1999年以降は斬新なデザインを売りにしたモデルが多く展開されている。現在の基本的な生産国はイタリア。ウェリントンは1952年の誕生以来、国内外を問わず数多くのミュージシャンやアーティストに愛用されてきた定番モデルだ。

メンズ サングラス「Ray-Ban(レイバン)」

詳細・購入はこちら

Tom Ford(トムフォード) Leo サングラス

一目見てそれとわかるクリエイティブな遊び心溢れるフレームデザインが魅力的なトムフォードのサングラス。Leoは骨太なフォルムが特徴的なウェリントンモデルだ。サイドのヨロイ部分に施されたTを彷彿させる金具デザインが存在感を高める。

Tom Ford(トムフォード) ブラック Leo サングラス

詳細・購入はこちら

OLIVER PEOPLES(オリバーピープル) Masek

1986年にハリウッドで創業したアイウェアブランドOLIVER PEOPLES(オリバー・ピープルズ)」。創業当初は、高級なアイウェアを取り扱うショップとして活動していたが、80年代の前半からオリジナルのアイウェアを製造しており、デビューを果たした。ブランド名は、デザインの原点であるヴィンテージフレームのそばにあったオリーバーピープルズというサインに由来する。Masekは、60年代のヴィンテージサングラスを彷彿とさせるウェリントンモデル。ヨロイにはオリジナルの飾り付かしめを採用することでデザイン性もアップ。

OLIVER PEOPLES(オリーバーピープル) Masek

詳細・購入はこちら

コーデにエッジをきかせるサングラス「スクエア」

レンズとリムが長方形に近いデザインが特徴の「スクエア」。フレームデザインの幅が広いため、様々な選択肢から自分好みのモデルをチョイスすることが可能だ。角がしっかりと表現されたサングラスなら、コーデがエッジのある雰囲気に。角が削られたデザインなら、ソフトな印象に仕上がる。

コーデにエッジをきかせるサングラス「スクエア」

ストリートでは、より長方形のフォルムにデフォルメされたスクエアサングラスが人気の模様

ニューヨークを中心としたストリートファッションのカテゴリーでは、より長方形にデフォルメされた個性的なサングラスデザインが人気を集めている様子。下の画像のような感度の高いストリートヘッズはもちろん、ルイ・ヴィトンに就任したことも記憶に新しいヴァージル・アブロー氏も、スクエア型のサングラスを着用していた。ちなみに、画像で着用されているサングラスはオフホワイトのもの。発売後に即完売しており、現在では入手困難なモデルとしてプレミアム価格で売られていることもしばしば。

スクエアの中でも長方形サングラスはストリートでも注目の的

続いては「スクエア」タイプのメンズサングラスおすすめモデルを紹介!

RETROSUPERFUTURE(レトロスーパーフューチャー) スクエアフレーム サングラス

Daniel Beckerman氏により2007年に設立されたretrosuperfuture。1からデザインし、アイウェアを生産しているブランドだ。イタリアのファッション、音楽を扱う雑誌「PIG MAGAZINE」の発行人らが、「自分たちの雑誌のスタイルに合うサングラスがない」という一言をきっかけにミラノでスタートしただけあり、デザイン性の高さは折り紙付き。こちらのスクエアサングラスは、クリアに限りなく近い薄いスモークを施したレンズを採用することで、さりげない遊び心を演出したモデル。骨太で武骨なスクエアフレームデザインは、フェイスに男らしい威厳のあるアクセントを加えてくれること間違いなしだ。

RETROSUPERFUTURE(レトロスーパーフューチャー) スクエアフレーム サングラス

詳細・購入はこちら

Stella McCartney(ステラマッカートニー) ブラックサングラス

Stella McCartneyが展開するこちらのモデルは、上記で紹介したモデルとは逆にフレームが細身に設計されたデザイン。フレームが細身な分、レンズの存在感が高まり、どこかミステリアスなムードも漂わせる。

Stella McCartney(ステラマッカートニー) ブラックサングラス

詳細・購入はこちら

CRAP(クラップ) サングラス THE PARADISE MACHINE

南カリフォルニアでチルしていたビーチヘッズ達によって設立したアイウェアブランド「CRAP(クラップ)」。トレンド感と遊び心のあるデザインがウケており、有名アーティストも愛用している。THE PARADISE MACHINEは、高さが低く、横幅の広いフォルムがストリート好みのトレンド感を醸すサングラス。世界の歌姫とも称されるリアーナも着用していたモデルだ。

CRAP(クラップ) サングラス THE PARADISE MACHINE

詳細・購入はこちら

ソフトで知的な印象を演出できるサングラス「ラウンド」

綺麗な丸の形にフレームとレンズが施されたラウンドサングラス。バランスの良い角の無いデザインが、ソフトで知的な印象をプラスしてくれる。メタルフレームであれば上品に、アセテートなどのプラスチック素材であれば個性のある雰囲気も演出可能だ。

知性と品格を演出できるサングラス「ラウンド」

続いては「ラウンド」タイプのメンズサングラスおすすめモデルを紹介!

KUBORAUM(クボラム) ラウンドサングラス

2012年にドイツはベルリンにて、リビオ氏とセルジオ氏の二人のデザイナーがスタートさせたアイウェアブランド「KUBORAUM(クボラム)」。アイウェアを”マスク”として捉えた斬新なコンセプトの元、昼夜関係なく24時間いつでも楽しめるレンズのデザインを提案している。生産は全てイタリアのハンドメイド。こちらのラウンドサングラスは、重厚感のあるフレームデザインが特徴だ。ブランドロゴの無い洗練されたデザインは着用した人物のらしさを際立たせるという考えから生まれている。

KUBORAUM(クボラム) ラウンドサングラス

詳細・購入はこちら

MYKITA(マイキータ) Messe サングラス

2003年、ドイツにてスタートしたアイウェアブランドMYKITA(マイキータ)」。ブランド名は、創業当時の建物がかつて幼稚園(キータ)だったことから付けられている。ネジを一本も使用しないはめ込み式のシンプルなジョイント、ステンレスシートをカットした軽量なフレームなどの革新的デザインを毎シーズン展開することで世界から絶大な人気を集めている。全ての工程をベルリンの自社工房にて行なっており、高品質のアイウェアはハイテク加工と手作業にて生産。厚さ0.5mmのフレームをベースとした軽量フレームの快適な掛け心地は一度使用すると病みつきになるファンも多い。

MYKITA(マイキータ) Messe サングラス

詳細・購入はこちら

楕円形のレンズデザインが知的でミステリアスなムードを高める「オーバル」

卵のような丸みのあるフォルムデザインが魅力の「オーバル」は、コーデにどこかレトロで知的なムードを漂わせてくれるデザインだ。2015-16秋冬からグッチのコレクションを手掛けているアレッサンドロ・ミケーレ氏の提案するスタイルでも、ギークなオーバルタイプのアイウェアが登場している影響もあり、プチブームになっている様子。

ヴィンテージアイウェアの再ブームで人気沸騰中の「オーバル」

カートコバーンが愛用していたことで知られる白フレームのオーバルサングラスもチェック!

昨今、日本をはじめ世界でも着用者が多くみられるのが白フレームのオーバルサングラス。コレクションブランドのSaint LaurentやAcneからSupremeといったストリートブランドまで幅広くこのデザインを展開している点から見ても、世界規模で注目が集まっているのがわかる。このモデルといえば、90年代を代表するファッションアイコンとしても有名なカートコバーンが愛用していたChristian Rothの6558が有名だ。個性的でトレンド感を強く打ち出せるアイテムであるため、気になる方はぜひ一度チェックを。

Kurt Donald Cobainさん(@kurts.shoulders)がシェアした投稿

続いては「オーバル」タイプのメンズサングラスおすすめモデルを紹介!

MATSUDA(マツダ) フリップアップ サングラス

DCブランドNICOLEの創設者であり、世界のアイウェアの歴史の中で最も影響力のあった伝説的なデザイナーの一人、松田光弘氏が生んだ、究極のラグジュアリー・アイウェアブランド「Matsuda(マツダ)」。日本の職人の手による技術と厳選された素材がすべての製品に詰め込まれている。ターミネーターやアイアンマンなどのメジャー映画にも衣装として採用されるなど、話題性、世界からの注目度も高い。こちらのクリップオンサングラスは、レンズが重なっていない一枚構造のアバンギャルドなデザイン。MATSUDA(マツダ) フリップアップ サングラス

 

詳細・購入はこちら

Gentle Monster(ジェントルモンスター) Vector サングラス

2011年に韓国で誕生した新進気鋭ブランド「Gentle Monster(ジェントルモンスター)」。個性溢れるモダンなデザインのアイウェアを多く展開しており、韓国ドラマ「星から来たあなた」にて主演のチョン・ジヒョン氏が着用したことをきっかけに世界から注目を集める存在へ。潰れた楕円形のサイズ感に設定されたこちらのオーバルサングラスは、着こなしに個性溢れる表情をプラスしてくれること間違いなしだ。

Gentle Monster(ジェントルモンスター) Vector サングラス

詳細・購入はこちら

Acne Studios(アクネ ステュディオス) Mustang

美しいオーバルシェイプとアセテートの肉厚フレームが特徴的なAcne StudiosのMustang。カートコバーンのスタイルを彷彿とさせるデザインだ。コーデに取り入れれば、トレンド感を強く打ち出すことが可能。

Acne Studios(アクネ ステュディオス) Mustang

詳細・購入はこちら

顔立ちをシャープに格上げするサングラス「フォックス」

サイドが吊り上がったような形状が特徴の「フォックス」。他サングラスと比べて前衛的で個性のある表情に仕上がると同時に、輪郭をシャープに見せる効果も狙える。今シーズンは、レディース市場で特にこのタイプのサングラスが大流行中。レディースのトレンドはメンズトレンドにも降りてくる傾向があるため、感度の高さをアピールする意味でもチェックしておきたい。

顔立ちをシャープに格上げするサングラス「フォックス」

続いては「フォックス」タイプのメンズサングラスおすすめモデルを紹介!

Saint Laurent(サンローラン) ブラック フェミニン ナロー リリー サングラス

外側に向かって尖ったフレームデザインが特徴的なサンローランのキャットアイサングラス。コーデに近未来的なテイストを漂わせることが可能だ。デザインが奇抜でも品はしっかりとキープしたコレクションブランドならではのデザインバランス感覚もお見事。

Saint Laurent(サンローラン) ブラック フェミニン ナロー リリー サングラス

詳細・購入はこちら

HAKUSAN(ハクサン) キャットアイサングラス

「デザインしすぎないこと」をテーマに掲げる白山が手がけた、ほどよくトレンド感のあるフォックスライクなフレームデザインのサングラスがこちら。マットブラックの落ち着きのある質感と肉厚なフレームが男の顔立ちをスタイリッシュに格上げしてくれる。

HAKUSAN(ハクサン) キャットアイサングラス

詳細・購入はこちら

ソフトな輪郭が好印象を与えるサングラス「ボストン」

丸みを帯びた逆三角形のフォルムが特徴の「ボストン」。この名称は、アメリカのボストン地域で大流行したことから付けられている。ボストンは学芸都市の地域として知られているように、このデザインのサングラスを身に付けると知的な表情に。

ソフトで知的なムードを演出するサングラス「ボストン」

続いては「ボストン」タイプのメンズサングラスおすすめモデルを紹介!

OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ) LETA

オリバーピープルズのLETAはボストン型のフレームをベースに、メタルとアセテートの素材をミックスした洗練デザインが魅力。

OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ) LETA

詳細・購入はこちら

Ray-Ban(レイバン) ボストンサングラス

鼈甲フレームとミラーレンズのコンビネーションがシックで大人の色気を漂わせるレイバンのボストンサングラス。

Ray-Ban(レイバン) ボストンサングラス

詳細・購入はこちら

Thom Browne(トムブラウン) ブラックボストンサングラス

より丸みのあるレンズデザインと若干低めに設計されたレンジ位置がこなれ感溢れる表情を演出してくれる「Thom Browne(トムブラウン)」のボストンサングラス。テンプルの先端には十八番のトリコロールの装飾が施されている。

Thom Browne(トムブラウン) ブラックボストンサングラス

詳細・購入はこちら

シャープと知性のイイとこどり「ボスリントン」

ボストンのソフトな雰囲気に、ウェリントンのシャープな表情をほんのり加えたイイトコどりのデザインが「ボスリントン」だ。ボストンよりも少しヒンジ位置が高めに設定されているため、ブロウラインがよりシャープでウェリントンらしい表情に仕上がる。ボストンに、少し男らしさや迫力をプラスしたいという方にもオススメ。

シャープと知性のイイとこどり「ボスリントン」

続いては「ボスウェリントン」タイプのメンズサングラスおすすめモデルを紹介!

MOSCOT(モスコット) Lemtosh サングラス

ボスウェリントンと言えば、MOSCOTの「Lemtosh」。1950年代にリリースされた定番モデルだ。バディ·ホリー氏やトルーマン·カポーティ氏からジョニー·デップ氏まで、幅広い知識人やアーティストに愛用されている逸品だ。細すぎず太すぎない絶妙なバランスで完成されたフレームデザインが、レトロでもありモダンでもある独特の表情を演出してくれる。少し大きめのサイズ感がお好みの方はTUMMELがオススメ。

MOSCOT(モスコット) Lemtosh サングラス

詳細・購入はこちら

誠実さと迫力をプラス可能なサングラス「サーモント」

メタルフレームベースで、ブロウラインがプラスチック製に切り替えられたデザインが特徴の「サーモント」。サーモントの誕生は1950年代だ。当時、眉毛が薄く威厳が無い表情に悩みを持っていたアメリカ軍の将校モント氏のために、American Optical社が発明したという。フレームデザインが眉毛のような見え方をするため、顔立ちを引き立たせる狙いでサングラスを着用する場合にはサーモントが有力な選択肢になるだろう。

誠実さと迫力をプラス可能なサングラス「サーモント(クラブマスター)」

続いては「サーモント」タイプのメンズサングラスおすすめモデルを紹介!

Ray-Ban(レイバン) CLUBMASTER CLASSIC

1986年誕生以来、定番モデルとして愛用され続けているRay-BanのCLUBMASTER。個性的なブローデザインとゴールドのメタル素材が組み合わさった、知性と品が漂う絶妙なデザインが魅力的だ。

Ray-Ban(レイバン) CLUBMASTER CLASSIC

詳細・購入はこちら

KYME(カイム) Henri サングラス

イタリア発のアイウェアブランド「KYme(カイム)」。 波を意味するギリシャ語の“Kyme”がブランド名の由来だ。ヴィンテージを基に、新たな要素を加えたハンドメイドのハイクオリティなサングラスコレクションで人気を集めている。ブロウの角度のあるデザインが特徴的な「Henri」を紹介。存在感のあるフレームデザインが男らしい威厳をプラスしてくれる。

KYME(カイム) Henri サングラス

詳細・購入はこちら

レトロラギッドな表情に仕上がる「ティアドロップ」

涙の雫のようなナス型のレンズデザインが特徴の「ティアドロップ」。着こなしに取り入れることで、どこかレトロで男らしい表情を演出することが可能だ。特徴的なレンズ形状は、当時のパイロットが飛行中、太陽光線による眼球へのストレスを軽減させるために制作した結果生まれたもの。さらに、パイロットの必需品であるヘルメットを被ったままでも着用出来るようディンプルは直線的に仕上げるなど、あくまでも機能性を追い求めて完成したフォルムという機能美は男心をくすぐる。バイカースタイルなどの武骨スポーティな着こなしと相性が良いのも納得だ。

レトロラギッドな表情に仕上がる「ティアドロップ」

続いては「ティアドロップ」タイプのメンズサングラスおすすめモデルを紹介!

Ray-Ban(レイバン) アビエーター サングラス

飛行機のパイロットのために開発されたことからアビエーターとも呼ばれるティアドロップのサングラス。レイバンが展開するアビエーターは、細身のメタルフレームで完成された洗練デザインが魅力だ。

Ray-Ban(レイバン) アビエーター サングラス

詳細・購入はこちら

TOM FORD(トムフォード) aviator sunglasses

細いアセテートのブラックラインを随所に施すことで輪郭と存在感を際立たせた「TOM FORD(トムフォード)」のaviator。ゴールド×ブラックのシックなカラーリングがラグジュアリーなムードを高める。

TOM FORD(トムフォード) aviator sunglasses

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ